fc2ブログ

松山手話サークル 椿の会

-

タンデム自転車解禁広がる 2010年5県→18年23府県 目の不自由な人などに向け(2019年1月31日配信『毎日新聞』)

愛用のタンデム自転車を前に走れる喜びを語る外園さん=鹿児島県肝付町で2018年11月1日午後8時13分 目の不自由な人も同乗できる2人用タンデム自転車の公道走行を解禁する動きが広がっている。昨年11月時点で全国23府県が解禁しており、9年前の4倍以上。観光地でのレンタルサービスや、前席でハンドルを握る「先導役」を派遣する業者もあり、普及に向けた動きも加速している。 自転車を含む軽車両は、都道府県公安委員会が定める...
-

茨城県の「LGBTパートナーシップ」 当事者、歓迎と課題 (2019年1月31日配信『東京新聞』-「茨城版」)

水戸のNPO法人初代会表・滑川友理さん LGBTなど性的少数者のカップルをパートナーとして認めようと、茨城県が導入を検討している「パートナーシップ制度」。県が4月施行を目指す性的少数者への差別禁止を明文化する男女共同参画推進条例の改正に伴う具体的な施策の一つになる。当事者からは歓迎の声がある一方で、課題も浮かぶ。 当事者らでつくるNPO法人「RAINBOW(レインボー)茨城」初代会長の滑川友理さん...
-

社会防衛と医療問うー立岩真也さん新著「病者障害者の戦後」(2019年1月31日配信『京都新聞』)

シンポジウム「筋ジス病棟と地域生活の今とこれから」で話す立岩さん(京都市南区・2018年12月24日) 眉をひそめて、そんなに悲愴になる必要は別にない。かといってむやみに「命の輝き」などとキラキラ言葉にしなくたっていいー。「施設か在宅か」「少子高齢化による危機」「精神障害者の居場所」「自分らしく死ぬ/安楽死」といったテーマの議論は、重く息苦しく、意見の対立が解消できない行き詰まりのように感じさせる...
-

障害ある子、自分の適性知って 福岡で仕事体験フェス(2019年1月31日配信『朝日新聞』)

 障害児がワークショップ(WS)型の仕事体験をする「お仕事チャレンジフェス」が2月11日、福岡市である。障害児は自らの適性を知って就労の場を広げ、企業は障害者雇用を増やすために一般社団法人チャレキッズが企画した。 WSは16種類で、IT系ではWEBページ作成、ものづくり系のパスケース製作・畳づくり、調理系のすしづくりなどがある。作業を通じて仕事の内容や企業の取り組みを知り、自分の得手・不得手を見つ...
-

点字ブロックの“印”をAIカメラが読んで道案内! 「将来はポケモンGOみたいなこともできます」(2019年1月31日配信『FNNプラム』)

 駅の床などにある黄色い「点字ブロック」が、目の不自由な方のためにあるということは多くの人が知っているだろう。しかし、点字ブロックだけでは行く先に何があるか分からない。 文字で書かれた「○○線」「○○出口」などの案内は至る所にあるが、視覚障害者はどうすればいのか… そんな問題を解消する技術が実現への一歩を踏み出した。 石川県金沢市と金沢工業大は、点字ブロックとAI技術を利用する視覚障がい者向け歩行サポー...
-

災害時、障害児受け入れ 熊本市が特別支援6校と協定(2019年1月31日配信『読売新聞』)

(2019年1月30日配信『テレビ熊本』」) 熊本市は30日、地震などの災害時に障害児や家族が身を寄せる「福祉子ども避難所」を設置するための協定を、市内の特別支援学校6校と結んだ。在校生らは各校に設置した同避難所で教員の支援を受けられる。 市によると、熊本地震では、障害児のいる家族の多くが指定避難所への避難をためらい、車中泊や被災家屋での生活を余儀なくされた。光や音に敏感な障害児もおり、家族が避難...
-

大分県内初災害時障害者ネット 別府の支援団体など設立 安否確認やニーズ把握(2019年1月31日配信『西日本新聞』ー「大分版」)

