2016/04/29.Fri

諦めず挑戦、若者にエール 聴覚障害者の早瀬さん夫妻講演

諦めず挑戦、若者にエール 聴覚障害者の早瀬さん夫妻講演(2016年4月28日配信『佐賀新聞』)

手話講師、薬剤師経験伝え

はやせ
記念講演でトークショーを開いた(左から)早瀬久美さんと憲太郎さん=佐賀市の商工ビル

 佐賀市の商工ビル内にある県聴覚障害者サポートセンターの開設3年目を記念して24日、講演会が開かれた。「伝えたい だからあきらめない」をテーマに、NHKみんなの手話で講師を務めた聴覚障害者の早瀬憲太郎さんと、同じ障害のある薬剤師の妻久美さんがトークショーを開いた。

 憲太郎さんは幼い頃からオリンピックの柔道選手やNHKおかあさんといっしょの体操のお兄さんになるのが夢だった。不運なけがなどでその夢はかなわず、ろう学校の教師に。ろう学校へ見学に訪れた番組プロデューサーとの出会いをきっかけにNHKの手話講師になった。「体操のお兄さんではないけれど、NHKの手話講師として8年間務めることができた。出会いのおかげで、ある意味夢に近付いた」と会場の笑いを誘っていた。

 薬剤師免許は聴覚障害者には許可が下りない法律が存在していたが、久美さんは母から聞いた「法は人が作ったもの。変えることができる」という信念のもと諦めず挑戦。国家試験に合格後、聴覚障害者や手話サークルの仲間と法改正を求める署名活動をし、3年後に許可が下りた。「運転免許などを含め、聴覚障害者に制限が多かった時期を若い子たちは知らない。伝えていきたい」と話した。

 2人は若い世代に「何かを始めるとき、できる、できないじゃなくて、やりたいか、やりたくないかを考えて」とそろってエールを送った。



広報Y.T
広報部
2016/04/29.Fri

横浜市;手話通訳、タブレットで

手話通訳、タブレットで(2016年4月28日配信『読売新聞』)

横浜市、全18区役所で導入へ

yokohama.jpg

 横浜市は聴覚障害者向けに、タブレット端末による手話通訳サービスを全18区役所で導入する。4月に施行された「障害者差別解消法」に基づき、障害者が行政機関で円滑に手続きを進められるようにする取り組み。5月に開始する予定で、市障害企画課は「手話を必要とする人とのコミュニケーションをスムーズに行うことで、社会的な障壁を減らしていきたい」としている。

 市によると、市内で障害者手帳を持つ聴覚・平衡機能障害者は8450人(昨年3月現在)。所用で区役所を訪れた際には、筆談や、自ら手配した手話通訳者を介して区職員との意思疎通を図っている。ただ、市内には手話通訳者が150人ほどしかおらず、急に派遣を依頼しても対応できないことがあるという。

 新たに導入されるサービスでは、聴覚障害者が区役所の窓口を訪れると、区職員は障害者スポーツ文化センター「横浜ラポール」(港北区)にいる手話通訳者に連絡。聴覚障害者はタブレット端末の画面越しに手話で用件を伝え、パソコンでその映像を見た手話通訳者が内容を区職員に口頭で説明する。

 事業費は約1200万円で、同課は「ニーズがあれば台数を増やすことも検討したい」としている。

 同様の手話通訳サービスは、鳥取県庁が2013年12月にテレビ電話を使って開始。同県によると、利用者からは「手話でのコミュニケーションは安心感がある」「筆談より詳しくて便利」などと好評という。川崎市麻生区役所でも、タブレット端末を使った手話通訳サービスに取り組んでいる。

 今回の取り組みについて、横浜市聴覚障害者協会の理事長井上良貞さん(67)は「聴覚障害者が生活しやすくなる」と評価。筆談では思いがうまく伝わらなかったり、内容の理解が難しかったりすることがあるという。一方で、同協会では10年ほど前から、区役所に手話通訳者を置くように求めており、井上さんは「タブレット端末は補助的なもの。18区役所すべてに手話通訳者を配置してほしい」と話した。

 市でも近く、区役所2か所に週1、2回、手話通訳者を派遣する事業を実施する予定という。

〈障害者差別解消法〉行政機関や民間事業者に対し、障害者へのサービス提供や入店を拒否するなどの差別的な取り扱いを禁じている。行政機関に筆談や読み上げなどの配慮を義務付け、民間事業者にも配慮の努力を求めている。



広報Y.T



広報部
2016/04/29.Fri

感音性難聴の江塚が新弟子検査合格…病気と闘いながら市民大会で優勝の実績も

感音性難聴の江塚が新弟子検査合格…病気と闘いながら市民大会で優勝の実績も(2016年4月28日配信『スポーツ報知』)

desi.jpg
補聴器を着けて新弟子検査に臨んだ式秀部屋の江塚

 大相撲夏場所(5月8日初日、両国国技館)の新弟子検査が27日、国技館内の相撲診療所で行われ、受検した12人全員が体格検査を通過した。生まれながらにして感音性難聴と診断された江塚薫(16)=式秀=はハンデを抱えての角界入り。「10年以内には関取になれるように頑張りたい」と決意を語った。

 両耳に補聴器を装着し、江塚は新弟子検査に臨んだ。169センチ、70キロの小さな体に大きな夢が詰まっていた。「式秀親方(元幕内・北桜)には『耳が聞こえないというハンデをバネにして頑張りなさい』と励まされました」。補聴器を外すと全く聞こえない病気と闘いながら、静岡・袋井市や焼津市のクラブで相撲を続けてきた。2012年には磐田市の市民相撲大会の中学生の部で優勝した実績もある。

 「私生活では電話の受け答えには困っています。相撲では(行司の)『待った』の声が聞こえないので試合で何度か怒られたことがありますが、もう慣れました」と明るい声で答えた。8年前、大相撲の藤枝巡業を見学。現役だった式秀親方の豪快な塩のまき方にほれて角界入りを決意した。「目標は3年以内で三段目、5年以内で幕下、10年以内で関取になることです」と胸を張った。

◆江塚 薫(えづか・かおる)2000年2月2日、静岡・磐田市生まれ、16歳。市立神明中卒業後、高校受験に失敗して、角界入りを目指す。実家は市内で写真店を営んでいる。



難聴16歳江塚薫が力士挑戦 土俵で補聴器外し奮闘(2016年4月28日配信『日刊スポーツ』)

desi2.jpg
補聴器をつけて検査に臨んだ江塚は、難聴のハンディも乗り越える

 静寂をはねのけろ。大相撲夏場所(5月8日初日、東京・両国国技館)の新弟子検査が27日、館内の相撲診療所で行われ、先天性の感音性難聴を患う江塚薫(16=式秀)が両耳に補聴器をつけて受検した。生まれつき、補聴器なしで両耳は聞こえないが、小学3年から大好きな相撲を取り続けてきたガッツで入門を決意した。12人全員が体格基準をパス。合格者は内臓検査を経て初日に発表される。

 両耳につけた補聴器は、江塚の支え。「外すと、全然聞こえません」。生まれつき、内耳から神経系に障害がある「感音性難聴」を抱えてきた。そのハンディに屈することなく大相撲の門をたたいた。169センチ、70キロ。体格も決して恵まれてはいない。それでも「やっと、夢がかないます」と、喜びが心からあふれた。

 本当に相撲が好きで「小学校をやめてでも、力士になりたいと思っていました」。8歳だった小3のときに北桜だった式秀親方と、地元静岡県磐田市に近い藤枝市の巡業で触れ合って大ファンになった。たくさん塩をまく姿にあこがれ、手紙も書いた。「ぼくと勝負してください」。隣町であったわんぱく相撲の中で対戦がかない、倒したそのときに誘われた。8年間ずっと抱いた思いが、かなった。

