2016/12/31.Sat

「手話の場を守りたい」 金町学園・浜崎園長に聞く

「手話の場を守りたい」 金町学園・浜崎園長に聞く(2016年12月31日配信『東京新聞』)

浜崎
「耳の聞こえない子どもが安らげる場を守りたい」と話す浜崎園長=東京都葛飾区で

 耳の聞こえない子どもたちにとって、生活の場を提供してきた「金町学園」(東京都葛飾区)が早ければ来年度いっぱいで閉鎖されることになり、新しい施設造りに立ち上がった浜崎久美子園長(72)。守りたいのは「子どもたちが、手話で自由におしゃべりできる場所」。なぜ、手話が大切なのか。思いを聞いた。 

 「聴覚障害者の母語は手話。それに囲まれて育つことは最低限の権利」。長年の体験を振り返りながら、浜崎さんは力説した。

 神奈川県内の小学校で勤務した後、1967年、都立杉並ろう学校(閉校)に着任した。教員たちが相手の唇の動きで言葉を読み取る「口話」で授業をしていたことに疑問を抱いた。「ちゃんと通じていないのではないか」

 当時のろう学校は多くが口話で授業をしていた。耳の聞こえない人を聞こえる人に合わせることが教育の目標とされ、手話は「手まね」と低くみられていた。
 それでも、子どもたちと心を通わせるため手話を自主的に学び、授業で使った。江東ろう学校(閉校)の校長となったときは、着任早々の運動会で手話によるあいさつをした。それまでの校長は、口話であいさつをしていた。前例を打ち破ったあいさつは、教員たちを驚かせた。

 金町学園の園長になったのは2005年。当時の職員は手話が得意でなく、子どもたちとのコミュニケーションが不足していた。手話を施設の公用語にして、職員は全員、手話ができるようにした。子どもたちの目標となる聴覚障害者も採用した。

 「基本である言語が育たなければ、学力も育たない。子どもたちに情報を入れれば能力を引き出せる。手話はその手段となる」

 両親が耳の聞こえる家庭で育った子どもが、会話を聞き取ろうと必死になって疲れてしまったり、コミュニケーションがうまくいかないために自信をなくすケースも見てきた。「手話は、時に愛情よりも大事な場合がある」とも言う。

 今年の春から学園で暮らす中学1年の高崎佳菜子さん(12)は「家にいたときよりも、いっぱいしゃべるようになった」と手話で楽しそうに話した。

 浜崎さんは言う。「健聴者の社会は、障害児には戦いの場でもある。ここは、そこから戻ってきて癒やされる『ホーム』のような場所。守っていかなければいけない」

◆共同生活しつつ通学
 金町学園は1933年、現在の墨田区にできた「東京ろうあ技芸学園」が起源。聴覚障害の貧困児童の職業教育を使命とした。48年、児童福祉法に基づく施設となり、戦争孤児らを受け入れた。56年、葛飾区に移転し金町学園と改称。現在地へは64年に移った。

 定員は30人。入所者は共同生活を送りながら、中央(杉並区)、葛飾(葛飾区)、大塚(豊島区)の都立ろう学校に通っている。

 入所者の受け入れ先が決まらないと、都から金町学園の閉鎖は認められない。浜崎さんは自分たちが造ろうとする施設への受け入れを目指している。

 一方、運営する東京愛育苑は他の障害児施設などに移すことを検討。法制度が変わり、異なる障害のある子たちが同じ施設で生活できるようになったためだ。

金町学園➡ここをクリック(タップ)

「聴覚障害児の会」設立準備会➡ここをクリック(タップ)

社会福祉法人東京愛育苑➡ここをクリック(タップ)



広報Y.T
広報部
2016/12/31.Sat

「金町学園」閉鎖の危機 関東唯一の聴覚障害児入所施設

「金町学園」閉鎖の危機 関東唯一の聴覚障害児入所施設(2016年12月31日配信『東京新聞』)

金町
手話で会話しながら夕食をとる子どもたち。右奥は浜崎久美子園長=東京都葛飾区の金町学園で

 関東地方で唯一、耳の聞こえない子どもたちが共に暮らす施設「金町学園」(東京都葛飾区)が閉鎖の危機を迎えている。母体の社会福祉法人が2018年3月で撤退する方針を決めたため。全国から集まった子どもたちが手話を使って夢や悩みを語り合ってきた施設。なくしてはいけないと、職員らは自らで新しい施設を作ろうと寄付集めを始めた。

 JR常磐線金町駅からバスで10の住宅街に学園はある。ろう学校に通う5~18歳の25人と、ろう学校の高等部に通う20歳の2人が暮らす。「公用語」は手話。11人の職員は全員、手話ができる。そのうち4人は聴覚障害者だ。

 もともと、さまざまな事情で親と暮らせなくなった聴覚障害児を受け入れてきた。最近は大学進学や就職を目指し、地方からやってくる学生が増えた。

 ただ、これが閉鎖の理由にされた。運営者の社会福祉法人東京愛育苑(葛飾区)の石山裕明・法人本部長は「親からの虐待などを理由にした入所が減った。(困窮者の支援だった)役割は終わった」と説明。学園の跡地は、同法人が力を入れる児童養護や高齢者事業への活用を検討する。

 一方、浜崎久美子園長(72)は「手話で存分に話せる集団生活の場は、これから生まれてくる聴覚障害児のためにもなくしてはいけない」と訴えてきた。新施設を建てるため昨年秋、新たな社会福祉法人の設立準備会を結成。寄付金集めに乗り出した。

 ろう学校に通いやすい都内に土地を借り、定員30人、900平方メートルの施設を整備する計画。4億6千万円の費用を見込む。インターネットで事業への協力を募るクラウドファンディングによって355万円が集まり、寄付を呼び掛ける動画を制作中だ。

 寄付に関する問い合わせは、「聴覚障害児の会」設立準備会=電03(5980)8420=へ。

 <障害児入所施設> 障害のある子や学生が日常生活や自立に必要な知識や技術を教わりながら暮らす。障害の種類で分類されていたが、2012年の児童福祉法改正で一元化され、施設が対象とする種類以外の障害のある子らを受け入れることも求められた。「福祉型」と治療も行う「医療型」の2種類がある。「全国盲ろう難聴児施設協議会」によると、主に聴覚障害児を受け入れる福祉型入所施設は全国に8カ所あり、東日本では金町学園と北海道の2カ所。

