fc2ブログ

松山手話サークル 椿の会

-

映画;「はなちゃんのみそ汁」日本語字幕付き上映会 滋賀県栗東で2月5日

映画;「はなちゃんのみそ汁」日本語字幕付き上映会 栗東で2月5日(2017年1月30日配信『毎日新聞』-「滋賀版」) 滋賀県聴覚障害者福祉協会後援会(木戸宇猪郎会長)などは2月5日、栗東芸術文化会館さきら大ホール(栗東市綣2)で、邦画「はなちゃんのみそ汁」の日本語字幕付き上映会を開く。聴覚に障害のある人にも邦画を楽しんでほしいと企画した。 作品は、がんのため33歳の若さで亡くなった母親が、5歳の娘...
-

【字幕付き邦画】破門 ふたりのヤクビョーガミ 日本語字幕上映スケジュール

【字幕付き邦画】破門 ふたりのヤクビョーガミ 日本語字幕上映スケジュール 1月28日公開 上映時間120分広島バルト11tel.082-561-0600日本語字幕2/12(日)~2/13(月) 黒川博行の第151回直木賞受賞作「破門」を佐々木蔵之介と横山裕(関ジャニ∞)のダブル主演で映画化したハードボイルドアクション。 映画プロデューサーの小清水が持ち込んだ映画企画に、二蝶会の若頭が出資をすることと...
-

【字幕付き邦画】『沈黙-サイレンス-』 ―日本語字幕版上映スケジュール

【字幕付き邦画】『沈黙-サイレンス-』 ―日本語字幕版上映スケジュール1月21日公開 上映時間162分TOHOシネマズ 高知2/5(日)~2/6(月)tel.050-6868-5029  遠藤周作の小説「沈黙」を、「ディパーテッド」「タクシードライバー」の巨匠マーティン・スコセッシが映画化したヒューマンドラマ。キリシタンの弾圧が行われていた江戸初期の日本に渡ってきたポルトガル人宣教師の目を通し、人...
-

手話言語条例;松本弁護士「自治体は実効性ある施策を」

手話言語条例;松本弁護士「自治体は実効性ある施策を」(2017年1月30日配信『毎日新聞』) 聴覚障害者で初めて弁護士になった松本晶行さん(77)=堺市=は手話言語条例の広がりを歓迎する一方、「理念にとどまらず、自治体は実効性のある施策を進めてほしい」と訴える。 松本さんは小学3年の時、病気で耳が聞こえなくなった。ろう学校で口話を学ぶクラスに入ったが、当時では珍しく手話も教えていた学校だったので自...
-

【字幕付き邦画】『劇場版 動物戦隊ジュウオウジャーVSニンニンジャー 未来からのメッセージ from スーパー戦隊』-日本語字幕版上映スケジュール

【字幕付き邦画】『劇場版 動物戦隊ジュウオウジャーVSニンニンジャー 未来からのメッセージ from スーパー戦隊』-日本語字幕版上映スケジュール1月14日公開 上映時間62分 2016年9月にシリーズ放送通算2000回を数えた「スーパー戦隊」の40作目「動物戦隊ジュウオウジャー」と、その前作「手裏剣戦隊ニンニンジャー」、さらに過去のスーパー戦隊が勢ぞろいする劇場版。大和たちジュウオウジャーのもとに、未来か...
-

「一番恐ろしいのは人間です」

「一番恐ろしいのは人間です」(2017年1月30日配信『南日本新聞』-「南風録」) 「一番恐ろしいのは人間です」。いつだったか、盲目のゴッタン奏者・故荒武タミさんが、門付けで出歩く際「怖かったもの」を問われ、そう答えていた。 夜、帰り道の毒蛇や危険な崖より、世間が恐ろしかったというのだ。こちらへのその仕打ちもむごかった。1935年に開園した国立療養所星塚敬愛園の入所者とハンセン病への差別や偏見であ...
-

障害者対応要領 策定は43% 市区町村の理解進まず

障害者対応要領 策定は43% 市区町村の理解進まず(2017年1月29日配信『東京新聞』)   全国の市区町村のうち、昨年4月に施行された障害者差別解消法で策定が義務づけられた対応要領を実際に作ったのは、施行半年後の昨年10月1日時点で43%にとどまることが分かった。対応要領は障害者が暮らしやすい街づくりを進めるため、職員がどう対応するかまとめた文書。相模原殺傷事件で共生社会のあり方が問われる中、...
-

右耳聴覚失っていたコロッケ 「ハンディと思っていない」

右耳聴覚失っていたコロッケ 「ハンディと思っていない」(2017年1月28日配信『日刊ゲンダイ』)オーデションに参加したお笑いコンビ「XーGAN」(左奥)とMVPに輝いたダンサーのacha(前列)とともに 東京・麻布十番の会場は、熱気と笑いに包まれていた。タレントのコロッケ(56)が26日、自身がプロデュースするモノマネエンターテインメントライブレストラン「CROKET MIMIC TOKYO」で...
-