 土俵の上で補聴器はつけられない。江塚には1人、静寂が訪れる。「ハッキヨイの声が聞こえなくて、待ったして怒られたこともありました」。ほかの力士より、間違いなくハンディにはなる。だが「小学生のころから試合はそう。慣れました」と笑い飛ばした。

 実は、式秀親方も左耳が聞こえにくかった。それを知ったとき「自分だってできると思いました」。その親方からは「耳が聞こえないのをバネに頑張れ」と励まされた。横綱双葉山は、少年時代から右目がほとんど見えない不自由を克服した。「3年以内に三段目、5年以内に幕下、10年以内に関取になりたい」。江塚も挑戦する。【今村健人】

 ◆新弟子検査 受検年齢は中学校卒業以上、23歳未満。身長167センチ以上、体重67キロ以上の最低限の体格基準に加えて、背筋力、握力、肺活量、視力、尿、血液、内臓検査などが行われる。聴力検査は含まれない。体格検査に合格すると、内臓も異常なければ場所の初日に合格発表となる。



広報Y.T

広報部
2016/04/28.Thu

『64-ロクヨン-前編』-日本語字幕版上映

『64-ロクヨン-前編』-日本語字幕版上映

64.jpg

641.jpg

シネマサンシャイン衣山
089-911-0066
5/29(日)〜6/1(水)
fax.089-911-0080


『64-ロクヨン-前編』=5月7日(土)全国公開

予告編➡ここをクリック(タップ)
 
イントロダクション(物語の導入部)=D県警の管内で初めて起きた本格的な誘拐事件。昭和64年1月5日にお年玉をもらってくると言い残して昼過ぎに自宅を出た雨宮翔子は、近くの親類宅に向かう途中、忽然と姿を消した。身代金2千万円を奪われ、雨宮翔子は無残な死体で発見された。犯人不詳。『警察発表』に真実はあるのか。<昭和64年>に起きたD県警史上最悪の翔子ちゃん誘拐殺人事件をめぐり、刑事部と警務部が全面戦争に突入。狭間に落ちた広報官・三上義信は己の真を問われる。怒濤の展開、驚愕の傑作ミステリー!
 『64』は、1989年1月1日から7日まで、たった7日間しかなかった〈昭和64年〉に起きた誘拐殺人事件を指す符丁。あなたは憶えていますか? 昭和64年という年に何があったのか──

 1月7日(土)午前6時33分 十二指腸部の線がんで天皇崩御。87歳歴代最長の在位。翌日改元。新元号は「平成」=内平らかに外成る(史記〈しき〉=中国前漢の武帝の時代に司馬遷によって編纂された中国の歴史書)地平らかに天成る(書経〈しょきょう〉=政治史・政教を記した中国最古の歴史書)。

642.jpg
竹下登内閣官房長官小渕恵三「平成おじさん」(のち、第84代首相)

 なお、2015年4月よりNHK「土曜ドラマ」にてピエール瀧主演でテレビドラマ化された(2015度芸術祭テレビ・ドラマ部門の大賞受賞)。

643.jpg

644_20160428170325417.jpg



広報Y.T
邦画日本語字幕上映の案内
2016/04/28.Thu

4月27日(水) 遅ればせながら、28年度水昼です♪

4月27日(水)

5月の学習会の予定はこちら→

水昼ブログを楽しみにしてくださっていた(あれそんな人はいない・・・?)皆さま、大変お待たせいたしました。
水昼は毎週元気に活動をしていたのですが、ブログ担当Wが学習会に参加出来ておらず、
ブログの更新も出来ないままとなっておりました。

DSC01093-1.jpg
平成28年度の役員さんにバトンタッチして、今日は3回目の学習会です。
(私にとっては、お初♪)

入口のボードが楽しい!
「今日は何の日~♪」のプチ情報つき。こういうおまけ、好きです
ちなみに、4月27日は
・悪妻の日
・婦人警官の日
・哲学の日
・絆の日
だそう。
悪妻の日って何なんでしょうね・・・・
気になるので、調べてみました♪
「古代ギリシャの哲学者ソクラテスの妻、クサンティッペがとんでもない悪妻であることに由来している。
紀元前339年4月27日にソクラテスが、若者を堕落させた罪で処刑されたことから、
この日が哲学の日と呼ばれるようになった。
そしてその妻が悪妻だったことから、『悪妻の日』とも呼ばれるようになった」

「哲学の日」でもあり「悪妻の日」でもある4月27日には、そんな由来があるのです。

さて、学習会の様子をお伝えいたしましょう。
DSC01094-1.jpg DSC01095-1.jpg

最初は、指の運動から。
両手を出して、片方だけ親指を折っておきます。
その状態から、1から10まで数えながら、指を1つずつ折っていきましょう。
全部の指が折れたら、伸ばして10まで。
10まで数えたときに、最初と同じ形になっていればOKです。

簡単そうですが、これがなかなか難しい!
右手と左手は同じ指を折ることはないはずなのに、大抵「5」か「6」で両手が同じになります

指の運動で、あちこちほぐした後は、『先週の一文~新聞記事から~』

「今年の大型連休の、各交通機関の混雑のピークの見通しが明らかになりました」

この一文を、手話で表現します。

A、今年/連休/まもなく/ある
B、それ/飛行機/車/新幹線/これら/混雑
C、最高/予想/見通し/何/はっきり/分かる

相手に分かりやすく伝えるコツ!
それは、文章の中にはない言葉を加えること。

Aの部分なら「まもなく/ある」を追加。
Bの部分は「各交通機関」を「飛行機/車/新幹線」と具体的に。
DSC01098-1.jpg

日本語に合わせようとすると、隠れた言葉を表現するのが難しいのですが、
みんなで何度も練習しました。
皆さん、手はスムーズに振れるようになりましたか??

続いて、ちょっと面白い「松山市」の町名のお話。

松山市の「井門町」、皆さんはなんと読みますか?
はーい! いどちょうでーす♪

答えは×。
正解は「いどまち」です。

では「問屋町」はどうでしょうか?
ちなみに私は「とんやまち」と読みました。

答えは×。
正解は「といやちょう」です。

宮田町、花園町、高砂町、祇園町、福音寺町、柳井町……これらはすべて、「~まち」と読みます。

真砂町、鉄砲町、内浜町、馬木町、東雲町……こちらはすべて、「~ちょう」と読みます。

他にも「~町」がつかない所もたくさん。
三津、小坂、中央、桑原、空港通り、衣山などなど。

次の問題です。
道後地区には「道後○○」と町の名前に「道後」がつくものが13あります。
皆さん、すべて答えることはできますか?

道後鷺谷町、道後樋又、道後一万、道後北代、道後湯之町、道後多幸町、
道後湯月町、道後緑台、道後今市、道後喜多町、道後姫塚、道後公園、道後町。

DSC01099-1.jpg

知っているようで知らない松山のこと。
改めて知ると、楽しいですね~

松山市内の町名については、松山市のHPに掲載されています。→ココ!