金町学園➡ここをクリック(タップ)

「聴覚障害児の会」設立準備会➡ここをクリック(タップ)

社会福祉法人東京愛育苑➡ここをクリック(タップ)



広報Y.T
広報部
2016/12/29.Thu

近江八幡市;来月から手話言語条例施行 医療などもサービス拡充

近江八幡市;来月から手話言語条例施行 医療などもサービス拡充(2016年12月29日配信『毎日新聞』-「滋賀版」)

 近江八幡市は来年1月から、手話への理解や環境整備などを推進する手話言語条例を県内で初めて施行する。12月定例議会で「近江八幡市みんなの心で手をつなぐ手話言語条例」が全会一致で可決された。市は年明けに、聴覚障害者や手話通訳者らでつくる「市手話施策推進会議」を設置。手話の普及などに向けた方針を定める。

 市によると、身体障害者手帳を持つ聴覚障害者は11月の時点で市内に249人いて、うち約60人が手話を主なコミュニケーション手段としているという。

 条例では、市は福祉分野に限らず、教育、医療などの面でも手話による意思疎通や情報提供を進める。市民や事業者に対しても、手話への理解や聴覚障害者の権利を守る努力目標がうたわれている。

 市は手話奉仕員の養成講座や、全職員を対象とした手話研修などを定期的に開いてきたが、今後は施策推進会議の方針を受け、内容や頻度を充実させる。現在2人の嘱託職員で対応している手話通訳者の増員も検討。また、夜間の急病や事故などに対して、電子メールなどを利用したサービスも拡充する構え。

 手話言語条例は2011年に定められた障害者基本法で手話が言語として認められたのを受け、自治体で制定が進められている。13年の鳥取県を手始めに、今年10月までに9県40市6町で制定。近江八幡市では市聴覚障害者福祉協会が市に制定を呼び掛けていた。

近江八幡市みんなの心で手をつなぐ手話言語条例➡ここをクリック(タップ)



広報Y.T
広報部
2016/12/29.Thu

手話と戦争


手話と戦争=二木一夫(2016年12月1日配信『毎日新聞』-「発信箱」)

 戦時中、高射砲弾の信管を造る軍需工場が兵庫県尼崎市にあった。今はない尼崎精工という会社で2000人近くが働き、その中に100人を超える聴覚障害者がいた。

 1940年にぜいたく禁止令が出され、京都で着物の染色をしていた聴覚障害者が仕事を失う。その人たちを採用したのが始まりという。

 多くの聴覚障害者をその後も雇ってもらおうと彼らは人一倍働いた。グループ別の生産競争で優勝し、相撲大会でも活躍した。身を寄せ合って生き抜くため工場内に自治組織も結成している。

 これらの事実は、社会福祉法人理事長を務める洲本市の大矢暹(すすむ)さん(69)が当時の工員たちに聞き取り、資料を読み込んで突き止めた。元工員からは「私の造った爆弾はたくさんの人を殺した」という証言も得た。国家総動員体制に組み入れられた聴覚障害者のつらい言葉だ。

 大矢さん自身も子どもの時から聴覚に障害がある。調査のきっかけは20代前半の頃、年配の人が手話で「尼崎」を表現するのに、銃を構える動作をしたことだ。手話に隠された歴史を追い続け、その成果となる研究論文がこの秋刊行された市制100年記念の尼崎市史に載った。

 高度成長期に多くの自治体が通史を出した。しかし、尼崎市のように歴史資料を保管、公開している公立の史料館があるところは少ない。コストがかかるのが理由とはいえ、歴史や文化は地域の財産という意識を持つのは大切なことだろう。

 産業戦士となった聴覚障害者に光を当てた大矢さんの労作は、史料館の専門職員からの助言がなければ埋もれたままだったかもしれない。市民の研究を支える拠点を増やしたい。



広報Y.T
広報部
2016/12/29.Thu

聴覚障害者向け会話アプリ《UDトーク》が描く未来

いつか役目を終える日を願って。聴覚障害者向け会話アプリ《UDトーク》が描く未来(2016年12月28日配信『CAREER HACK』)

  障害者支援の現場で、注目を集めるアプリがある。

 名前は「UDトーク」。音声認識によって、目の前の会話をリアルタイムで文字化し、スマホやPC、タブレットなどのデバイス上に字幕表示できるアプリだ。

 音のない世界で生きる聴覚障害者と健聴者との会話は、手話や筆談が一般的。しかし現実の問題として、健聴者が手話を覚えることは時間がかかる。筆談も1対1の会話でないと難しい時がある。その中で現れた「UDトーク」は、健聴者側のハードルが低く、多人数でも使える、新たなコミュニケーション手段として注目されている。

 「UDトーク」を開発したのは、Shamrock Records青木秀仁さん。元々はフリーランスのエンジニアでありプロミュージシャンというユニークなキャリアを10年以上歩んできた。企業には属さず、自身の作りたいものを作る職人的な志向を持つ人物だ。

 そんな青木さんが、それまで縁もゆかりもなかった障害者支援になぜ関わることになったのか?24時間365日、たった一人で「UDトーク」開発に心血を注ぐ理由とは?

s-ud.jpg

続きを読む➡ここをクリック(タップ)



広報Y.T
広報部
2016/12/28.Wed

みんなに優しい街・墨田区へ 「ユニバーサルマナー検定」講座

みんなに優しい街・墨田区へ 「ユニバーサルマナー検定」講座(2016年12月28日配信『東京新聞』)

キャプチャ
どんなサポートが必要か話し合う参加者=墨田区役所で

 障害者や高齢者ら、街で困っている人を見かけた時の配慮の仕方を学ぶ「ユニバーサルマナー検定」講座が27日、墨田区役所で開かれた。山本亨区長をはじめ、区職員や観光協会のメンバー、地元中学生ら計約130人が参加した。