盲導犬利用者に缶バッジ 横浜の支援センター発、声かけ迷わず

盲導犬利用者に缶バッジ 横浜の支援センター発、声かけ迷わず(2017年1月28日配信『東京新聞』-「夕刊」) 碇谷純子さんと盲導犬のスフレ=横浜市の盲導犬総合支援センターで 「『お手伝いしましょうか』の声かけをお願いします」-。視覚障害者の駅ホームからの転落事故が相次ぐ中、一般社団法人「盲導犬総合支援センター」(横浜市都筑区)がインターネットで資金を募り、こんな文字が書かれた缶バッジを盲導犬利用...
-

幸せとは何か?障害者雇用取り入れた企業描く「幸福な職場」開幕

幸せとは何か?障害者雇用取り入れた企業描く「幸福な職場」開幕(2017年1月28日配信『ステージナタリー』) 「幸福な職場~ここにはしあわせがつまっている~」が、東京・世田谷パブリックシアターにて上演中だ。 本作は、昭和30年代に日本で初めて知的障害者の雇用を取り入れた実在のチョークメーカー・日本理化学工業を題材にした、劇団東京フェスティバル・きたむらけんじの代表作。物語の舞台となる蒲田理化学工業...
-

障害を生きる

障害を生きる(2017年1月28日配信『佐賀新聞』-「有明抄」) 地元の文化誌『草茫々(くさぼうぼう)通信』10号が、障害者と文学をテーマに特集を組んでいる。このうち佐賀県職員の羽根裕之さん(46)がインタビューで、障害児が学ぶ場は特別支援学校か、そのほかの学校のどちらがいいか考察している◆脳性まひで車いすの羽根さんは小学4年から地元の小中学校に通ったが、志望の県立高校には最初受け入れられず、再受...
-

1月18日(水) 見学者がお二人も♪

1月18日(水)ちゃんと写真も写しておいたのに、アップし忘れてました新年会の1週間前の水昼の学習会の様子を、お伝えします。そうそう、最近毎日寒いですよね。寒さがニガテな私は、クマのように冬眠したいと日々、思っております。でも、水昼学習会は、そんな寒さを吹き飛ばすほど元気ですよ~。今日は、嬉しいことに見学の方がお二人も来てくださいました。松山市内在住の女性と、久万高原町在住の男性。お二人とも手話は初...
-

水昼♪新年会♪

1月25日(水) 衣山の茶屋茶屋に、20人の水昼メンバーが大集合♪今日は楽しみにしていた、水昼の新年会です。 お遍路さんがお出迎え最初は…… 役員さんのご挨拶代表のMさんが体調不良のため、急遽おやすみすることになったそう。せっかく準備をしてくださったのに、残念。早く元気になりますように。さぁ、お料理が次から次へと運ばれてきました。 いただきま~すお料理をいただきながら、会話も弾みます。「茶碗蒸しって手話で...
-

入店拒否も…聴導犬わずか67頭、盲導犬の1割にも満たず 改善訴え

入店拒否も…聴導犬わずか67頭、盲導犬の1割にも満たず 改善訴え(2017年1月26日配信『埼玉新聞』)訓練士に鼻で合図する訓練犬のさんた=19日午後、ふじみ野市亀久保の日本聴導犬推進協会 音のない世界を恐れ、外出を控えがちになる聴覚障害者にとって、聴導犬は暮らしに希望を与える存在。利用者は「幸せと充実した日々を運んでくれた」と話す。だが全国でわずか67頭と、盲導犬の1割にも満たない。理解不足から...
-

地域のなかで一緒に演じる豊かさ 障害者と住民 自由に表現 横浜で29日「ゴーシュ」上演

地域のなかで一緒に演じる豊かさ 障害者と住民 自由に表現 横浜で29日「ゴーシュ」上演(2017年1月25日配信『神奈川新聞』)笑いが絶えない雰囲気で練習を重ねるメンバー=横浜市緑区 福祉作業所のパン店・カフェで働く障害者と地域の住民らが一緒に創り上げるミュージカル演劇「セロ弾きのゴーシュ」が29日、横浜市緑区の区民文化センター「みどりアートパーク」で上演される。4歳から67歳までの老若男女が入り...
-

