fc2ブログ

松山手話サークル 椿の会

-

茨城県筑西(ちくせい)市手話言語条例施行(9月30日)

 茨城県筑西市議会は2018年9月27日筑西市手話言語条例案を可決し、9月30日に公布・施行した 同市は、7月2日(月)~7月22日(金)間、条例案に対するパブリックコメント(意見公募)をおこなった。 同種の条例は全国で190例目、県内では同日に可決した県に次いで2例目。県内市町村としては初めて。条例前文 手話は、手指、体の動き、顔の表情などを使って表現する、美しく、力強い視覚的言語であることを、...
-

補助犬:老舗文具メーカーがしおり販売 法施行16年(2018年9月30日配信毎日新聞』)

実働する補助犬をモデルにしたしおり「DOG BOOKMARKER 刺繍しおり」 老舗文具メーカー「ヒサゴ」(名古屋市)が補助犬(盲導犬、介助犬、聴導犬)をあしらったしおりを10月1日から発売する。モデルは実際に働いている補助犬。刺しゅうで毛並みまで再現されており、本に挟むと補助犬がこちらをのぞき込む可愛らしいデザインだ。売り上げの一部は、NPO法人「日本補助犬情報センター」(横浜市)に寄付される。...
-

異なり記念日 (シリーズ ケアをひらく)

2,160円(税込) 齋藤陽道/著240ページ 医学書院アマゾン➡ここをクリック(タップ)内容紹介言葉の前にまなざしを。なぐさめの前に手触りを。〈ろう者〉の僕が、〈聴者〉の女性に道を聞いて、〈盲者〉のおじいさんを道案内した(12章)。生まれたばかりの子どもを抱いて散歩をしたら、しゃべれないはずの僕の口から、子守唄が洩れてきた(1章)。ドラッグストアで流れているらしい音楽を、聞こえる子どもが、手話で教えてくれた(12章)...
-

和顔施(2018年9月30日配信『秋田魁新報』-「北斗星」)

 仏教では「和顔施(わがんせ)」という言葉がある。相手に笑顔を施すことが一つの徳になる。いつもニコニコしていることで徳を積めるというのである。確かに笑顔は周りの人を幸せにする▼作家の瀬戸内寂聴さんと日本文学研究者のドナルド・キーンさんの96歳になる2人の対談集「日本の美徳」(中公新書ラクレ)は「年を取ったなあ」などと嘆いていられない気持ちにさせる。何せ「私たちは百まで生きそう。どうします」と話して...
-

障害者受け入れを訓練 御前崎市で女性の防災講座(2018年9月30日配信『東京新聞』-「静岡版」)

 NPO法人「御前崎災害支援ネットワーク」による女性のための防災・減災リーダー養成講座が29日、御前崎市の佐倉公民館で始まった。初日は67人が受講し、災害時の避難所運営を座学で学び、障害がある人を受け入れるための実践訓練をした。 被災者管理、要配慮者受け付け、食料・物資、保健衛生、施設管理といった各班に分かれ、被災者の受け付けや健康相談、炊き出しを訓練した=写真。避難所利用者役として障害者団体から2...
-

治療は「協同作業」 精神障害者、家族ら学ぶ(2018年9月30日配信『静岡新聞』)

精神科医が精神障害者の治療について講演した第28回県精神保健福祉大会=29日午前、静岡市葵区の県総合社会福祉会館 静岡県内の精神障害者の家族会でつくる県精神保健福祉会連合会は29日、静岡市葵区の県総合社会福祉会館で第28回県精神保健福祉大会を開いた。焼津市の精神科医夏苅郁子さんが「当事者・家族・医療者がお互いを理解するために必要なこと」と題して講演した。 夏苅さんは精神障害者の治療について「当事者...
-

感性豊かな470点 障がい者アートの祭典 おおいた大茶会(2018年9月29日配信『大分合同新聞』)