 講座は「誰にでもやさしい観光地」を目指す区が主催。ユニバーサルマナーの基本である3級の取得を目標にした。

 講座では、聴覚障害者の薄葉幸恵さんが、肢体不自由や聴覚障害、内部障害などでそれぞれ必要な支援が異なることなどを解説。手伝う時は「相手に何ができるか、できないか」を尋ねるのではなく、「自分に何ができるか」を考えるのがポイントだと説明した。「基本フレーズは『何かお手伝いできることはありますか?』。目の前の人のバリアーを解消するきっかけをつくってほしい」と呼び掛けた。

 続いて、飲み物を載せたトレーを片手に持った車いすの女性の気持ちを想像したり、聴覚障害者と談の仕方などを考えたりする演習があった。

 区立両国中3年の石田明寛さん(15)は「自分がどう伝えれば相手が(支援を)受けやすいのか分かって良かった」。山本区長も「障害者の立場でものを考えるなど、新たな気付きをもらった。みんなに優しい街づくり、人づくりを進めたい」と話した。

 検定は、あらゆる人が使いやすいユニバーサルデザインのコンサルティング会社「ミライロ」の垣内俊哉社長が代表理事を務める日本ユニバーサルマナー協会が運営し、準3級から2級まである。

日本ユニバーサルマナー協会➡ここをクリック(タップ)

ニバーサルマナー検定➡ここをクリック(タップ)


 
広報Y.T
広報部
2016/12/27.Tue

【字幕付き邦画】『本能寺ホテル』-日本語字幕版上映スケジュール

【字幕付き邦画】『本能寺ホテル』-日本語字幕版上映スケジュール

2017年1月14日全国公開

日本語字幕版上映
シネマサンシャイン衣山
2/5(日)〜2/8(水)
tel.089-911-0066
fax.089-911-0080


ホテル

 綾瀬はるか、堤真一、鈴木雅之監督という「プリンセス トヨトミ」のメインキャスト&スタッフが再結集し、本能寺の変の前日にタイムスリップした現代女性が織田信長の命を救うべく奔走する姿を描いたオリジナルの歴史ミステリー。

 勤務先の会社が倒産し、職を失った繭子は、恋人の恭一からプロポーズされ、周囲の後押しを受けて婚約を決意。

 恭一の両親の金婚式を祝うため京都を訪れるが、手違いによって予約していたホテルに泊まることができず、偶然たどり着いた路地裏の「本能寺ホテル」にチェックインする。すると彼女は、いつの間にか奇妙な寺の中に迷い込んでおり、そこは天下統一を目前にした名将・織田信長が滞在する1582年の本能寺だということが判明する。

  訳がわからないまま本能寺ホテルと安土桃山時代の本能寺を行き来し、信長や信長に使える小姓・森蘭丸と交流を深めていく繭子だったが……。

 綾瀬がヒロインの繭子役を、堤が信長役を演じるほか、「ヒメアノ~ル」の濱田岳が蘭丸役で出演。

公式HP➡ここをクリック(タップ)

予告編➡ここをクリック(タップ)

全国日本語字幕版上映スケジュール



広報Y.T
邦画日本語字幕上映の案内
2016/12/26.Mon

2017年1月予定

2017年1月予定

s-1月学習

s-1月行事


s-ion_2016122609090686b.jpg



広報Y.T
学習会・行事予定
2016/12/25.Sun

「電話お願い手帳」のスマートフォン版

 NTT東日本、西日本は、耳や言葉の不自由な人が周囲の人に用件を伝えて電話をかけてもらうための「電話お願い手帳」のスマートフォン版を公開した。

 1983年から広く使われている手帳と同じように使え、「110番へ電話をかけてください」「病院へ連絡してください」といった項目をタッチすると、詳細を入力する画面に切り替わり、近くの人に見せて電話してもらう。

 無料。

s-お願い電話
s-お願い電話2


電話お願い手帳➡ここをクリック(タップ)



広報Y.T
広報部
2016/12/25.Sun

声を上げることが禁じられている市議会の傍聴席を…

声を上げることが禁じられている市議会の傍聴席を…(2016年12月25日配信『上毛新聞』-「三山春秋」)

▼声を上げることが禁じられている市議会の傍聴席を、たくさんの言葉が飛び交っていた

▼県内4例目の手話言語条例案が審議された12日の渋川市議会でのことだ。市内外の聴覚障害者団体関係者ら30人以上が傍聴席を埋めて、手話通訳される議事を見守った

▼手話を言語として認めて普及を図る同条例案が可決されると、傍聴者たちは喜びを手話で伝え合い握手を交わした。全日本ろうあ連盟スポーツ委員会の倉野直紀事務局長は「ろう者にとって特別な地の渋川で条例が制定されたのは意義がある」と感慨深げだった

▼同市の伊香保温泉に終戦後間もない1947年、ろう者約200人が全国から集まって全日本ろうあ連盟を結成した。ろう者が自らの手で人権を守る運動の出発点とされる。昨年、本県で開かれた同連盟の全国大会に合わせて温泉街に記念碑が立てられた

▼日本では戦前戦後の長い期間、唇の動きから相手の言葉を読んで、口で発音することを学ばせる「口話教育」が、ろう学校などで進められた。しかし、ろう者たちは手話を重んじ、大切に受け継いできた

▼伊香保の記念碑に刻まれた無数の白い点は、苦難の中で、ろう者の地位向上や手話普及に努めた先人たちを表すという。条例制定の喜びを感情豊かに伝え合う 関係者たちを見て、手話の持つ歴史の重さを再認識した。

渋川市手話言語条例➡ここをクリック(タップ)



広報Y.T
広報部
2016/12/25.Sun

聾学校

聾学校(2016年12月24日配信『河北新報』-「デスク日記」)

 福島県立聾(ろう)学校が来年度から聴覚支援学校に改称されることになった。同窓会などが反対したものの、名称を変更する県教委提出の条例改正案が県議会12月定例会で可決された。

 「手話でコミュニケーションを図り、差別と闘ってきた歴史が『聾』にはある」「『聾』は私たちのアイデンティティー」。同窓会関係者はこう訴える。

 東北ではこれまでに、岩手、宮城、秋田の3県が「聾」または「ろう」から「聴覚支援」に校名を変更した。各県教委などによると、福島と同様に反対の意見が出たという。青森、山形の両県も今後、検討することになる見通しだ。