さがの映像祭 聴覚障害者から見た世界 全国からバラエティーに富んだ14作品 28、29日に上映

さがの映像祭;聴覚障害者から見た世界 全国からバラエティーに富んだ14作品 28、29日に上映(2017年1月25日配信『毎日新聞』) 聴覚障害者の製作した作品を集めた「第13回さがの映像祭」が1月28、29両日、京都市上京区の同志社大寒梅館で開かれる。全国から応募のあった14作品を上映し、29日午後3時10分から大賞や優秀賞などの審査結果の発表と表彰式がある。映像と聴覚障害の関係を考えるワークシ...
-

視覚障害者や外国人も安心、音声ナビ 清水建設など日本橋で実証実験

視覚障害者や外国人も安心、音声ナビ 清水建設など日本橋で実証実験(2017年1月26日配信『日経新聞』) 清水建設と日本IBM、三井不動産は26日、スマートフォンを利用した音声ナビゲーション(道案内)の実証実験を、東京・日本橋の商業施設「コレド室町」と周辺地下道で2月8日から行うと発表した。健常者と視覚障害者、車いす利用者にそれぞれ適した経路を日本語と英語で案内する。 清水建設と日本IBMの技術を...
-

山梨県市川三郷町、職員に「手話できます」バッジ

山梨県市川三郷町、職員に「手話できます」バッジ(2017年1月25日配信『読売新聞』)手話ができる職員が身につけるバッジ 市川三郷町は、手話を勉強している職員が身につけるバッジを作った。 市川三郷町は2015年、手話を言語と位置づけ、普及を目指す「手話言語条例」を、県内の自治体で初めて制定した。手話ができる職員を増やそうと、同町は「手話施策推進プロジェクト」を作り、手話の勉強会を月2回開いていて、...
-

筆談は「簡潔、具体的に」 明石市が入門ガイド

筆談は「簡潔、具体的に」 明石市が入門ガイド(2017年1月25日配信『神戸新聞』) 聴覚障害者との筆談の要領を紹介したガイドと筆談ボード(手前)=明石市中崎1 聴覚障害者と円滑な意思疎通を目指し、兵庫県明石市が筆談のこつを示した「筆談入門ガイド」をこのほど作成した。簡潔で具体的な表現を用い、敬語を使い過ぎないことなど10カ条を挙げている。 市は2015年に手話言語・障害者コミュニケーション条例を...
-

手話で祝う、僕らの成人 聴覚障害者が松本で3月に

手話で祝う、僕らの成人 聴覚障害者が松本で3月に(2017年1月24日配信『信濃毎日新聞』)「はたちの集い」に向けて手話で会議をする(左から)上嶋さん、西沢さん、丸山さん、小岩井さん 聴覚障害がある県内の若者3人が3月4日、同じ障害のある新成人と門出を祝いたいと、「手話で祝うはたちの集い信州」を松本市で開く。長野、松本両市にしかないろう学校出身者は地元の中学を卒業していないため、知り合いのいない市...
-

岡山手話劇団「夢二」が30周年記念公演 劇団の歴史、ドキュメンタリー劇で振り返る

岡山手話劇団「夢二」が30周年記念公演 劇団の歴史、ドキュメンタリー劇で振り返る(2017年1月24日配信『岡山経済新聞』) 役者が手話で左から「み」「ゆ」「こ」を表現する 岡山市にある天神山文化プラザ(岡山北区天神町)で1月28日・29日、岡山手話劇団「夢二」が30周年記念「みゆこにまつわるエトセトラ」を上演する。手話演劇の練習風景 同劇団は1986(昭和61)年に結成、今年で30周年を迎える。現在団員は10人、...
-

難聴者の皆様にわかりやすい声を伝える会話アシストシステム“伝助”を発売

難聴者の皆様にわかりやすい声を伝える会話アシストシステム“伝助”を発売(2017年1月23日配信『産経BIZ』)製品写真おじいさんと女の子 イメージ図音響の未来を創造し続けるリーディングカンパニー 寿通信機株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長:宮田 壮三)は、難聴者の方との会話アシストシステム“伝助”を2017年1月23日(月)に発売いたしました。従来の補聴器や集音器とは逆の「音声処理を送話者側で行う」と...
-

紀子さま「聴覚障害児を育てたお母さんをたたえる会」に出席

紀子さま「聴覚障害児を育てたお母さんをたたえる会」に出席(2017年1月23日配信『TBSニュース』) 秋篠宮妃・紀子さまが「聴覚障害児を育てたお母さんをたたえる会」に出席し、手話を交えて母親らをねぎらわれました。 「皆さまが強い勇気と希望をもちながら、お子様をしっかりと立派に育てられましたことに、心から敬意を表します」 東京・千代田区の憲政記念館で、23日午後、「聴覚障害児を育てたお母さんをたた...
-