全国から集まった絵画などの作品を鑑賞する来場者=29日午前、県立美術館 「障がい者アートの祭典」が29日、大分市寿町の県立美術館で始まった。国内外の絵画や彫刻など計470点を5つのコーナーで展示している。10月6日から県内開催される「第33回国民文化祭・おおいた2018」「第18回全国障害者芸術・文化祭おおいた大会」の関連事業の一つ。8日まで。 開会式には県内の市町村長や関係者ら約70人が出席。二...
-

高齢者 着物で笑顔 北本のNPOが着付けを支援 車いすに座ったままでも(2018年9月29日配信『東京新聞』-「埼玉版」)

車いすの女性(左)の着付けを手伝う松尾さん(中)と菅原さん=熊谷市で 「年を取って体が動かなくなったから、車いすだからと、着物をあきらめないで」。県内で、体の自由が利かなくなったお年寄りの着物の着付けを手伝い、車いすに座ったままでも着付けられる方法を編み出した女性がいる。菅原恵津子さん(58)と松尾紀子さん(44)の2人だ。NPO法人「全日本福祉理美容協会」埼玉支社(北本市)のメンバーで、結婚式の...
-

大崎市障害者雇用率 法定割れの可能性も(2018年9月29日配信『河北新報』)

 宮城県大崎市は28日、今年国に報告した障害者雇用率2.91%が法定雇用率(2.5%)を下回る2.21%になる可能性があると市議会総務常任委員会に報告した。 市総務課によると、障害者手帳を持たない職員の算入などはなかったが、非常勤職員数の計算の仕方で雇用率が下がるという。障害がある職員は現在38人、47人相当(重度の場合は1人で2人と換算)で、法定雇用率を満たすためにはさらに6人相当の雇用が必要に...
-

障害者雇用;雇用率誤算定受け、推進チーム初会合 12月臨時採用(2018年9月29日配信『毎日新聞』-「三重版」) 

 県と県教育委員会などが障害者手帳を持たない職員を障害者雇用率の対象者として計上していた問題を受け、県教委が設置を決めた「障がい者雇用推進チーム」の第1回会議が28日、県庁で開かれた。来年6月の法定雇用率達成に向けて12月にも臨時採用を行うほか、学校でも障害者の雇用が進むよう新たなモデルを構築することなどを確認した。 チームは、県教委のほか、三重労働局や三重障害者職業センターの関係者、三重大教授な...
-

小説『ろう教育論争殺人事件』: バリアフリー・コンフリクトとそのゆくえ

発売日:2018/09/13出版社: 北大路書房サイズ:19cm/493p本体2700円+税 脇中 起余子 (わきなか・きよこ) (著) 龍谷大学大学院文学研究科博士後期課程修了。新生児の時に薬の副作用で失聴。京都府立聾学校教諭を務めたあと、筑波技術大学障害者高等教育研究支援センター 障害者基礎教育研究部・准教授。担当授業科目: 日本語表現法A、日本語表現法B、修学基礎A; 現在の専門分野: 聴覚障害教育(言語発達、教科指導)...
-

車いすの飛行機搭乗 設備用意を航空会社に来月から義務づけ(2018年9月29日配信『NHKニュース』)

 鹿児島県の空港で去年、車いすの男性が旅客機に搭乗する際、タラップの階段を自力で上らざるをえなかった問題を受け、車いすの人などが乗り降りできる設備を用意することが来月から航空会社に義務づけられます。 去年6月、鹿児島県の奄美空港で格安航空会社のバニラエアの旅客機に乗ろうとした車いすの男性が、同行していた人に車いすごと担いでもらいタラップを上ろうとしたところ、転落の危険があるとして会社側に止められ、...
-

強制不妊、聴覚障害者が初提訴 兵庫2夫婦 手話で会見(2018年9月28日配信『朝日新聞』-「夕刊」)