 改称の是非とは別に、福島県教委の対応は残念に思えてならない。同窓会などに新名称を含めて具体的に伝えたのは11月下旬になってから。直後の条例改正案提出、県議会採決では議論を封じているかのようだ。

 もっと時間をかけるべきではなかったか。県教委と同窓会が手話を通じてやりとりする様子は、障害に対する理解を深め、差別や偏見をなくすきっかけになったに違いない。

 今年は障害者差別解消法が施行された年でもある。



広報Y.T
広報部
2016/12/24.Sat

障害者も舞台楽しんで 五輪・パラリンピックへ 国も予算拡充して支援

障害者も舞台楽しんで 五輪・パラリンピックへ 国も予算拡充して支援(2016年12月24日配信『東京新聞』)

キャプチャ
観客に音や照明の理由を説明する手話通訳者=4日、東京都文京区で

 障害のある人が舞台芸術を鑑賞したり、自分で演じたりするための支援が広がりつつある。知的、発達障害者には、劇場に慣れてもらう体験会を実施。耳が聞こえない人が演技をするための手話通訳の養成講座も開かれている。東京五輪・パラリンピックを見据え、国も障害者の芸術鑑賞や参加支援を予算に盛り込み、後押しする方針だ。

 「コンサートが始まる合図です。大きな音がしますよ。鳴ったら明かりが暗くなります」
 12月4日、東京都文京区のホールで開かれた知的、発達障害のある子どもらが安心して鑑賞するための「劇場体験プログラム」。はじめに司会者が、開演前のブザー音の理由などについて、約140人にゆっくりと語りかけた。

 開催に協力した堺市の国際障害者交流センター(ビッグ・アイ)によると、知的、発達障害のある人は、日常とは違った劇場の音や照明などに過敏に反応し、驚きや不安を感じることがある。だが環境を事前に説明すれば、安心して楽しめる可能性があるという。

 この日も、館内を暗くするのは舞台を見えやすくするためで、ブザーが鳴るのは鑑賞の準備のためだと解説。鑑賞中に立ち上がると後ろの人が見えなくなるというマナーも確認した。リラックスのため観客に両手を使って頭上に輪をつくらせ「劇場って楽しい」と声を出して開演を待った。さまざまなジャンルの演奏を約一時間楽しんだ後、知的障害のある小川薫さん(17)は「おもしろかった」と笑顔で話した。

 ビッグ・アイでは、障害者向けの手話や点字によるサポートに加え、2014年からこのプログラムを開始。延べ約1900人が映画や音楽、ミュージカルを体験した。事業プロデューサーの鈴木京子さんは「行きたい劇場に行けるようになれば日常の選択肢が増える」と意義を話す。

 知的障害のある長男(13)とプログラムに参加した堺市の高橋沙織さん(44)は「以前は鑑賞中に喜んで跳ねてしまい、冷たい視線を感じることもあったが、鑑賞経験を積んだことで、ちゃんと座って見られるようになった」と喜びを語る。

 障害者が演じることを支援する活動も進んできた。NPO法人シアター・アクセシビリティ・ネットワークは10~11月に「舞台・演劇における手話通訳養成講座」を開催。受講者は聴覚障害のある役者への適切な通訳の方法を学んだ。

 演劇の通訳をしているという受講者の江崎裕子さん(33)は「訳す時、歌詞とリズムのどちらを優先すべきか悩んだが、まず聴覚障害者に聞けばいいと改めて学んだ」と話した。

 20年の東京五輪・パラリンピックに向け、芸術分野でのこうしたバリアフリー化は課題の一つ。厚生労働省は障害者の鑑賞支援や芸術参加を促進する費用を17年度予算案で拡充した。超党派の国会議員連盟も、障害者文化芸術推進法案をつくり、成立を目指している。



広報Y.T

広報部
2016/12/24.Sat

聴覚障害の平方さん「陶祖」題材に手話DVD自作

聴覚障害の平方さん「陶祖」題材に手話DVD自作(2016年12月24日配信『佐賀新聞』)

佐賀
DVDの中で手話語りをする平方さん

佐賀2
佐賀市立図書館の園田正広館長(右)にDVDを手渡す県聴覚障害者サポートセンターの伊東康博センター長=同図書館

 耳が聞こえない平方由佳里さん(46)=武雄市山内町=が、手話語りの映像付きDVD「李参平ものがたり」を作成した。取材から映像の編集、映像中のイラストまで全ての工程を平方さんが手掛け、「聴覚障害者以外の人にも手話言語に触れてほしい」と話す。

 手話による物語の読み聞かせや、イラストレーターの技術を生かした絵本制作をやりたいと思っていた平方さんは2月、県聴覚障害者サポートセンター(佐賀市)に相談した。センターの自主事業としてDVDを作成することになった。

 有田焼創業400年の節目に合わせ、陶祖李参平をテーマに取り上げた。脚本を作る際には、李参平の子孫、14代金ケ江三兵衛さんにも取材した。平方さんが事前にメールで質問項目を送り、実際に金ケ江さんと会った際は、筆談で取材を進めた。

 DVDは15分。平方さんが出演し、豊かな表情で物語を手話で表現。場面を描いたイラストも同時に映し、視覚で分かりやすい構成になっている。

 字幕付けや内容に合わせたイラスト制作、有田の町並みの写真撮影なども、すべて平方さんが行った。

 同センターは今月、佐賀市教育委員会に市内の小中学校用53枚、同市立図書館に14枚のDVDを寄贈した。今後、県内の小中学校にDVDを贈る。

 平方さんの取材に付き添った手話通訳士の清田大輔さん(35)は「小さな頃から手話に触れることで、手話は普通のものという感覚を持ってもらいたい」と話す。寄贈に同行できなかった平方さんは、「障害の有る無しに関わらず、多くの人に見て楽しんでほしい」とメールで語った。



広報Y.T

広報部
2016/12/23.Fri

『ポッピンQ』-日本語字幕版上映スケジュール

『ポッピンQ』-日本語字幕版上映スケジュール

劇場公開日 2016年12月23日 東映 上映時間 95分

広島バルト11 2017年1月7・8日

キャプチャ

 老舗アニメプロダクションの東映アニメーションが創立60周年を記念して手がけた、完全オリジナルの長編劇場アニメ。

 それぞれに悩みを抱える5人の少女がぶつかり合い、成長していく姿を、華やかなダンスや音楽を交えて描く青春ストーリー。自分を変えたいのに変えられないことに悩む中学3年生の伊純は、海辺で美しく輝く「時のカケラ」を拾う。