最後に、右手と左手で違う動きをする手話単語をみんなで出し合いました。

寺、旅行、池、時、島、のんびり、名前、病院、例えば、退院、立つ、パソコン、ホテル、参加、
料理、合格、〆切り、我慢、成年後見人、決める、びっくり、基礎、定員、都合、施設、買う・・・・・・

DSC01100-1.jpg 次から次へと出てきますよ~。

2時間の学習会、笑って考えて笑って、楽しくてあっという間でした
遅くなりましたが、
28年度の役員の皆さま、1年間よろしくお願いします

今年度も、ブログ担当は私Wです。
書き出すと長いです。お忙しい方は、ささーっと飛ばしてお読みください
来週、5月4日はGWのため、サークルはお休みです。
お間違えのないように。
次回は5月11日(水)です。皆さま、GWのあんなことこんなことを手土産に、
元気にお越しください。

楽しいGWを~


水曜昼の部
2016/04/28.Thu

『アイアムアヒーロー』-日本語字幕版上映

『アイアムアヒーロー』-日本語字幕版上映

ai.jpg

日本語字幕上映
シネマサンシャイン衣山
089-911-0066
5/22(日)~5/25(水)
fax.089-911-0080


イントロダクション(物語の導入部)=退屈だけど平和な日常が、ある日突然、衝撃のサバイバル・ワールドに変貌する! そんな現実世界と地続きのパニック、想像を凌駕する先の読めない展開で読者を圧倒し続けている、花沢健吾の累計600万部超の人気コミック「アイアムアヒーロー」が、『図書館戦争』『GANTZ』シリーズのヒットメーカー・佐藤信介監督の手でついに完全実写映画化。

 日本の運命を背負うことになるダメ男の主人公・英雄を演じたのは、『駆け込み女と駆け出し男』でブルーリボン賞の主演男優賞を受賞した大泉洋。

 英雄と一緒にサバイバルの旅を続ける女子高生の比呂美に扮したのは、『映画 ビリギャル』で同主演女優賞に輝いた有村架純。さらに男まさりの元看護師・藪を『海街diary』で主要映画賞の助演女優賞を総ナメにした長澤まさみがクールに演じて観る者を圧倒する。

 映画は原作コミックの世界観をリアルに再現するため、韓国の閉鎖されたアウトレットモールで大規模なロケを敢行。その手加減なしのサバイバル描写に早くも世界が絶賛!世界三大ファンタスティック映画祭に数えられる、シッチェス・カタロニア国際映画祭(スペイン)とポルト国際映画祭(ポルトガル)で、それぞれの観客賞を含む4つの賞を既に獲得。

 世界が認めた衝撃の問題作がいよいよ日本解禁!誰も味わった事のない“新感覚エンタテインメント”“絶叫と衝撃のZQN(ゾキュン)パニック“を是非!映画館で体感して下さい! でも…ひとりでは〈危険〉です!

公式HP➡ここをクリック(タップ)

予告編動画➡ここをクリック(タップ)

WEB限定動画 絶叫編➡ここをクリック(タップ)



広報Y.T
邦画日本語字幕上映の案内
2016/04/28.Thu

レインツリーの国 DVD・Blu-ray日本語字幕・音声ガイドの案内

レインツリーの国 DVD・Blu-ray日本語字幕・音声ガイドの案内

「レインツリーの国」 豪華版(初回限定生産盤)
2016年5月25日(水) DVD&Blu-ray発売! 2016年6月3日(金)DVDレンタル開始!
【DVD】 5,300円(税抜)
【Blu-ray】 6,300円(税抜)
本編ディスク + 特典ディスク 合計2枚組
DVD・Blu-ray日本語字幕・音声ガイド

rein_201604280807347f0.jpg

(豪華版の)特典映像は、スマートフォンやタブレット端末に専用アプリ「UDCast」をインストールすることによって日本語字幕並びに音声ガイドをご利用できる。

インストール方法等、詳細は➡ここをクリック(タップ

 なお、本編映像の日本語字幕、音声ガイドについては、DVD・Blu-ray本体の操作で、利用できる。

公式HP➡ここをクリック(タップ)

映画公式hp➡ここをクリック(タップ)

予告編動画➡ここをクリック(タップ)

rein2.jpg

感音性難聴=以前は、「神経性難聴」と呼ばれていたが、今日では、ほとんどの場合、聴神経ではなく内耳に原因があることがわかっている。左右両方の耳が感音性難聴の場合は、大きな声で話しかけられても、その内容を理解することは難しいでしょう。左右どちらかの耳が感音性難聴の場合は、音がどこから聞こえるかが分かりづらかったり、騒がしい場所で話を聴くのが難しかったりする。

感音性難聴の詳細は➡ここをクリック(タップ)

イントロダクション(物語の導入部)=高校時代に夢中になって読んでいた本「フェアリーゲーム」について、何となくインターネットで検索をしてみた伸行(玉森裕太)。「レインツリーの国」というブログに書かれた「フェアリーゲーム」の感想に興味を持った彼は、その管理人を務めるひとみ(西内まりや)にメールを送付する。
 それを機に、メールをやりとりするようになる二人。実際に会って話がしたいと考える伸行だったが、ひとみはその申し出を拒否し……。

関連ブログ➡ここをクリック(タップ)

関連ブログ2➡ここをクリック(タップ)



広報Y.T
邦画日本語字幕上映の案内
2016/04/27.Wed

真田氏の歴史、手話で解説 上田の聴覚障害者ら城跡公園で無料ガイド

真田氏の歴史、手話で解説 上田の聴覚障害者ら城跡公園で無料ガイド(2016年4月27日配信『信濃毎日新聞』)

 長野県上田市内の聴覚障害者らでつくる「うえだ手話ガイドの会」が今月、同市の上田城跡公園を訪れる聴覚障害者を手話で案内する無料のガイド活動を始めた。地元ゆかりの戦国武将・真田信繁(幸村)が主人公のNHK大河ドラマ「真田丸」の放送で観光客が増えている同公園を拠点に、聴覚障害者も真田氏の歴史を知り、散策を楽しんでほしい―と張り切っている。

 同会は、市聴覚障害者協会のメンバーが中心となり昨年2月に結成。聴覚障害者と手話通訳者ら16人が所属する。市のわがまち魅力アップ応援事業の補助金も活用し、約1年間かけて真田氏の歴史やガイドの方法を学んだ。

 手話ガイドを務める聴覚障害者はえんじ色の帽子、補助する手話通訳者は緑色の帽子が目印。訪れた聴覚障害者に時折、写真や真田氏の家系図などを示しながら、公園内の真田神社や櫓(やぐら)門下にある大石「真田石」などを約1時間かけて案内する。

 真田氏の家紋「六文銭」や信繁が大坂城の外側に築いたとりで「真田丸」を表す決まった手話はないため、今回、メンバーが考案した。六文銭は左手で手話の数字「6」をつくり、右手は親指と人さし指で輪をつくり「銭」に見立てて右へ動かす。真田丸の「真」は「真面目」を意味する手話を使い、田んぼの「田」と、とりでの形を表す「丸」を組み合わせた。

真田

 今月中旬、須坂市から聴覚障害者のツアー客が城跡公園を訪れ、手話ガイドが本格的にデビューした。うえだ手話ガイドの会代表の牧内智子さん(45)=上田市中央6=によると、日常生活で手話を使う聴覚障害者がガイドをする場合、一般のガイドの話を手話通訳するより時差や話の内容のずれが少なくなるという。

 牧内さんは「手話で解説しながら相手の反応や表情を確かめ、理解しているかを確認する」という。ガイドを終え、「相手が『なるほど』と手話で示してくれてうれしかった」とほっとした表情を見せていた。ツアーに参加した須坂市聴覚障害者協会会員の太田洋一さんは、これまで3回ほど同公園を訪れている。初めて手話ガイドの案内で巡り、「歴史がよく分かった。ガイドとコミュニケーションを取るのも楽しかった」と喜んだ。

 5月には、大阪府からのツアー客の予約も同会に入っているという。手話ガイドは手話を理解できる人が対象で、事前申し込みが必要。希望者は「うえだ手話ガイドの会」事務局(ファクス0268・75・4877)へ。

上田

うえだ手話ガイドの会 - Facebook➡ここをクリック(タップ)



広報Y.T
広報部
2016/04/27.Wed

119番、文字で通報 聴覚障害者らに配慮、秋田市消防本部

119番、文字で通報 聴覚障害者らに配慮、秋田市消防本部(2016年4月26日配信『秋田魁新報』)