別府市役所であった「災害時障がい者安心ネットワーク」の設立総会 災害時に、障害者の安否確認やニーズ把握をスムーズに行う「災害時障がい者安心ネットワーク」を、別府市の障害者支援団体などが設立した。障害者が自ら福祉関係者や行政に働き掛け、普段から関係を深めておくことで、災害による犠牲者を出さない仕組みづくりを進める。災害対応を見据えた障害者ネットワークは県内では初めてで、全国的にも珍しいとみられる。 ...
-

発達障害ある人も気軽に空の旅を 成田空港で搭乗ツアー(2019年1月30日配信『朝日新聞』)

出発する前に案内カウンターで質問を体験する家族=2019年1月14日午前10時12分 発達障害のある人たちが航空機に乗って旅行する流れを模擬体験するツアーが、成田空港であった。全日本空輸(ANA)と成田国際空港会社(NAA)の主催。東京、千葉、神奈川、埼玉、群馬の各都県から5~48歳の障害者とその家族計43人が、周りのスタッフに支えられながら「飛行機の旅」を楽しんだ。 発達障害のある人は慣れない空...
-

バリアフリーの海水浴場 お年寄りも車いすでも快適に(2019年1月30日配信『朝日新聞』)

水陸両用の車いすを使って行ったビーチのウォーキング(2018年8月、茨城県大洗町。ユニバーサル・ビーチ協会提供) 誰もが安全に楽しめる海辺に――。茨城県大洗町の大洗サンビーチを拠点にするユニバーサル・ビーチ協会(旧大洗ユニバーサルビーチクラブ)が、総務省が主催する今年度のふるさとづくり大賞を受賞した。砂浜のスロープ整備や、年間を通した幅広い交流事業などが評価された。2月4日に表彰式がある。 同協会は...
-

病院待合室に車いすスペース登場 学生の発案、実を結ぶ(2019年1月30日配信『朝日新聞』)

車いすに乗り、専用スペースの印をアピールする塩崎南菜さん(手前)=2019年1月18日午後2時47分、福岡県久留米市国分町の久留米大医療センター 久留米大医療センター(福岡県久留米市国分町)の待合室に、車いす専用スペースが登場した。ほかの患者に気兼ねすることなく車いすを止めることができる。来院者の小さな困りごとに着目した学生の発案が実を結んだ。 車いす専用の「おもいやりスペース」は、医療センターの...
-

障害者の首に「私はうそつき」カード 利用者と施設が和解(2019年1月30日配信『神戸新聞』)

 知的障害のある20代女性が、「私はうそつきです」と書かれたプラカードを首から下げるよう強いられるなどの心理的虐待を受けたとして、入所していた共同生活援助事業所「ぐるーぷほーむ みのる」(兵庫県姫路市西庄乙)=廃止=の運営者だった女性に損害賠償を求めた訴訟が30日、神戸地裁姫路支部(徳岡由美子裁判長)で和解した。運営者側が女性に謝罪し、慰謝料を支払う。 和解条項や訴状などによると、同事業所では20...
-

大阪で聴覚障害の夫婦が提訴(2019年1月30日配信『NHKニュース』)

 旧優生保護法のもとで不妊手術を強制された人たちが国に損害賠償を求めている一連の裁判で、30日、新たに聴覚障害がある大阪の夫婦が訴えを起こしました。 大阪地方裁判所に訴えを起こしたのは、大阪府内に住むいずれも聴覚に障害がある70代の夫婦です。訴えによりますと、妻は20代の時、出産のために入院していた病院で十分な説明がないまま、旧優生保護法に基づいて不妊手術を受けさせられたということです。 夫婦は結婚後、...
-

旧優生保護法で全国一斉の無料相談会(2019年1月30日配信『NHKニュース』)

 旧優生保護法のもとで障害などを理由に不妊手術を受けていた人たちの無料相談会が全国で一斉に行われています。 この相談会は国を相手に裁判を起こしている人たちの弁護団が、37の都道府県で実施していて、相談は無料です。 このうち東京・港区の弁護士事務所では、2人の弁護士が電話やファックスで相談を受け付けています。 平成8年まで続いた旧優生保護法のもとでは、障害などを理由に本人が同意したケースも含めておよそ...
-