 カケラの持つ力で、全世界の時間を司っている「時の谷」と呼ばれる不思議な世界に迷い込んだ伊純は、そこで同じカケラを持つ同い年の4人の少女と出会い、「時の谷」の住民である「ポッピン族」の長老から、世界の危機を知らされる。その危機を回避するためには、時のカケラを持つ5人の少女が、ダンスで心をひとつにしなくてはならず……。

 監督は、「プリキュア」シリーズのダンス映像を数多く手がけてきた宮原直樹。

公式HP➡ここをクリック(タップ)

予告編➡ここをクリック(タップ)

全国日本語字幕版上映スケジュール➡ここをクリック(タップ)



広報Y.T
邦画日本語字幕上映の案内
2016/12/22.Thu

手話普及へ大きな一歩 兵庫県三田(さんだ)市で手話言語条例成立

手話普及へ大きな一歩 三田市で手話言語条例成立(2016年12月21日配信『神戸新聞』)

キャプチャ
手話言語条例の成立を記念し、記念撮影に収まる聴覚障害者たち=三田市役所

 耳の不自由な人たちへの理解を深め、手話を使いやすい環境づくりを目指す「三田市みんなの手話言語条例」について、兵庫県三田市議会は20日、全会一致で可決した。施行は来年4月1日。成立を心待ちにしてきた聴覚障害者やボランティアは「互いを尊重し、共生する社会への大きな一歩」と喜んだ。

 条例は2013年に鳥取県が全国で初めて制定。県内でも制定が進んでいる。

詳細は➡ここをクリック(タップ)



広報Y.T
広報部
2016/12/22.Thu

障害者の求人はどんな職種が多い?仕事の種類のまとめ

障害者の求人はどんな職種が多い?仕事の種類のまとめ(2016年12月21日配信『ライブドアニュース』)

 障害者の人の仕事や求人問題が深刻なことをご存知ですか?障害者を抱える家族にとっては人には言えないお金の問題もあり、表には出ていないですが日本の問題の1つです。

 しかし、現在では障害者の人ができる仕事もたくさんあります。障害者の求人情報等は一般の求人誌には出ないので知らない人も多いのではないでしょうか?そこで今回は障害者の求人と仕事の種類をまとめてみました。

続きを読む➡ここをクリック(タップ)



広報Y.T
広報部
2016/12/22.Thu

今あらためて考える、「障害者」と「健常者」の平等って何だろう

北条かや;今あらためて考える、「障害者」と「健常者」の平等って何だろう~I see! 運動の現場から~(2016年12月21日配信『blogos』)

「障害があってうらやましい」

 「Aさん、今度、もっとお給料のいい会社へ転職するんだって。ちょっとうらやましいよね、『障害』って」 会社員時代、同じ職場に耳が聞こえづらい同僚がいた。Aさんは総合職の扱いながら、営業などハードな部署への異動がなく、定時に帰宅できる。さらに、ある大企業への転職も決めていた。

 「すぐに決まったみたい」と噂される彼女を、別の同僚が「うらやましい」と無邪気に皮肉るのを見て、私はドキッとした。その同僚は、「大企業の方が助成金を多くもらっているから、障害者はいい会社に転職しやすいのだ」というようなことを言っており、私は何とも言えない気持ちになった。

 「障害者雇用促進法」では、民間企業に対し、従業員全体の2%に相当する障害者を雇うよう義務付けている。職場のバリアフリー化など、経済的負担が生じた場合は助成金が申請できる上、全体の4%を超える障害者を雇用した企業には報奨金制度も用意されている。

 もちろんこうした制度は、障害をもつ人たちの就労が非常に難しい実態の裏返しなのだが、件の同僚は漠然と「障害者は優遇されている」「いい会社に簡単に入れてうらやましい」と表現したのである。

 私がドキっとしたのは、その同僚の無邪気さに対してである。そして、大企業への転職を決めた聴覚障害のAさんに対して、「うらやましい」という感情が、自分の中に少しでもないだろうかと自問したからである。平等とは一体なんだろうか。

続きを読む➡ここをクリック(タップ)



広報Y.T
広報部
2016/12/21.Wed

私立大学で初の特別支援教育の全領域取得可能な大学に -- 帝京平成大学

私立大学で初の特別支援教育の全領域取得可能な大学に -- 帝京平成大学(2016年12月21日配信『大学プレスセンター 』)

 現代ライフ学部児童学科小学校・特別支援コースに開設している特別支援学校教諭課程は、現在の知的障害者、肢体不自由者、病弱者の領域に加え、視覚障害者、聴覚障害者の領域が来年度より追加となり、特別支援教育の全領域の取得が可能となる。

 帝京平成大学は特別支援学校教諭の全領域の取得が可能な私立大学として全国で初めての大学となる。

 現代ライフ学部児童学科小学校・特別支援コースに開設している特別支援学校教諭課程における、取得可能領域の追加申請に関して、平成28年11月28日付で文部科学省より認定された。

 これにより現在の知的障害者、肢体不自由者、病弱者の領域に加え、視覚障害者、聴覚障害者の領域が来年度より追加となり、特別支援教諭の全領域の取得が可能となる。帝京平成大学は特別支援学校教諭の全領域の取得が可能な私立大学として全国で初めての大学となる。

 帝京平成大学HP➡ここをクリック(タップ)



広報Y.T
広報部
2016/12/21.Wed

福島県;「聾学校」改称を可決 OBの存続願い届かず

「聾学校」改称を可決 OBの存続願い届かず(2016年12月21日配信『河北新報』)

 福島県立聾(ろう)学校(郡山市)を聴覚支援学校に改称する県教委の計画に同窓会などが反対している問題で、県議会商労文教委員会は20日、校名変更に関する条例改正案を賛成多数で可決した。21日の県議会12月定例会でも可決される見通し。