補助犬同伴、拒まないで 理解向上へ研修・啓発

補助犬同伴、拒まないで 理解向上へ研修・啓発 (2017年1月23日配信『日経新聞』) 不特定多数が利用する施設で盲導犬や介助犬などの補助犬の受け入れを義務付けた「身体障害者補助犬法」の施行から今年で15年になるが、補助犬の同伴を不当に拒否する事例が後を絶たない。関係団体や国は2020年東京五輪パラリンピックを控え、医療機関や飲食店などに補助犬への理解を深めてもらおうと啓発活動に取り組んでいる。 「どう...
-

広げよう「手話で会話」 京都、フェスで夢や日常をスピーチ

広げよう「手話で会話」 京都、フェスで夢や日常をスピーチ(2017年1月23日配信『京都新聞』)手話で日々の出来事や将来の夢などを伝える高校生(京都市中京区・京都新聞文化ホール) 手話への理解を深める「京都手話フェスティバル」が22日、京都市中京区の京都新聞文化ホールであった。参加した聴覚障害者や健聴者たちが、日々の出来事や将来の夢を手話でスピーチした。 国際ソロプチミスト京都-弥生と府聴覚障害者...
-

バリアフリーチェック;障害者ら使いやすさ点検 関空第2ターミナル

バリアフリーチェック;障害者ら使いやすさ点検 関空第2ターミナル(2017年1月1日配信『毎日新聞』-「大阪版」) 案内表示などについて質問する車いす利用者ら=関西国際空港第2ターミナルビル(国際線)で 28日に開業する関西国際空港の格安航空会社(LCC)専用の新施設「第2ターミナルビル(国際線)」で20日、障がいのある人たちによるバリアフリーチェックがあった。 車いす利用者ら約10人が関西空港を...
-

佐賀市議会、難聴者にiPad貸与を検討

佐賀市議会、難聴者にiPad貸与を検討(2017年1月20日配信『佐賀新聞』)アプリ使い傍聴 佐賀市議会は19日、傍聴する聴覚障害者ら向けに、音声を字幕に変換するタブレット端末「iPad(アイパッド)」用無料アプリを活用する方針を決めた。聴覚障害などで耳が聞こえにくい人への対応で、議会の予備用端末を傍聴者に貸し出すことを検討する。 方言への対応に課題があるとみられ、変換の精度を次回以降の本会議など...
-

字幕きらめくプラネタリウム 難聴者に案内 焼津天文科学館

字幕きらめくプラネタリウム 難聴者に案内 焼津天文科学館(2017年1月20日配信『静岡新聞』)上映前に来場者を案内する関係者(左)=焼津市のディスカバリーパーク焼津天文科学館字幕付きで上映されたプラネタリウム 焼津市のディスカバリーパーク焼津天文科学館で19日、字幕付きプラネタリウムが上映された。焼津市難聴者・中途失聴者の会(望月美香代表)が静岡福祉大、同館と連携し、同館で初めてとなる試みが実現...
-

法廷通訳 誤訳で判断はできぬ

法廷通訳 誤訳で判断はできぬ(2017年1月20日配信『東京新聞』-「社説」) 被告の主張を法廷で誤訳すると、有罪・無罪の判断に直結しかねない。この仕事は法廷通訳人が行うが、裁判官の面接で採用され、統一的な試験はない。重要な役目だけに資格制度の導入は必要だ。 「ロッカーのような物入れ」は「冷蔵庫」だった。「警察の制服」は「私服」だった。「いいえ」と言ったのに「覚えていない」と翻訳された。 1986...
My profile

Author : 椿の会

    

  設立 1974(昭和49)年11月1日
    *創立45年*

<学習会>
 月曜昼の部 10時~12時
 月曜夜の部 19時~21時
 水曜昼の部 10時~12時
 水曜夜の部 19時~21時
 *メインで参加する学習会を決めれば
  4つの学習会どこにでも参加できます

<活動場所>
 松山市総合福祉センター
 (松山市若草町8-2)
 * お部屋は1階のボードで
      確認してください

<会費>
 250円/月(ボランティア保険料含む)。入会金なし

<お問い合せは下記アドレスまで♪>
 tubakinokai@yahoo.co.jp

こんにちは椿の会です

椿の会

    緑綬褒章受賞 2006年

設立 1974(昭和49)年11月1日
      44年目になりました♪

<学習会>
 月曜昼の部 10時~12時
 月曜夜の部 19時~21時
 水曜昼の部 10時~12時
 水曜夜の部 19時~21時
*メインで参加する学習会を
 決めれば、どの学習会にも
 参加できます

<活動場所>
 松山市総合福祉センター
 (松山市若草町8-2)
 * お部屋は1階のボードで
      確認してください

<会費>
 250円/月(ボランティア保険料含む)

<お問い合せ>
 tubakinokai@yahoo.co.jp

最新コメント

ご訪問ありがとうございます

検索フォーム

QRコード

QR