スマートフォンを使った「Web119緊急通報システム」=通報者と消防本部が会話形式でリアルタイムでやりとりできる。

 秋田市消防本部は聴覚障害者や言語の不自由な人向けに、スマートフォンや携帯電話の画面から音声を使わずに簡単に119番できる「Web119緊急通報システム」の運用を今月から始めた。文字のやりとりだけで済む上、衛星利用測位システム(GPS)を使用していれば居場所を特定することができ、より迅速な対応が可能となる。県内では初の取り組み。

キャプチャ0

キャプチャ

キャプチャ2

キャプチャ3

Web119緊急通報システム紹介資料(PDFファイル)➡ここをクリック(タップ)



広報Y.T
広報部
2016/04/27.Wed

京都の聴覚障害男性、念願の大型2種免許取得

京都の聴覚障害男性、念願の大型2種免許取得(2016年4月26日配信『読売新聞』)

キャプチャ
大型2種免許の取得の喜びを憧れのバスの前で語る村上さん(京都市西京区で)

取得条件の緩和後、全国初

 重度の聴覚障害がある京都府大山崎町の会社員村上達也さん(36)が、バスを運転できる大型第2種免許の取得条件が緩和されてから全国で初めて免許を取った。改正道路交通法施行規則が施行された今月1日の試験で一発合格した。幼い頃からの夢だった路線バスの運転手を目指すという

 村上さんは生後6か月頃、百日ぜきが原因で聴力が低下した。聴覚障害2級と認定され、補聴器がないと音はほとんど聞こえず、会話も困難だ。

 幼少期の楽しみは、当時住んでいた京都市内で市バスに乗ることだった。最前列の席に座って、大きな車体を自在に操る運転手に見入り、「いつか運転してみたい」と思った。

 中学生のとき、父親から「聴覚障害者はバスの運転手になれない」と聞いた。専門学校に進んで電子部品メーカーに就職したが、憧れは消えず、休日には、結婚後に転居した大山崎町から京都市に通い、市バスの写真を撮り続けた。

 転機は昨秋だった。普通免許は持っていたが、警察庁が第2種免許について道交法施行規則の改正案をまとめたとニュースで知った。従来は補聴器を使わず一定の音が聞こえることが条件だったが、補聴器をつけて聞こえれば可能になるという。

 村上さんは今春の改正規則施行に向け、複数の自動車教習所に申し込んだが、「受け入れ態勢が整っていない」と断られた。京都府公安委員会にメールで訴え、昨年12月、京都市内の教習所に入ることができた。

 初の技能教習でバスの運転席に座ったときは感極まって涙が出た。大きなハンドル、座席から伝わる振動に、喜びを抑えきれなかった。教習所も専属の職員を置き、筆談で学科内容を教えるなどサポートした。

 免許証を手にした村上さんは今月上旬、京都市西京区の市バス営業所を訪ねた。子どもの頃に乗った旧式バスが保存されており、「やっとここまで来たぞ」と〈報告〉した。

 市バスに乗務するには転職する必要があり、運転手の採用年齢(39歳以下)もあと3年に迫る。日常会話が難しいというハードルもあるが、村上さんは「絶対にあきらめない。他の障害者のためにも夢をかなえたい」と話す。

 京都市交通局は「障害者の社会進出を支援する観点からも採用が可能かどうか協議したい」としている。



広報Y.T
広報部
2016/04/26.Tue

2016年5月の学習会・行事予定

gakusyuu.jpg

gyouji.jpg
学習会・行事予定
2016/04/26.Tue

秋篠宮ご夫妻 都内の幼稚園を訪問

秋篠宮ご夫妻 都内の幼稚園を訪問(2016年4月25日配信『NHKwebニュース』)

キャプチャ
秋篠宮ご夫妻 都内の幼稚園を訪問

 秋篠宮ご夫妻は25日、東京都内の幼稚園を訪れ、遊びを通じて学ぶ子どもたちの様子をご覧になりました。

 この訪問は、おととしまで「こどもの日」の前後に子どもの施設を訪ねられてきた天皇皇后両陛下から、皇太子ご夫妻と秋篠宮ご夫妻に引き継がれたもので、ことしは秋篠宮ご夫妻が墨田区の「立花幼稚園」を訪ねられました。

 ここには53人の園児が通っていて、ご夫妻は、園内のホールで子どもたちがはしごやすべり台などの遊具を自分たちで組み合わせて遊ぶ様子をご覧になりました。遊びを通じて想像力を高めるねらいがあるということで、ご夫妻は、子どもたちが手にした遊具を指さしながら「これはなに」などと笑顔で話しかけられていました。

 続いて訪ねられた保育室では、園児たちが手話を交えた合唱を披露しました。この幼稚園では、子どもたちに思いやりの心を育んでもらおうと、園の歌を歌う際に手話を取り入れていて、園児たちは「おともだち」や「ぶらんこ」などのことばを手話で表現しながら元気よく歌っていました。手話を得意とする紀子さまは秋篠宮さまと共に、歌に合わせて手話のように手を動かしたり手拍子を取られたりしていました。



広報Y.T
広報部
2016/04/26.Tue

手話通訳者らを被災地に 全国からの参加呼び掛け

手話通訳者らを被災地に 全国からの参加呼び掛け(2016年4月25日配信『共同通信』)

 熊本地震で被災した視聴覚障害者の生活支援のため、厚生労働省は25日までに、全国から手話通訳者などを派遣することを決めた。全国の自治体を通じて参加を呼び掛けている。

 募集するのは手話通訳者のほか、要約筆記者、点訳者、ろうあ者相談員など。視聴覚障害者に生活関連情報が十分に届いていない恐れがあるため、避難所や公的機関の窓口を巡回するなどして必要な手助けをしてもらう。

 派遣に応じる場合は、都道府県を通じて職種や派遣が可能な期間などを登録する。交通費や宿泊代は災害救助法に基づき支給されるが、宿泊先などは自分で手配することが条件。熊本県からの要請を受け、厚労省が派遣先や期間を調整する。

 東日本大震災では各地の手話通訳者ら約150~200人が応募した。



広報Y.T
広報部
2016/04/25.Mon

4月25日の学習模様

学習会の準備は楽しく皆で助け合って行います。
キャプチャ_convert_20160426162436



月曜夜の部
2016/04/25.Mon

4月25日 月曜昼の部 2016年第4回 料理教室

 4月25日 月曜昼の部 2016年第4回 料理教室

キャプチャ1
Nさんが庭に咲いていたリンドウを持ってきてくれました。

本日のテーマ『春野菜を食べよう』
参加者25人(内ろう者4人)
講師は、ご存知月昼のAさん
キャプチャ2
キャプチャ3
 竹の子は、Uさんの畑で収穫したもの。ご主人が掘って運んで、Uさんが水煮しました。

メニュー
1.竹の子の炊き込みごはん

材料 4人分
米 2合
竹の子(水煮)120g
油揚げ 1枚
かつお昆布だし2c

調味料 
みりん大2・うす口醤油大2・濃い口醤油大1・日本酒大2

作り方
1.米をといで20分水につけたら、ザルに上げて水を切る
2.竹の子は2cm角に切る
3.炊飯器に竹の子、油揚げ、ダシ、調味料を入れて普通に炊く(ゆでた空豆を混ぜてもよい)

キャプチャ4

炊飯器の不具合のため、急きょ蒸し器で代用。何とかなるものです。主婦(夫)の知恵
キャプチャ5



1.春野菜のポトス

材料(4人分)
春キャベツ 3分の2(520g)
にんじん 小2本(300g)
新じゃがいも 中4(400g)
ベーコン 4枚
新玉ねぎ 2個(400g)