提訴のため神戸地裁に入る小林宝二さん、喜美子さん夫妻(中央)ら=2018年9月28日午後、神戸市中央区会見する小林宝二さん、喜美子さん夫妻(中央)=2018年9月28日午後   旧優生保護法(1948~96年)のもと、不妊手術を強いられ、憲法が保障する基本的人権を侵害されたとして、聴覚障害がある兵庫県の夫婦2組が28日、国に計4400万円の賠償を求める訴訟を神戸地裁に起こした。強制不妊手術をめぐる...
-

<強制不妊手術>「これが真の公開法廷」傍聴拡大 札幌地裁(2018年9月28日配信『毎日新聞』-「夕刊」)

第1回口頭弁論を終え、記者会見で心情を語る原告の小島喜久夫さん(中央)。右は妻麗子さん=札幌市中央区で2018年9月28日午前11時12分、貝塚太一撮影 写真を拡大 ◇慰謝料求めた訴訟第1回口頭弁論 弁護団「大きな一歩だ」 旧優生保護法(1948〜96年)下で不妊手術を強制されたとして、札幌市の小島喜久夫さん(77)が国に1100万円の慰謝料を求めた訴訟の第1回口頭弁論が28日、札幌地裁(岡山忠広裁...
-

<強制不妊手術>手話で怒り、悲しみ 兵庫夫婦が「声」上げ(2018年9月28日配信『毎日新聞』ー「夕刊」)

旧優生保護法を巡って国を相手に提訴し、手話で記者会見する原告の小林宝二さん(右)と喜美子さん夫妻=神戸市中央区で2018年9月28日午後2時24分 ◇神戸地裁に提訴した2組の夫婦 「聞こえる人間も、聞こえない人間も対等です」−−。旧優生保護法(1948〜96年)に関する一連の国家賠償請求訴訟で初めて、聴覚障害者が「声」を上げた。神戸地裁に提訴した2組の夫婦は記者会見で、半世紀以上にわたり胸に秘めてき...
-

障害者雇用率、愛知県教委で不適切な算定(2018年9月28日配信『中日・毎日新聞』-「夕刊」)

  障害者雇用の水増し問題で、愛知県教委は28日、障害者手帳が確認できない職員を障害者として計上するなど、不適切な算定が確認されたと発表した。障害者と確認できたのは半数以下の249人にとどまった。雇用率は、6月に厚生労働省に報告した「2・40%」の半分以下の「1・17%」となり、法定雇用率(2・40%)を大きく下回った。 厚労省への報告では、障害者雇用数を672人としていたが、このうち手帳を確認で...
-

ろう教育と「ことば」の社会言語学ーー手話・英語・日本語リテラシー

単行本(ソフトカバー): 304ページ出版社: 生活書院  ろう教育の過去と現在は「ことば」と常に関連して存在している……。 マイノリティとしてのろう児が抱える不利益構造を新たな角度から抽出し、「ことば」=「日本語(国語)」という言語観や多言語社会への不寛容を批判し、誰もが「ことば」や「情報」から疎外または排除されない社会の形を展望しようとする、障害学的社会言語学の成果!中島武史氏 1983年大阪生まれ。大阪大学博...
-

わかる! できる! 新・おやこ手話じてん

全国早期支援研究協議会 (編集)単行本: 200ページ出版社: 東邦出版; 新・新装版 わかりやすいイラストで学べる安心と信頼の定番辞典!安心と信頼の定番辞典!就学前の幼児が修得する語彙のなかから厳選した約1200語の手話を収録就学前の幼児が習得する膨大な語彙のなかから厳選した約1200語の手話を収録。10年ぶりのリニューアル。父兄から要望の多かった39語の新たな手話を加えました。アマゾン➡ここをクリック(タップ)【目次】第...
-

難病の墨田・小沢さんの著書 聴覚障害者の演劇ユニットが舞台化(2018年9月28日配信『東京新聞』)

稽古に臨む小沢さん(左から2番目)と庄崎さん(同3番目)。庄崎さんが手にしているのは、舞台で使う人形=いずれも杉並区で 車いすで歌や講演の活動をして「いまを生きる」大切さを訴えている小沢綾子さん(35)=墨田区=の詩集絵本「10年前の君へ 筋ジストロフィーと生きる」(百年書房)が10月、聴覚障害者の演劇ユニットの手で舞台になる。本の世界観を手話を交えたさまざまなパフォーマンスで表現。小沢さんは「自...
-