私は褐色(2019年1月30日配信『琉球新報』-「金口木舌」)

 手塚治虫さんが亡くなって2月で30年になる。新しい全集も出ており、「鉄腕アトム」や「火の鳥」などの名作を今も手軽に読める。古典であり書店の本棚を埋める現役の作品だ▼作品集の末尾に「読者の皆様へ」と題した一文が載っているものがある。「本書にはさまざまな外国人が漫画的にディフォルメされた形で登場しています」と記し、読者の了解を求めている。外国人差別の問題が絡んでいる▼古代から未来まで時空を超え、さまざま...
-

不良品の靴下をモンキーに 芦屋の作業所が制作(2019年1月30日配信『神戸新聞』)

ワークキューブで作っている靴下でできたサルの縫いぐるみ「ソックモンキー」=芦屋市公光町 障害のある人たちが働く「就労支援センター ワークキューブ」(兵庫県芦屋市公光町)が靴下でできたサルの縫いぐるみ「ソックモンキー」を作っている。生産過程で出る不良品の靴下を、カラフルで愛らしい縫いぐるみに生まれ変わらせるプロジェクト。販売を予定し、関わる人たちは「多くの人に癒やしを届けたい」と願う。 ワークキュー...
-

障害ある子もない子も一緒 横須賀の学童クラブ もうすぐ1年(2019年1月30日配信『東京新聞』)

子どもたちと触れ合う吉田さん(右)=横須賀市で 障害のある子もない子も、一緒に生きる-。そんな理念を掲げ昨年4月に誕生した学童クラブ「すかすかきっず」(横須賀市)が、多様性の大切さを学べるとして好評を博している。学区外から通わせる保護者もおり、来年度には定員を増やす。運営者は「こういう居場所が社会にもっと広がれば」と願う。  美容室や飲食店が軒を連ねる京急久里浜駅前の商店街の一角。空き店舗を改装し...
-

同性カップル「パートナー」制度で千葉市へ 「いない」から「いる」存在に(2019年1月30日配信『東京新聞』)

パートナーシップ宣誓証明書を交付された簗瀬竜太さん(左)と伊藤悟さん 千葉市は29日、LGBTなどの性的少数者や事実婚のカップルを「パートナー」として認め公的な証明書を交付する制度を始めた。市役所で宣誓をし、証明書を受け取った同性カップルの伊藤悟さん(65)とパートナーの簗瀬竜太さん(56)は「性的少数者への理解が進むきっかけになれば」と話した。  熊谷俊人市長が伊藤さんと簗瀬さんに「より良いパー...
-

優生保護法を問う 被害弁護団が1月30日無料相談

 旧優生保護法(1948~96年)下で障害者らに不妊手術や人工妊娠中絶が実施された問題で、福岡優生保護法被害弁護団は30日、電話とファクスによる無料相談を実施する。 強制不妊手術等の旧優生保護法被害に関する全国一斉電話相談の実施詳細が決定しているのは以下の都道府県。随時更新されているので、電話の際には弁護団HPで最新情報をご確認。 なお、電話番号は、相談専用ダイヤルではなく相談担当弁護士の事務所の...
-

茨城県がパートナーシップ制度導入を検討 LGBTなど対象 都道府県初(2019年1月30日配信『毎日新聞』)

 茨城県が4月の実施を目指し、LGBTなど性的少数者のカップルらを公的に認める「パートナーシップ制度」の導入を検討している。東京都世田谷区や札幌市などが同様の制度を導入しているが、都道府県では初。 同性カップルは現在、法律婚ができないため、親族でないことを理由に病院でパートナーの病状の説明を受けられなかったり、入居者の条件を親族とする県営住宅に入れなかったりすることがある。住宅購入時に共有名義のローン...
-