調味料
サラダ油 少々
塩 少々
こしょう 少々
スープ
 水1.6ℓ
 ブイヨンの素 2個
 ローリエ 3枚

作り方
1.キャベツの芯をつけたまま、くし形に切る
ニンジンは乱切り、じゃがいもは4~6つに切り 玉ねぎはくし形に切る
ベーコンは食べやすい大きさに切る
2.鍋にサラダ油を熱してベーコンを炒め、スープの材料を加えてアク取りながらしばらく煮込む
3.具材に火が通れば、塩・こしょうで味を調えて仕上げる
キャプチャ6



こまつな
キャプチャ9



しゅうまい
キャプチャ7
キャプチャ8



ロール
キャプチャ10
キャプチャ11
キャプチャ12



頂きます
キャプチャ14
キャプチャ13

ごちそうさまでした。



広報Y.T



 




 

月曜昼の部
2016/04/24.Sun

動画;聴覚障害者の災害時に困ることって?パラパラ漫画

『あなたの理解がみんなを守る』;聴覚障害者の災害時に困ることって?パラパラ漫画(Youtube 9分32秒)

聴覚障害者って、災害になったらどんなことに困るのか? 問題の所在を視覚的にわかりやすくパラパラ漫画にまとめた動画。

パラパラ漫画動画➡ここをクリック(タップ)

パラパラ漫画=紙などの端一つ一つに少しずつずらした絵を描き、端をすばやく めくる事により、残像で絵が動いて見える漫画のこと。アニメーション手法の一つ。

 「聴覚障がいとはどんな障がいなのか?」「聴覚障がい者の種類」「聴覚障がい者が困ること」「困ったときの対策方法」「災害の支援方法」「手話ができなくてもコミュニケーションがとれること」などを、パラパラ漫画の動画で広くわかりやすく伝えている(2014年度近畿ろうきんNPOアワード奨励賞〈助成金20万円〉受賞)。

 制作は、特定非営利活動法人MAMIE(マミー)(大阪。代表者安藤美紀)。

 MAMIEは、2004年より「障がい児の学ぶ場を」「聴導犬を広めよう」をスローガンに、障がい児向けのパソコン教室やイベント開催、HP制作、情報紙の発行などの活動を行っている団体で、現在では、大阪市淀川区内の様々な情報を集約し全国の障がい者に情報提供をしたり、補助犬イベントの活動への参加や講演活動なども実施している。

パラパラ

パラパラ2

パラパラ3

パラパラ4

パラパラ5

MAMIE(マミー)➡ここをクリック(タップ)

安藤美紀ブログ➡ここをクリック(タップ)



広報Y.T
広報部
2016/04/24.Sun

震災避難 障害者への支援確保を

震災避難 障害者への支援確保を(2016年4月24日配信『朝日新聞』-「社説」)

 「ホールに段差があり、車いすの人は入れないと断られた」

 「どこからも情報が来ず、1週間、車中泊を続けた」

 熊本県を中心に続く震災で、命をつなぐはずの避難所に入れない障害者が続出している。

 一般の避難所では生活が難しい障害者や高齢者には、「福祉避難所」が用意されるはずだった。災害に備えて、あらかじめ市区町村と協定を結んだ学校や福祉施設などである。

 だが、震災の現実の前には、うまく機能しなかった。

 熊本市では、避難の際に手助けが要る「要支援者」の名簿に登録された人は約3万5千人いる。これに対し、福祉避難所の協定をもつ施設は176あったが、実際に受け入れる施設はなかなか増えなかった。

 ケアする人が被災して人手不足だったり、建物が壊れて水道も止まったりと、施設の環境が整わなかった事情がある。
 ボランティアを募り、22日までにやっと33カ所が開設した。だが入所者は80人超どまり。介助の余裕がなく場所の提供しかできない、と嘆く施設もある。

 福祉避難所に入れない障害者らにとって、長引く震災は深刻な生活苦をもたらす。安否確認も思うように進まなかった。

 こうした中、熊本市の熊本学園大の活動が注目されている。最大60人ほどの障害者や高齢者を受け入れ、存在感を示す。

 もともとはグラウンドが広域避難場所に指定されていただけだったが、相次ぐ強震で住民が集まり始めたため、4教室を住民に開放した。さらに校舎内の大ホールを要支援者専用にし、大学関係の介護福祉士や学生ボランティアらが24時間、避難者を見守る態勢をつくった。

 今月施行された障害者差別解消法は、「合理的配慮の提供」を公的機関の義務と定めている。障害者から社会的な障壁を取り除く要請があれば、無理ない範囲で対応する。その精神を実現する先駆的な試みだ。

 避難所づくりに携わった同大の教授2人は障害者・支援者団体と協力して「被災地障害者センター」も設けた。一つの避難所に集約するのではなく、各地の障害者に適切な情報を提供する拠点となり、元の生活に戻るまで必要な支援を続ける。

 避難者は今も8万人近い。その中で障害者らは、健常者と同じように暮らすのは難しい。要支援者名簿をもとに安否を確認する仕組みや、広域で福祉施設同士が職員を派遣し合う枠組みなどを平時から準備したい。日本中どこで起きるかわからない「次の災害」に備えて。

福祉避難所➡ここをクリック(タップ)

合理的配慮➡ここをクリック(タップ)



広報Y.T
広報部
2016/04/23.Sat

障害者も健常者も観劇楽しみたい… NPOが観劇支援の舞台をネット掲載 差別解消法施行追い風

障害者も健常者も観劇楽しみたい… NPOが観劇支援の舞台をネット掲載 差別解消法施行追い風(2016年4月23日配信『産経新聞』)

net_20160423173945e4c.jpg
障害者が自分に合ったサポートのある公演情報を集められるTA-netの検索サイト

 4月1日、障害者差別解消法が施行された。障害者が健常者と同じように暮らせる社会を目指すことが目的で、日本の文化施設も誰もが芸術文化に触れられる場となることが求められる。

 聴覚障害のある廣川麻子さん(43)は2009年、留学先のロンドンで、日本でも人気のミュージカル「レ・ミゼラブル」を観劇し、作品に加え、障害者へのサポートにも感動したという。

廣川
廣川麻子さん

 「舞台下手に手話通訳が立ち、健常者と同じ空間、タイミングで作品を楽しめた。カーテンコールでは、手話通訳に対し、出演者と観客が拍手でたたえた。私たちも観客として受け入れられていると感じました」

 ロンドン劇場組合では、国の助成も受け、各公演期間中に1回、手話通訳や字幕などサポート付きの公演を設けることが決められていた。ロンドン市内のバリアフリー公演の情報を集めた「アクセス・ロンドン・ガイド」も無料配布され、舞台を楽しめる環境が整っていたという。

 日本ろう者劇団の俳優でもある廣川さんは1年間の留学中、約60本を観劇した。国内では台本貸し出しすら断られた経験があり、「我慢できない」と帰国後の2012年、障害の有無にかかわらず、観劇を支援するNPO法人「シアター・アクセシビリティ・ネットワーク」(TA-net)を設立。理事長として、障害者と劇団・劇場の双方の相談に応じ、2014年には字幕や音声ガイドなどサポート付き公演情報を集めた検索サイト(http://ta-net.org/event/)を開設した。

「シアター・アクセシビリティ・ネットワーク」➡ここをクリック(タップ)

イベント検索サイト➡ここをクリック(タップ)

 賛同者は徐々に増え、同サイトには現在、障害者の観劇支援に積極的な舞台が300件近くアップされ、口コミ頼りだった障害者のアクセスも増えている。障害者向けに舞台説明会を行う東京芸術劇場(東京都豊島区)や世田谷パブリックシアター(世田谷区)のような取り組みはまだ少数派。だが、廣川さんは「受付の筆談対応も立派なサポート」と、劇場の小さな一歩にも期待を寄せる。

 活動が認められ、廣川さんは2015年度文化庁芸術選奨新人賞を受賞。「観劇を諦めていた人が舞台の楽しさを知れば、劇場にとっても市場拡大につながる」と、法律施行を追い風に観劇支援を続ける。
                   ◇
障害者差別解消法
 行政機関や民間事業者に対し、障害者に対する差別的扱いを禁止する法律。読み上げや筆談などの配慮が行政機関には義務付けられ、民間事業者にも努力義務が果たされる。