 採決に先立ち、共産党の委員が提出した聾学校の校名変更を条例から削除する修正案を、賛成少数で否決。2017年4月に校名を変更する改正案を原案通り可決した。

 改称を巡っては、差別と闘ってきた歴史が「聾」の文字に込められているなどとして同窓会が存続を訴える。11月下旬になって初めて伝えられた経緯も問題視し、「復っ島合意形成が不十分だ」と反発している。

 同窓会員ら15人が委員会での議論を見守った。榊枝(さかきえだ)純一会長は「われわれの考えが排除された感じで納得できない」と述べ、鈴木淳一教育長らと面会し、再考を求める考えを示した。

 県教委特別支援教育課の小檜山宗浩課長は「分かりやすい表現にするのが校名変更の理由だが、丁寧に説明する必要があり、配慮が足りなかった。同窓会には改めて趣旨を説明し、理解を求めたい」と語った。

福島県立聾学校HP➡ここをクリック(タップ)



広報Y.T
広報部
2016/12/21.Wed

手話言語条例、西脇市会可決 北播磨全市町で成立


手話言語条例、西脇市会可決 北播磨全市町で成立(2016年12月20日配信『神戸新聞』)

s-西脇
手話言語条例の成立を喜ぶ聴覚障害者団体の会員ら=西脇市役所

 兵庫県西脇市会で20日、手話を言語と認識して普及を図る「手話言語条例」が全会一致で可決された。同市や北播磨の聴覚障害者協会会員たちは「企業や医療機関、商店などさまざまな場所で手話が交わされるように普及活動に力を入れたい」と意欲を示した。

 北播磨では昨年4月に加東市と三木市、今年1月に多可町、10月に加西市が施行。小野市は4月、耳や目が不自由な人が円滑に意思を伝え合える社会を目指す「意思疎通手段利用促進条例」を施行しており、北播磨全市町で成立した。

 西脇市では昨年11月から、聴覚障害者団体や手話サークルの代表者、学識経験者らでつくる「手話言語に関する部会」が条例案を策定。「物事を考え、コミュニケーションを図り、知識を蓄えるために必要な言語」「ろう者が、地域や職場で孤立することなく安心して生活するためには、手話を使いやすい環境を整える必要がある」と理念を記した。

 来年4月の施行後、聴覚障害者団体代表者や公募市民らで構成する市手話施策推進会議が普及方法を考え、市内の関係機関に働き掛ける。

 市会の傍聴席には約20人が訪れた。北播磨聴覚障害者協会の辻井秀樹会長は「小学校などでの普及が重要。法律の制定を望む」と話していた。

詳細は➡ここをクリック(タップ)



広報Y.T
広報部
2016/12/19.Mon

障害は人にあるのではない、環境にあるのだ

障害は人にあるのではない、環境にあるのだ 論説委員・佐野慎輔(2016年12月18日配信『産経新聞』-【日曜に書く】

 芝居を見に行った。

 舞台はニューヨークのセントラルパーク。ここで出会った妙齢の女性ふたりが、ふとしたきっかけでおとぎ話の世界に入り込む。そして、崩壊の危機に陥りそうになったファンタジーを救うべく立ち上がる…。

芝居を見ながら思う

 いや、ストーリーよりも、ふたりの女優の絶妙な掛け合いにこそ大きな意味を感じた。

 ふたりの女優は、手話と口語で会話を交わす。実際、出演者のひとりはろう者で耳の聞こえないハンディキャップを克服、女優の道に進んだ人である。

 芝居は実にテンポよく進んでいく。そして、場内には時折、大きな笑いが起きた。

 私は手話がわからない。手話がわからないのにストーリーに引き込まれていく。

 仕掛けがあった。手話で交わされる言葉は音声ガイドで訳が流されるのだ。

 この芝居、障害のある人もない人も一緒になって楽しもうという趣旨で催されたイベントのひとつであった。

 会場は「耳の聞こえない人・聞こえにくい人」「目の見えない人・見えにくい人」「車いすにのった人」「盲導犬を連れた人」など、さまざまな観客であふれていた。さまざまな障害のある観客に対応すべく、「手話通訳」「要約筆記」「音声ガイド」「音声補聴」「点字プログラム」に、電動車いす用の充電システムや補助犬用のスペースまで用意されている。さらには、情緒が不安定な人とその介助者のために特別な「鑑賞スペース」まで設けられていた。

続きを読む➡ここをクリック(タップ)



広報Y.T
広報部
2016/12/19.Mon

県サ連研修会~熊本地震における状況、対策について~

s-県さ連_000060



広報Y.T
広報部
2016/12/19.Mon

三団体学習会~手話言語条例について学ぼう!!~

s-sann_000059.jpg



広報Y.T
広報部
2016/12/18.Sun

「耳が不自由」と書かれたバッジをつけたスターバックス店員 見事な接客

「耳が不自由」と書かれたバッジをつけたスターバックス店員 見事な接客(2016年12月18日配信『ライブドアニュース』)

ざっくり言うと

 「耳が不自由」と書かれたバッジをつけたスタバ店員について取り上げている
 接客を受けたというTwitterユーザーは、サイズなどを指差しで注文したそう
 違和感のないままオペレーションが進み、嬉しかったとつづっている
 スタバで「耳が不自由」バッジの店員 見事な接客に「勇気もらえる」

 スターバックスコーヒーの店舗で、「耳が不自由です」と書かれたバッジをつけた店員から接客を受けた、という報告がツイッター上であがった。

 その店員は聴覚障害を持っているようだが、ツイートを見るとサービスを受けて「まったく違和感がなかった」と書かれていた。他のユーザーも同様の経験談を発信している。

バッジ着用を義務付けてはいない
 ツイッターで注目されたのは2016年11月28日の投稿だ。「店員さんの胸に『耳が不自由です』のバッジ」がついていたが、「最初は気づかず普通に『ドリップをショートで』って頼んだ」という。投稿者はその注文が伝わっていなかったのに感づいてバッジの存在に気付き、改めて「サイズとかブレンドの種類とかマグか否かとか指差しで注文」した。その結果、「客のこちらには何の不都合もなかった」「まったく1mmも違和感のないまま全てのオペレーションが進んでて、すごく嬉しかった」という。

続きを読む➡ここをクリック(タップ)