松坂桃李が車いすの建築士に 山本美月と初共演のラブストーリー『パーフェクトワールド』4月放送

 松坂桃李と山本美月が初共演する連続ドラマ『パーフェクトワールド』が、4月期のカンテレ・フジテレビ系火曜21時枠で放送されることが決定した。 本作は、岩田剛典と杉咲花の共演で『パーフェクトワールド 君といる奇跡』として映画化もされた、女性コミック誌『Kiss』(講談社)で連載されている有賀リエの同名コミックが原作のラブストーリー。大学時代に事故に遭って脊髄を損傷し、車いすに乗っている建築士の主人公・鮎川樹...
-

ろう者の写真家が手話で「語った」少数者としての「生存戦略(2019年1月30日配信『withnews』)

 音のない世界で「声」を撮り続けている写真家がいます。齋藤陽道(はるみち)さん(35)。ミスチル(Mr.Children)のアルバムジャケットなど、有名アーティストを被写体に数々の作品を手がけてきました。 齋藤さんは、耳が聞こえないろう者です。 聞こえる人たちがつくる社会で生活をしている聴覚障害者たち。中でも、第一線の写真家として活動する齋藤さんは「わかり合えないことって、誰にでもある。その孤独感が、聞こえる...
-

障害者雇用報告書も厚労省が原案 身内の関与が常態化(2019年1月29日配信『共同通信』)

 厚生労働省の毎月勤労統計の不正を巡り、根本匠厚労相は29日、記者会見で全面的に調査し直す考えを表明した。身内による調査が厳しい批判を浴びたためだが、国の行政機関の8割で障害者雇用数が水増しされていた問題でも、第三者検証委員会の報告書の原案を厚労省が作成していたことが新たに判明。身内の関与の常態化が浮き彫りとなった。 根本氏は「(勤労統計調査の幹部出席は)事務の手伝いであり、第三者性は担保されている...
-

事実婚も「パートナー」証明書交付 千葉市、全国(2019年1月29日配信『東京新聞』)

証明書を交付された金田由希さん(左)とパートナーの男性=29日午前、千葉市中央区の千葉市役所で 千葉市は29日、LGBTなど性的少数者や事実婚のカップルを法律婚の夫婦と同じような関係の「パートナー」と認める公的な証明書の交付を始めた。市によると、同様の制度は、東京都渋谷区や札幌市など10自治体が導入しているが、性的少数者に限らず、事実婚のカップルまで性別を問わずに対象とするのは全国で初めて。 この...
-

不妊手術強制で新たに提訴(2019年1月29日配信『共同通信』)

熊本、静岡の女性熊本県の女性が不妊手術強制を巡り国に損害賠償を求めて提訴、記者会見をする弁護団=29日午前、熊本市 旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を強制されたのは憲法違反で、国は救済措置も怠ったとして、熊本県の女性(72)が29日、国に3300万円の損害賠償を求めて熊本地裁に提訴した。 静岡地裁でも静岡県内に住む聴覚障害がある女性が提訴した。 弁護団によると、同種訴訟は札幌や仙台、東京、大阪、神戸、...
-

熊本の女性が強制不妊手術で賠償提訴 3300万円求める(2019年1月29日配信『毎日新聞』」)

訴状を提出するため熊本地裁に入る原告弁護団ら=熊本市中央区で2019年1月29日 旧優生保護法(1948~96年)下で第1子の障害を理由に第2子の人工妊娠中絶と不妊手術を強制されたとして、熊本県内に住む72歳の女性が29日、国に3300万円の損害賠償を求めて熊本地裁に提訴した。旧優生保護法を巡る訴訟は各地で起こされているが、子供の障害を理由とした強制不妊手術を争うのは極めて異例。 同法を巡っては、東京、仙台、札幌などの...
-

窓口で手話対応OK 三菱UFJ、テレビ電話でやりとり(2019年1月29日配信『朝日新聞』)

タブレット端末越しに手話通訳オペレーターとやりとりができる=東京都港区の三菱UFJ銀行支店 三菱UFJ銀行は28日から、ほとんどの支店窓口で手話サービスが利用できるようにした。メガバンクでは初めての試みという。タブレット端末越しに手話ができるオペレーターとやり取りする。筆談での対応より短時間でより円滑にやりとりができると見込む。 聴覚障害を持つ人が来店した際に、手話や筆談など望むサービスを選んでも...
-