障害者差別解消法の詳細は➡ここをクリック(タップ)



広報Y.T
広報部
2016/04/23.Sat

4月23日(土)[Eテレ] 午後8時45分~9時;緊急報告・熊本地震「聴覚障害者は今」

4月23日(土) [Eテレ] 午後8時45分~9時];緊急報告・熊本地震「聴覚障害者は今」

キャプチャ

緊急報告・熊本地震「聴覚障害者は今」➡ここをクリック(タップ)

熊本・大分の聴覚障害者の現状を取材。
現地の声や支援活動についてお伝える。
出演 松﨑 丈さん(宮城教育大学 准教授)。松﨑さんは熊本の聴覚障害者の支援にも関わっている。
現地の状況を伝えるとともに、東日本大震災で支援活動を経験した立場から、松﨑さんの話がある。



広報Y.T

広報部
2016/04/22.Fri

4月11日 月曜夜の部 学習風景

キャプチャ
>>続きを読む
月曜夜の部
2016/04/22.Fri

“日本初!羽田空港国内線カウンターに遠隔手話通訳サービスを導入”

“日本初!空港カウンターに遠隔手話通訳サービスを導入”~耳や言葉の不自由なお客様のサポートを拡充~(2016年4月21日『ANA NEWS)

 ANAは2016年4月21日より、福祉ソリューション事業を手掛ける株式会社プラスヴォイス(本社 宮城県仙台市 代表取締役社長 三浦 宏之)の協力のもと、耳や言葉の不自由なお客様に対して、日本初となる空港カウンターにおける遠隔手話通訳サービスを提供することとなりました。

ana.jpg

ana3.jpg

 ANAはこれまでも予約・案内センター等において、代理電話サービスを提供してまいりましたが、耳や言葉の不自由なお客様とのコミュニケーション環境を拡充すべく、今般、このサービスを空港カウンターにも展開してまいります。

 これまで、ANAは耳や言葉の不自由なお客様が空港カウンターで各種手続きや問い合わせをされる場合、筆談ボード等によるご案内をしてまいりました。今般導入する遠隔手話通訳サービスでは、専用のタブレット端末を通じ、オペレーターが、お客様と空港係員のやり取りを手話と音声で同時通訳することにより、お客様と空港係員間のスムースで高品質なコミュニケーションをサポートします。

 このサービスは、まずは羽田空港国内線第2旅客ターミナルに新設されるSpecial Assistanceカウンターに導入され、その後、順次国内空港に展開する予定です。

ana2.jpg

ANAはバリアフリーの推進を含むユニバーサルサービスの実現に向けて、これからも各種サービスを拡充してまいります。



広報Y.T
広報部
2016/04/21.Thu

2016(平成28)年熊本地震の被災地で「聴覚障害者」がお近くにいるみなさんへ(総務省)

ICTで心をひとつに。力をひとつに。

ict

ict2

2016(平成28)年熊本地震の被災地で「聴覚障害者」がお近くにいるみなさんへ(総務省)

・被災地にいらっしゃる聴覚障害者とのコミュニケーション手段として、スマート フォンの支援アプリ「SpeechCanvas(スピーチキャンバス)」が 無料でご利用可能です。

 SpeechCanvas(スピーチキャンバス)は、聴障者と健聴者との会話を、音声認識技術を使って強力にサポートするアプリです。
 話した言葉が次々と画面上で文字になり、画面を指でなぞれば絵や字がかける。操作がシンプルでわかりやすいから、どなたでも簡単に使えます。
 インターネットがつながらなくても音声認識してくれるので、いつでもどこでも安心です。
 役所での窓口応対や店頭での接客サービスのほか、職場や学校、ご家庭など、生活のさまざまなシーンでお使いいただけます。


さらに詳しく…➡ここをクリック(タップ)

・聴障者が健聴者とコミュニケーションする方法としては筆談が一般的ですが、時間 がかかる、面倒などの理由で、被災地において聴障者と十分な コミュニケーションが行えないことがあります。

・「スピーチキャンバス」は、タブレット端末を用いることで、声がそのまま文字に なります。また、指で書いて会話ができます。

・「スピーチキャンバス」は、事前にインストールしておけば、インターネット環境 がないところでも利用可能です。

・「スピーチキャンバス」は、聴障者の方が頻繁に訪れる事務所や店舗などに設置し て利用ください。

・「スピーチキャンバス」をご利用頂くためには、以下のウェブをご参照いただき、 お手持ちのスマートフォンにダウンロードを行ってください。 http://speechcanvas.nict.go.jp/

スピーチキャンバス➡ここをクリック(タップ)

動画でわかるSpeechCanvas➡ここをクリック(タップ)

・ICTで心をひとつに。力をひとつに。



広報Y.T
広報部
2016/04/21.Thu

児童クラブ始動 聴覚障害児、放課後も仲間と手話で 群馬県内初、前橋「きらきら」

児童クラブ始動 聴覚障害児、放課後も仲間と手話で 群馬県内初、前橋「きらきら」(2016年4月20日配信『毎日新聞』-「群馬版」)

群馬
手話を使ってコミュニケーションする子どもたちと下島恭子さん(手前後ろ姿)=前橋市南町2で

 聴覚障害のある子どもが放課後を過ごすための児童クラブ「きらきら」が今月、前橋市南町2でスタートした。聴覚障害のある子どもに特化した放課後の「居場所」は県内初という。県立聾(ろう)学校(前橋市)から西に数百メートルと立地条件も良く、子どもや保護者からは「学校以外でも手話を使って遊べる場ができた」と好評だ。

 聾学校は県内に一つしかなく、聴覚障害のある子どもが利用できる放課後サービスは少ない。そのため、多くの保護者は子どもの送迎のために、仕事を辞めたり、時間を短くしたりするなどの対応を迫られてきた。

 また、家庭内で子どもだけに聴覚障害がある場合、家族と十分なコミュニケーションを取れないことは珍しくなく、子どもにも、保護者にも、手話で仲間と過ごせる時間と空間が待望されてきた。

 児童クラブを運営するのは、聾学校の保護者らが作ったNPO法人「きらきら」(太田市)。子どもを預かるだけでなく、子どもの送迎にも応じる。

 今月9日、開設したばかりの「きらきら」を訪ねた。木造2階建ての民家を改修した玄関には子どもの靴がずらり。1階の和室で小中学生約10人が、お絵描きや鬼ごっこをして遊んでいた。見守るのは管理責任者の下島恭子さん(45)。手話の研究者で、自身も耳が不自由だ。

 高崎市の中学3年の男子生徒(14)は下島さんと手話で滑らかに言葉を交わしていた。その様子を見ていた母親(44)は「親の手話のレベルがなかなか追い付かないので、息子が手話を使える時間を確保したかった」と話す。

 利用料は、児童福祉法に基づき、所得額に応じて異なる。目安として、1カ月の上限が4600円〜3万7200円など。問い合わせは電話、ファクス共に027・226・6266。随時見学を受け付けている。



広報Y.T
広報部
2016/04/20.Wed

[手話推進の日]学び 使う機会広げよう

[手話推進の日]学び 使う機会広げよう(2016年4月20日配信『沖縄タイムス』-「社説」)

 毎月第3水曜日は、今月施行された県手話言語条例に基づく「手話推進の日」だ。

 最初の手話推進の日にあたるきょう、県はホームページで「おはよう」や「こんにちは」など簡単な手話表現の紹介を始める。込み入った話はできなくても、相手の顔を見て、あいさつを交わせば、互いの距離は縮む。

沖縄県HP「手話推進の日」➡ここをクリック(タップ)