広報Y.T

広報部
2016/12/18.Sun

12月11日(日)椿の会クリスマス会 水昼目線で♪

こんにちは。
ここ数日、急に寒さが増し、窓から見える山々の頂が白く雪化粧しています。
いよいよ本格的な冬の到来ですね

さて、ブログには、すでにクリスマス会の様子がアップされています。
皆さま、ご覧になりましたか? まだ見てないよ~と言う方は、こちらからどうぞ→

今日は、水昼目線でクリスマス会を振り返ってみたいと思います。

DSC02841-1.jpg リハーサル中♪

まだ、受付が始まる前に、水昼の役員の皆さんがステージ上でリハ。
どんぐりを投げる場所、受ける場所を確認です。
遠すぎず近すぎず、ちょうどいい距離を確認しました。

DSC02844-1.jpg 要約筆記の皆さんも、準備中。
よろしくお願いします

12時半、受付スタート。
皆さんも続々到着し、13時~椿の会・松山市聴覚障害者協会合同のクリスマス会、スタートです。

水昼の出し物は「どんぐりPK」、トップバッターをきって1番目の登場です。

DSC02847-1.jpg ゲームの説明中。皆さん、ちゃんと聞いてね~。

DSC02851-1.jpg DSC02854-1.jpg

水昼は、Mさんがキャッチし、7名のメンバーがどんぐりを投げました。
一番最初だったこともあり、ちょっとドキドキ。
せっかくコップにどんぐりが入っても、はじけて出てしまうことも。
簡単そうで難しい!
ステージ下では、次の出番を待つ人たちが「足が出てるよ~」と厳しくジャッジしています

DSC02859-1.jpg DSC02867-1.jpg

学習会対抗で競い合ったゲームでしたが、結果、月昼の皆さんが優勝!
見事、商品をゲットしました。
参加してくださった皆さま、ありがとうございました。

幕間には、月昼Kさんが付箋を使ったゲームで楽しませてくれました。
1人5枚の付箋を持ち、出会った人とじゃんけん。
勝ったら、自分の付箋を1枚、相手の顔にぺたり。
手持ちの5枚の付箋が早く無くなった人(相手の顔に貼れた人)が勝ちになります。

DSC02881-1.jpg Mさん、ぺたりと貼られています

なんと!私は珍しくじゃんけん5連勝。
1枚も付箋を貼られることなく、手持ちの付箋がなくなりましたが……

はい、水昼の皆さんの戦いの結果をどうぞ~
DSC02883-1.jpg
(写真をクリックすると、大きな写真が見られます♪)

顔中、付箋だらけ

ゲーム、楽しかったです。
ろう協の劇も楽しかったです。皆さん、役者でしたね~。
月昼さんの千住観音、本当に見事でした。
たくさん練習をされたことと思います。
すばらしい出し物をありがとうございました。

準備をしてくださった皆さま、
手話通訳&要約筆記の皆さま、
ご参加の皆さま、
盛り上げてくださった皆さま、
盛り上がってくださった皆さま、
楽しい時間をありがとうございました




水曜昼の部
2016/12/17.Sat

字幕でせりふかみしめて 映画「この世界の片隅に」

字幕でせりふかみしめて 映画「この世界の片隅に」(2016年12月17日配信『中日新聞』-「石川版」)

金沢のシネモンド 来月、異例の2週間上映

 金沢市のシネモンドは17日から上映する、太平洋戦争下の庶民の暮らしを題材にしたアニメーション映画「この世界の片隅に」で、来年1月、通常3~4日の字幕版上映を異例の2週間にわたり実施する。聴覚障害者が映画館で映画を十分に楽しむためには日本語字幕が不可欠で、上野克支配人(41)は「多くの人に見てもらいたい作品。健常の人にも理解してほしい。二度目、三度目は字幕でせりふの意味をかみしめてもらうのもいい」と話す。

 映画は、軍港のあった広島県呉市を舞台に、広島市から18歳で嫁いだヒロインすずの目線で、激しい空襲、食料や燃料の配給制の下、大切なものを失いながらも明るく生き抜こうとする人々を描く。原作はこうの史代さんの漫画。片渕須直監督が暮らしや街並みを細部まで調査の上でリアルに表現。当初は全国63館と小規模だった上映は、年明けに累計200館を超える見込みだ。

 シネモンドも当初から異例の8週間というロングランを決定。さらに2週間、字幕版を上映するのは、聴覚障害者の映画監督今村彩子監督の映画「スタートライン」の上映がきっかけ。上野支配人は「今村監督や多くの聴覚障害者の人たちから映画館で映画を見たいという熱い思いを聞いた」と語る。

 配給元の東京テアトルの担当者は「字幕版が四日間だけの劇場がほとんどで、2週間というのは異例」と驚く。富山県内で11月から公開中のTOHOシネマズファボーレ富山では同月20日から4日間の字幕版上映があったが、今後の予定はない。

 上野支配人は15日、金沢市松ケ枝福祉館に市聴力障害者福祉協会を訪ね、意見を聞いた。聴覚障害者の映画ファンの多くが見るのは元々字幕のある洋画がメイン。デジタル化で邦画でも字幕版や視覚障害者向け音声ガイドが普及しているが、字幕版上映は3日間程度が一般的でDVD化を待つ人が多い。上映の情報も少なく、多くが同協会が掲示するホームページで情報を得ているという。

 協会理事の吉岡真人さん(45)は字幕がなくとも映画館を訪れる大の映画ファン。配給会社に字幕付き上映の要望もしてきたが「検討する」という回答で終わってきた。「『シン・ゴジラ』を見に行ったが、意外に会話のシーンが多く半分ほどしか分からなかった」と、今回の対応を歓迎している。

キャプチャ

公式HP➡ここをクリック(タップ)

予告編➡ここをクリック(タップ)