強制不妊:「苦しみなくならない」小島さん陳述 札幌地裁(2018年9月28日配信『毎日新聞』)

旧優生保護法訴訟の第1回口頭弁論のため、車いすで札幌地裁に向かう原告の小島喜久夫さん(前列中央)ら=28日午前札幌地裁で開かれた第1回口頭弁論の法廷内 旧優生保護法(1948~96年)下の強制不妊手術は幸福追求権などを保障する憲法に反していたとして、19歳で手術されたという札幌市の小島喜久夫さん(77)が国に1100万円の慰謝料を求めた訴訟の第1回口頭弁論が28日、札幌地裁(岡山忠広裁判長)であっ...
-

強制不妊 3地裁一斉提訴 宮城・大阪・兵庫の6人(2018年9月28日配信『毎日新聞』)

 旧優生保護法(1948~96年)に基づき20代で不妊手術を強制されたとして、新たに宮城県の60代女性が28日、国に3300万円の損害賠償を求め仙台地裁に提訴した。「遺伝性精神薄弱」(当時の呼称)を理由にされたという。この日は神戸地裁に聴覚障害者4人、大阪地裁に1人もそれぞれ提訴する予定で、6月に次いで3例目となる今回の一斉提訴の原告は計6人。 今年1月に知的障害のある宮城県の60代女性が初の提訴...
-

障害者雇用水増し 前橋市20人 渋川市は5人が確認できず(2018年9月28日配信『上毛新聞』)

 中央省庁や地方自治体による障害者雇用率の水増し問題で、群馬県の前橋、渋川両市は27日、昨年6月1日時点の障害者雇用率で不適切な算定があったと発表した。前橋は障害者雇用数に計上した54人のうち20人、渋川は16人中5人が障害者手帳など厚生労働省のガイドライン(指針)で定める書類を確認できなかった。 前橋の修正後の障害者雇用率は市長部局1.32%、水道局1.38%、市教委0.39%で、いずれも法定雇用率(市2.3%、市教...
-

前橋市の障害者雇用率、法定を下回る 昨年度(2018年9月28日配信『日経新聞』―「地域経済」)

 前橋市は27日、2017年度の障害者雇用率が法定雇用率の2.3%を下回っていたと発表した。雇用率2.32%と報告していた市長部局は実際は1.32%、2.31%としていた教育委員会は0.39%、2.34%としていた水道局は1.38%だった。 市によると、採用後に障害者になったとして算入していた職員のうち、一部職員について障害者手帳の所持を確認できなかった。障害者手帳がなくても医師の診断書のみで障害を持っているとみなして算入したケースもあ...
-

「忘れてほしゅうない  ――隠されてきた強制不妊手術」上映会

******************◆日時 2018年9月30日(日) 10:00~12:00◆場所 台東区立男女平等推進プラザ はばたき21 403・404企画室(台東区西浅草3丁目25-16 生涯学習センター4階)アクセスマップ➡ここをクリック(タップ)◆対象者 どなたでも◆参加費 無料※この企画は、台東区立男女平等推進プラザはばたき21「2018 男女平等推進フォーラム」のなかで行われるものです。 今年、仙台地方裁判所を皮切りに、東京...
-

車いすの大統領と『遅刻』の大統領(2018年9月28日配信『琉球新報』-「金口木舌」)

 国連総会の一般討論演説。1番手のブラジルの後に演説予定だったトランプ米大統領が現れない。遅刻だった▼順番が急きょ繰り上がり、演台に車いす用のスロープが準備された。登壇したのは、南米エクアドルのモレノ大統領。約20年前、強盗に銃で撃たれ、両足の自由を失った「車いすの大統領」だ▼痛みや車いすを通し「心の目で見るようになり、今までと別の現実、世界を知った」と語る。障がい者の権利をはじめ、女性や子ども、先住...
-