 条例をきっかけに、手話への理解を深め、使用しやすい環境づくりを図りたい。

 都道府県レベルでは6番目となる県の手話言語条例は、前文で「(手話は)独自の語彙(ごい)及び文法体系を有し、ろう者とろう者以外の者が、意思疎通を行うために必要な言語」とうたう。

 関係者が「大きな前進」と喜ぶのは、手話を音声言語の日本語と同じ言語と定めた点だ。

 日本のろう教育は長い間、相手の口の動きを読み、発声訓練を行う「口話法」が中心だった。健常者に近づくことを優先したため、手話を「手まね」と軽んじ、禁じてきた歴史がある。

 聴覚障がい者の間で大切に受け継がれ、発展してきた意思疎通手段にもかかわらず、使用を禁止するのはアイデンティティーの否定にもつながる。

 その流れを変えたのは、2006年、国連で採択された障害者権利条約だ。手話を言語と位置付ける条約で、国内でも11年に改正された障害者基本法に同様の内容が盛り込まれた。

 県条例理解の第一歩は、少数者の文化をはぐくむ手話の重要性に気づくことである。

■    ■

 条例の柱は、手話の普及に関する施策の推進や手話通訳者の養成で、県の責務を明記している。もう一つの柱、学校での取り組みでは、聴覚障がい児が手話を学ぶ機会の保障と、教員の手話技術の向上を求める。

 具体的な施策は、県手話施策推進協議会の審議を経て、年度内に策定される手話推進計画に盛り込まれる。

 現在、県に登録している手話通訳者は64人と少なく、イベントや会議に派遣する絶対数が不足している状況だ。健常者と障がい者をつなぐ手話通訳者の養成は、差し迫った課題である。

 条例が可決された県議会本会議で、議場に手話通訳者が配置されたことがニュースとなった。しかし通訳がついたのは提案理由説明の場面だけ。傍聴希望を受け通訳者を積極的に配置するなど議会のバリアフリー化も急ぎ取り組まなければならない課題だ。

■    ■

 地方自治体で先行する条例づくりとは別に、国主導で手話を普及させる法整備の必要性も叫ばれている。

 「日本手話言語法」の制定を求める意見書は、この春までに、全国の1700を超える全ての地方議会で採択された。

 特別支援学校で必須教科として手話に取り組むなど、教育分野の環境整備で国の果たす役割は大きい。

 より住民に近い地方議会の意見書に表れた民意の重さを受け止めれば、その動きを後押しする手話言語法の制定は待ったなしである。

沖縄県手話言語条例➡ここをクリック(タップ)

全国の手話言語条例➡ここをクリック(タップ)



広報Y.T
広報部
2016/04/20.Wed

名探偵「コナン」&「ちはやふる」下の旬

コナン

シネマサンシャイン衣山
089-911-0066
字幕上映期間;5月8日(日)〜5月11日(水)
fax.089-911-0080

公式HP➡ここをクリック(タップ)



ちはやふる

シネマサンシャイン衣山
089-911-0066
字幕上映期間;5月15日(日)〜5月18日(水)
fax.089-911-0080

みずみずしく体当たり 映画「ちはやふる-下の句-」単独初主演・広瀬すず(2016年4月28日配信『東京新聞』)

 等身大のみずみずしい演技で、不思議な魅力があふれる広瀬すず(17)。やぼったいしぐさも、かわいい顔を台無しにするような表情も「必要なら」と体当たりでなりきる。競技かるたに青春をかけた高校生を描いた映画「ちはやふる」では堂々と単独初主演を務めた。後編「下の句」は29日公開。 

 かるたの札をちゃんと扱うのはほぼ初めて。ましてや秒速で札を取り合う競技かるたで、音を瞬時に聞き分けられる才能を持ち、一目置かれる女子高生役だ。ハイスピードカメラで撮影された本編では、スローモーションで競技の迫力と才能が表現された。だが「数百人の選手役の人と一緒に撮影しているので、フライングはばれちゃうんです」。体重はどう移動すべきか、札との距離は-。主演ドラマの撮影の合間も畳に座り、選手さながらの姿勢を追求してきた。

 撮影中は膝にひどい水膨れができ、青あざも絶えなかった。だが小学二年からの「バスケ少女」は、けがは慣れっこ。「正直、擦り傷みたいなもの。競技かるたをやっている方ならできて当たり前」と淡々と話す。端正な顔立ちだが、白目をむいて寝たり、口を半開きでいびきをかくオヤジくさい主役の特徴も忠実に体現した。「その役柄の特徴なら何でもやる」と肝が据わっている。

 女優業はまだ三年だが抜群な適応力を持つ。昨年カンヌ国際映画祭コンペに出品され、話題となった是枝裕和監督の「海街diary」では一人だけ台本を渡されなかったという。その場で出される指示に柔軟に対応し、自然体で重要な役を演じ、存在感を示した。

 本作も才能を見せた。前編のクライマックスで仲間に抱きつき、歓喜して大泣きするシーン。観客の涙腺を刺激する名演技だが、撮影時はほぼ気持ちの切り替えの時間がない中で一発OKを得た。「役で感じたことを一つずつ思い出していくんです。役の感情をそのまま現場で感じてできる瞬間ってあるんですよ」

 主演映画が大ヒットし、イベントでも大勢のファンが殺到する事態に驚くばかり。「もう意味わかんない」と、うれしそうに笑った。
<ひろせ・すず> 1998年6月19日生まれ。静岡市出身。雑誌の専属モデルから、2013年にドラマ「幽かな彼女」で女優デビューした。15年にドラマ「学校のカイダン」で主演。姉は女優の広瀬アリス。

公式HP➡ここをクリック(タップ)



広報Y.T
邦画日本語字幕上映の案内
2016/04/19.Tue

熊本地震 県ろう者福祉協会など避難所で手話通訳

熊本地震 県ろう者福祉協会など避難所で手話通訳(2016年4月19日配信『読売新聞』)

kumamoto.jpg
ボードを掲げ、聴覚障害者への支援を呼びかける梶原会長(中央正面)と松永常務理事(左)(15日午後2時8分、益城町保健福祉センターで)

 熊本地震で被災した聴覚障害者らを支援しようと、熊本市の県ろう者福祉協会(会員数365人)と県手話通訳問題研究会は、避難所で手話通訳したり、聴覚障害者の自宅を回ったりして様々な相談に応じる活動を始めた。

 同協会の松永朗あきら・常務理事(78)や県手話通訳問題研究会の梶原初子会長(69)ら5人が15日、益城町総合体育館など6か所の避難所を訪れ、「耳の聞こえない人はいますか?」と書かれたホワイトボードを掲げて聴覚障害のある人が避難していないか探した。

 16日には熊本市水前寺の事務所に支援対策本部を開設。17日も町総合体育館や西原村で被災した聴覚障害者の自宅を回った。また、県に対し、避難所への手話通訳者の派遣やボードによる筆談、文字情報の提供などを避難所の開設自治体に要請するよう文書で求めた。

 避難所での炊き出しなどの案内は口頭やアナウンスで行われるため、耳が不自由な人には情報が伝わりにくい。また、会話には手話通訳が必要で、周囲とコミュニケーションを取れずに適切な支援を受けられないケースも多い。

 そのため、同協会によると、避難所ではなく、被災した自宅や車の中で過ごしたり、子どもや友人の家に身を寄せている人が多いとみられるという。同協会は今後も引き続き避難所を回るとともに、自宅訪問にも力を入れていくという。

 松永常務理事は「聴覚障害者が今、どんな支援を必要としているかを把握し、必要な場合は行政につなげていきたい。避難生活もコミュニケーションが取れれば少しは楽になると思うので、気軽に連絡してほしい」と呼びかけている。

 手話通訳の希望は、電話(096・383・5587)、ファクス(096・384・5937)、メール(m-rou@yc4.so-net.ne.jp)で受け付けている。