広報Y.T
広報部
2016/12/17.Sat

『土竜の唄 香港狂騒曲』-日本語字幕版上映スケジュール

『土竜の唄 香港狂騒曲』-日本語字幕版上映スケジュール

12月23日公開

日本語字幕版上映スケジュール
シネマサンシャイン衣山
2017/1/22(日)〜1/25(水)
tel.089-911-0066
fax.089-911-008

 高橋のぼるの人気コミック「土竜の唄」を、三池崇史監督&宮藤官九郎脚本&生田斗真主演で実写映画化したアクションコメディ「土竜の唄 潜入捜査官 REIJI」の続編。

 潜入捜査官「モグラ」として凶悪な犯罪組織・数寄矢会に潜り込んだ菊川玲二。

 思いがけず日浦組の若頭に就任してしまった彼は、捜査の最終ターゲットである数寄矢会会長・轟周宝から、極悪非道なチャイニーズマフィア・仙骨竜の撲滅と、周宝とその娘である奇跡の処女・迦蓮の身の安全を守るよう命じられる。

 一方、警視庁ではエリート警察官の兜真矢が組織犯罪対策部課長に就任。警察官とヤクザの癒着撲滅を目指す兜は、玲二の逮捕に向けて動き出す。

 仲里依紗、遠藤憲一、堤真一ら前作のキャストに加え、兜真矢役に瑛太、轟迦蓮役に本田翼、はぐれヤクザの桜罵百治役に古田新太、チャイニーズマフィアのヒットマン・胡蜂役に菜々緒を新たに起用。

モグラ

公式HP➡ここをクリック(タップ)

予告編➡ここをクリック(タップ)

全国日本語字幕版上映スケジュール➡ここをクリック(タップ)



広報Y.T


広報部
2016/12/16.Fri

手話言語条例が可決 浦添市議会、沖縄県内市町村で初

手話言語条例が可決 浦添市議会、県内市町村で初(2016年12月15日配信『琉球新報』)

 浦添市議会(又吉正信議長)は14日の12月議会定例会本会議で「手話言語等コミュニケーション手段の利用促進に関する条例」を全会一致で可決した。2017年4月から施行される。

 沖縄県議会が3月に同様の手話言語条例を可決しているが、県内市町村では初めてとなる。

 条例は「手話は、言語である」とし、基本理念や施策の方針などを定めた。

 手話だけでなく、要約筆記、音訳、点字などの多様なコミュニケーション手段を含めて理解と普及を目指す内容となっているのが特徴。

 全ての人の尊厳や権利、自立、社会参加が保障された「共生社会」の実現を目指す。

 議長を除く議員23人全員が議案の提案者となった。

 条例が可決されたことについて、市身体障がい者福祉協会聴覚部長の長嶺将裕さん(33)は「聴覚障がい者のことについて理解が進めばと思う。議員の皆さんは、私たち当事者の意見を聞き、情報発信や環境整備を進めてほしい」と求めた。

 県聴覚障害者協会事務員の本田一郎さん(52)は「一歩前進だが、中身の面ではまだまだ。手話と要約筆記など他のコミュニケーション手段とは分けて、それぞれ条例をつくるべきだ」と話した。

 これで言語条例は、60件目となった。

詳細は➡ここをクリック(タップ)



広報Y.T
広報部
2016/12/16.Fri

宝塚大学東京メディア芸術学部の学部生と大学院生が、新宿区立障害者福祉センター主催の手話体験型カフェ開催をサポート

宝塚大学東京メディア芸術学部の学部生と大学院生が、新宿区立障害者福祉センター主催の手話体験型カフェ開催をサポート(2016年12月15日配信『Value Press!』)

宝塚大学東京メディア芸術学部、コンテンツデザイン領域の学部生、大学院生とイラストレーション領域の学部生が、新宿区立障害者福祉センターで開催された手話体験型カフェ「手話カフェはこねやま」のサポート致しました。

 「手話カフェはこねやま」は震災を機に需要が高まってきた手話を、お茶をしながら気軽に体験してもらおうという趣旨から、新宿区立障害者福祉センターが主体となり、12月8日に新宿区立障害者福祉センターで開催されました。このイベントには新宿区聴覚障害者協会や新宿区手話サークル、スターバックスコーヒー、宝塚大学デザイン表現研究室が協力しました。

 デザイン表現研究室の学生たちはイベントの告知ポスターデザインや、当日開催されたクイズ大会の賞品として、クロマキー写真撮影ワークショップを行いました。更に会場が広々と見えるような工夫として窓のイラスト制作や、イラストレーション領域の学生、同窓生が描いたイラストの展示を行いました。

 当日は会場に用意した席がすべて埋まってしまう程の来客でした。来場者は手話を教わりながら注文を行い、手話の成り立ちや意味を当てるクイズ大会で盛り上がりました。本研究室が提供したクロマキー写真体験ワークショップには、参加者皆が貴重な体験が出来たと喜んでいただけました。

ヤマネコ

<手話カフェはこねやま>
開催日時:2016年12月8日(木)14時~17時
場所:新宿区立障害者福祉センター 2階
参加費:無料
新宿区立障害者福祉センター
新宿区聴覚障害者協会
新宿区手話サークル
ポスターイラスト:新宿区聴覚障害者協会
ポスターデザイン:宝塚大学

宝塚大学東京メディア芸術学部➡ここをクリック(タップ)


広報部
2016/12/15.Thu

『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』-日本語字幕版上映スケジュール

『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』-日本語字幕版上映スケジュール

12月17日公開 上映時間111分

日本語字幕版上映
シネマサンシャイン衣山
1/15(日)〜1/18(水)
tel.089-911-0066
fax.089-911-0080

 七月隆文の同名ベストセラー小説を、「ストロボ・エッジ」の福士蒼汰&「バクマン。」の小松菜奈共演で実写映画化したファンタジックラブストーリー。

 「僕等がいた」「アオハライド」など数々の青春ラブストーリーを手がけてきた三木孝浩監督と脚本家の吉田智子が再タッグを組み、京都の風光明媚な景色を背景に20歳の男女の甘く切ない純愛を描く。

 美大生の高寿は、通学電車の中で見かけた女性・愛美に一目ぼれする。勇気を出して声を掛け、会う約束を取りつけようとする高寿だったが、愛美はなぜか泣き出してしまう。意気投合した高寿と愛美は付き合うことになり、幸せな日々を過ごしはじめるが、そんなある日、高寿は愛美から信じられないような秘密を明かされる。

ぼく

公式HP➡ここをクリック(タップ)

予告編➡ここをクリック(タップ)

全国日本語字幕版上映スケジュール➡ここをクリック(タップ)



広報Y.T
広報部
 | ホーム | Next »