【邦画日本語字幕付き上映】 散り椿

9月28日公開 上映時間 112分日本語字幕付き上映シネマサンシャイン衣山10/28(日)~10/31(水)(時間の詳細は、直近のシネマサンシャイン衣山上映スケジュールで確認か劇場へ要問合せ) Tel:089-911-0066fax:089-911-0080シネマサンシャイン衣山上映スケジュール➡ここをクリック(タップ) 名カメラマンの木村大作が、「劔岳 点の記」「春を背負って」に続く映画監督第3作として手がけた時代劇。 「雨あ...
-

車いす傍聴「見やすく」 参院本会議場、スペース拡充(2018年9月28日配信『東京新聞』)

参院本会議場の傍聴席に新たに設置された車いすスペースを見学する工藤登志子さん(手前)と白井誠一朗さん=27日、国会で 参院本会議場の傍聴席に新たな車いすスペースが完成し、27日、障害者団体のメンバーらが見学した。10月下旬に召集される見通しの秋の臨時国会から利用できる。車いすスペースは従来、正面の最後列に4席分あったが、手すりや柱が視界の妨げになるとして、障害者団体が「もっと見やすくなるよう改善し...
-

安室さんコンサート チケット業者 8月まで療育手帳を証明書とみなさず(2018年9月27日配信『毎日新聞』)

療育手帳は、手帳の名称も、地域によって異なる。東京都は「愛の手帳」、青森県は「愛護手帳」、さいたま市は「みどりの手帳」、横浜市は「愛の手帳」、名古屋市は「愛護手帳」等々、これ全部が療育手帳。 引退した歌手の安室奈美恵さんが2~6月に開催した最後のコンサートツアーで、知的障害者に発行される「療育手帳」を身分証として提示した客が入場を断られた問題で、本人確認の業務を請け負った電子チケットサービス大手の...
-

愛媛県の障害者雇用、実際は半分(2018年9月27日配信『NHKニュース』―「松山」)

 障害者雇用の水増し問題を受け、愛媛県は障害者の雇用状況を再調査し、27日その結果を公表しました。 県の実際の雇用率はこれまで公表していたおよそ2.5%の半分以下の1%程度で県では今後、雇用を進めるとしています。 この問題は障害者の雇用を巡り中央省庁で雇用者数を水増ししていたことが相次いで判明したもので、愛媛県でも障害者の雇用数の計上のしかたが不適切だったとして、雇用状況の再調査を進めていました。...
My profile

Author : 椿の会

    

  設立 1974(昭和49)年11月1日
    *創立45年*

<学習会>
 月曜昼の部 10時~12時
 月曜夜の部 19時~21時
 水曜昼の部 10時~12時
 水曜夜の部 19時~21時
 *メインで参加する学習会を決めれば
  4つの学習会どこにでも参加できます

<活動場所>
 松山市総合福祉センター
 (松山市若草町8-2)
 * お部屋は1階のボードで
      確認してください

<会費>
 250円/月(ボランティア保険料含む)。入会金なし

<お問い合せは下記アドレスまで♪>
 tubakinokai@yahoo.co.jp

こんにちは椿の会です

椿の会

    緑綬褒章受賞 2006年

設立 1974(昭和49)年11月1日
      44年目になりました♪

<学習会>
 月曜昼の部 10時~12時
 月曜夜の部 19時~21時
 水曜昼の部 10時~12時
 水曜夜の部 19時~21時
*メインで参加する学習会を
 決めれば、どの学習会にも
 参加できます

<活動場所>
 松山市総合福祉センター
 (松山市若草町8-2)
 * お部屋は1階のボードで
      確認してください

<会費>
 250円/月(ボランティア保険料含む)

<お問い合せ>
 tubakinokai@yahoo.co.jp

最新コメント

ご訪問ありがとうございます

検索フォーム

QRコード

QR