広報Y.T
広報部
2016/04/18.Mon

月曜昼の部 4月18日 2016年度 第3回学習会

月曜昼の部 4月18日 2016年 第3回学習会

本日出席者21人(内ろう者4人)

1.椿の会「会歌」

キャプチャ

メロディー➡ここをクリック(タップ)

2.手話の体操楽しいな

キャプチャ2

3.学習
次の短い文章を、ろう者に向かって手話表現し、理解できるどうか確認。分かるまでやり直す。
表情。口の形。気持ち。感情の表現が大切。知性と教養より、演技。

キャプチャ3

①私は蛇が嫌い
②新しい服が欲しい
③手話の勉強は楽しい
④あきらめないことが大切
⑤子供の頃が懐かしい
⑤私のお母さんはとても優しい
⑥いつもと違っておかしい
⑦この本はとてもおもしろい
⑧雨で中止なりガッカリ
⑨値段が高くてびっくり
⑩この問題は難しい
⑪子は寒い時でも平気
⑫みんなの意見がバラバラで困る
⑬試験に落ちてショック
⑭このクイズは簡単
⑮その色は珍しい
⑯試験に落ちてショック

ろう者2人に表現してもらいそれを見て手話を復習する。

キャプチャ4

4.ろう者を囲んで3グループで談話(テーマは特にない)

キャプチャ11

5.詩の朗読

キャプチャ8

キャプチャ9

詩集➡ここをクリック(タップ)

6.ろう者の話(タケノコ掘りとイノシシ)

7.暮らしのセミナー案内(胃腸の話)

8.プロ野球公式戦ヤクルトVS横浜観戦記(坊っちゃん球場)
入場券の半券でグランドに入れるイベントがあり、体験。選手になった気分に。とても感動した。

9.ろう協会員から手話言語法(条例)の話。

10.連絡事項

キャプチャ5

キャプチャ6
再募集の案内➡ここをクリック(タップ)

キャプチャ7

11.来週4月25日は、「料理教室」
春野菜を食べよう。4階調理室。集合は9時30分 内容は盛りだくさん。メニューは当日発表。お楽しみに。
参加費500円。締切(キャンセル)は4月23日土曜日までに企画担当へ。持参品は、エプロン・三角布 布巾 ハンドタオル等。

キャプチャ12



キャプチャ10



広報Y.T
月曜昼の部
2016/04/18.Mon

清水 直美 詩集 No14 桜の花


桜の花



広報Y.T
清水 直美 詩集
2016/04/18.Mon

斎藤道雄『手話を生きる~少数言語が多数派日本語と出会うところで~』

書評;『手話を生きる~少数言語が多数派日本語と出会うところで~』(2016年4月18日配信『読売新聞』)

(評・稲泉連;ノンフィクションライター)

さいとう

さいとう2
 斉藤道雄(さいとう・みちお)=1947年山梨県生まれ。元TBSテレビ報道局編集主幹、解説・専門記者室長。TBSに入社した後、社会部記者、ワシントン支局長、『筑紫哲也 NEWS23』プロデューサー等を歴任して2007年にTBSを定年退職。明晴学園の校長を経て、現在は理事長。

世界が反転する驚き

 明晴学園という学校がある。日本のろう者・ろう児の使う「日本手話」で授業を行い、手話を身に付けた後に日本語を学ぶ――そのような「バイリンガル教育」を実践する日本唯一の学校だ。著者はその創立から深くかかわるジャーナリストで、内側と外側の双方の視点から、国内外の教育の歴史、論争、そのなかで「手話」がどう扱われてきたかを描いている。

 本書を読み始めるとき、私はこの本がろう教育のあり方を問うノンフィクションなのだと思っていた。もちろんそれは本書の重要なテーマの一つなのだが、読み進めるにつれてすぐに、これは自分たちの生きる社会そのもの、そして「言葉」の成り立ちを描いた複眼的な作品なのだと思うようになった。

 普段、私たちが目にする「手話」の多くは、発話される日本語を手話単語に置き換えた「日本語対応手話」と呼ばれるものだ。日本手話はそれとは似て非なるもので、あらゆる感情や概念を自由に表現できる自然言語だという。国や地域によって違いがあり、それぞれの場所にろう者のコミュニティーから自然に生じた手話がある。つまり、「聴」の世界の言葉に対して、「ろう」の世界にも同じように豊かな言語空間が広がっているというわけだ。

 著者は手話を自然言語として見つめると、聞こえないことが乗り越えるべき「障害」ではなくなることを、多様な取材を通して鮮やかに描き出す。手話を用いて生きる人々が、この社会の少数派として捉え直されるのだ。一人のろう児による冒頭のモノローグ、続けて「手話が現れるとき」と題する第一章をまずは読んでみて欲しい。私はそこに世界が反転するような驚きを覚えた。

 人はどのように言葉を獲得するのか。その言葉によって、子供たちはいかにして心の成長を遂げていくのか。言語、文化、教育――いくつもの命題が響き合う豊饒ほうじょうな一冊だ。

明晴学園HP➡ここをクリック(タップ)

 みすず書房 2600円
聞こえないこと。それは必死に受容し、克服すべき障害ではない―手話と日本語のバイリンガル(二言語話者)教育を掲げる明晴学園から見えてくる手話とろうの豊かな世界

目次
【二つの世界――はじめに】
【1.手話が現れるとき】ろうがいい/朝の会/手話の学校/幸運な出会い/読売新聞紙上の論争/授業参観の日に/権威の衣/ミラノ会議/手話によるインプット/トータル・コミュニケーションの台頭
【2.自然言語としての手話】ストーキーの発見/自然言語に優劣はない/民間信仰から言語科学へ/二言語基底共有説/バンクーバー決議/ことばの里親/ランゲージ誌論文の波紋/人工内耳を生かす自然手話
【3.ろう者の手話と聴者の手話】八潮「たんけん」/手話付きスピーチ/日本手話の発見/日本語対応手話の席巻/頭のなかの言語/変化の兆し/手話を生きる
【4.手話本来の姿を見る】和光大学での論争/人権救済の申し立て/内からの否定/フリースクールへの胎動/龍の子学園/教育特区のもとで/よみがえる手話/伏流の文化言語モデル/ろう社会の混乱/先端の手話言語学/手話はローコンテキストか/ジョイスに手話を
【5.手話言語の試練】サケのピリカ/感覚のポリティクス/日本語中心主義/二つの言語のはざまで/私たちは何をしたのか
【あとがき】



広報Y.T

広報部
2016/04/16.Sat

みんなで手話学ぼう

みんなで手話学ぼう(2016年4月15日配信『読売新聞』ー「群馬版」)

群馬

群馬2

群馬3
県手話言語条例を広めるために作られたパンフレット
 
◆県、条例普及へパンフ

 群馬県は、昨年4月に施行された県手話言語条例を知ってもらおうと、パンフレット「県手話言語条例制定 みんなで手話」を作った。

 表紙には、県のマスコット「ぐんまちゃん」が指をくるくる回して「手話」を表現している姿と、「普及」「尊重」「共生」「理解」を手話で示している人たちのイラストを掲載。手話は独自の言語であり、県が普及の責任を負っていることなど、条例の内容を分かりやすく解説している。

 日常生活で使える簡単なあいさつの手話をイラスト付きで紹介し、動画をスマートフォンなどで見られるようにQRコードも載せた。手話を学べるサークルの一覧もある。

 1万部を用意し、県内の各保健福祉事務所などで無料配布している。県のウェブサイトから取り込むこともできる。

 問い合わせは県障害政策課地域生活支援係(027・226・2638)へ。

パンフレット「県手話言語条例制定 みんなで手話」➡ここをクリック(タップ)



広報Y.T
広報部
 | ホーム | Next »