熊本の女性が強制不妊手術で賠償提訴 3300万円求める(2019年1月29日配信『毎日新聞』」)

訴状を提出するため熊本地裁に入る原告弁護団ら=熊本市中央区で2019年1月29日 旧優生保護法(1948~96年)下で第1子の障害を理由に第2子の人工妊娠中絶と不妊手術を強制されたとして、熊本県内に住む72歳の女性が29日、国に3300万円の損害賠償を求めて熊本地裁に提訴した。旧優生保護法を巡る訴訟は各地で起こされているが、子供の障害を理由とした強制不妊手術を争うのは極めて異例。 同法を巡っては、東京、仙台、札幌などの...
-

ろう者の映画監督が制作、音声ない作品が伝えるものは(2019年1月29日配信『朝日新聞』)

県立ろう学校の生徒の司会で、手話通訳を通して映画制作の背景などを話す牧原依里監督(右)=1月27日、金沢21世紀美術館 ろう者にとっての「音楽」とは何か――。見る者にそんな問いを投げかける映画「LISTEN」の上映会が27日、金沢市広坂1丁目の金沢21世紀美術館シアター21であった。上映後のトークセッションには共同監督を務めた牧原依里さんが登壇し、手話通訳を通して参加者らと「音楽」の定義やあり方につ...
-

視覚障害者向けiPhone・iPad講座好評 タッチパネルで文章作成「周りにも使い方広めて」(2019年1月29日配信『河北新報』)

講師(左)からアイパッドの使用方法を学ぶ参加者 仙台市視覚障害者支援センター(泉区)が開催している視覚障害者向けのiPhone(アイフォーン)やiPad(アイパッド)の使い方講座が好評だ。視覚障害があっても、ちょっとしたこつを知るだけでタッチパネルを使って簡単に文章を作れるようになるという。センターは「講座を受けて周囲に使い方を広めてほしい」と呼び掛ける。 講座は月1回、センターで開催。昨年5月の...
-

ハンセン病資料館で宮崎駿さん講演 多磨全生園前自治会長・佐川修さんしのぶ(2019年1月29日配信『東京新聞』)

佐川修さんをしのんで贈った絵「プロミンの光」について語る宮崎駿さん=東村山市の国立ハンセン病資料館で 映画監督の宮崎駿さん(78)が27日、国立ハンセン病資料館(東村山市)で講演し、昨年1月に86歳で亡くなったハンセン病療養所多磨全生園(同市)入所者自治会の佐川修前会長について「出会えたのは僕にとって、とても大事なことでした」と振り返った。 2人の出会いは、全生園の近くに住む宮崎さんが「もののけ姫...
My profile

Author : 椿の会

    

  設立 1974(昭和49)年11月1日
    *創立45年*

<学習会>
 月曜昼の部 10時~12時
 月曜夜の部 19時~21時
 水曜昼の部 10時~12時
 水曜夜の部 19時~21時
 *メインで参加する学習会を決めれば
  4つの学習会どこにでも参加できます

<活動場所>
 松山市総合福祉センター
 (松山市若草町8-2)
 * お部屋は1階のボードで
      確認してください

<会費>
 250円/月(ボランティア保険料含む)。入会金なし

<お問い合せは下記アドレスまで♪>
 tubakinokai@yahoo.co.jp

こんにちは椿の会です

椿の会

    緑綬褒章受賞 2006年

設立 1974(昭和49)年11月1日
      44年目になりました♪

<学習会>
 月曜昼の部 10時~12時
 月曜夜の部 19時~21時
 水曜昼の部 10時~12時
 水曜夜の部 19時~21時
*メインで参加する学習会を
 決めれば、どの学習会にも
 参加できます

<活動場所>
 松山市総合福祉センター
 (松山市若草町8-2)
 * お部屋は1階のボードで
      確認してください

<会費>
 250円/月(ボランティア保険料含む)

<お問い合せ>
 tubakinokai@yahoo.co.jp

最新コメント

ご訪問ありがとうございます

検索フォーム

QRコード

QR