2015/09/29.Tue

料理の作り方

9/28 月昼報告です。

参加者21名(内ろう者3名)

9/7に料理教室を開きましたが、その時のレシピを使って通訳練習をしました。

メニューは、きのこの炊き込みご飯、豚しゃぶきゅうりコチュジャンサラダ、なすの揚げびたし、にんじんしりしりー、あずき白玉でした。

元会長Kさんの表現が素晴らしかったです。分かりやすいのはもちろんですが、とても惹きつけられました。

経験豊富な方々の手話を見れる椿の会は、魅力的ですね〜。


月曜昼の部
2015/09/28.Mon

学習会・行事予定

2015年10月学習会・行事予定

学習会

学習10月
12日は、体育の日で月昼・月夜ともにお休み。

行事

行事10月



広報Y.T


学習会・行事予定
2015/09/26.Sat

県立ろう学校 手話甲子園V - 全国高校生本大会

県立ろう学校 手話甲子園V - 全国高校生本大会(2015年9月23日配信『奈良新聞』)

 手話を使いながら歌や劇、ダンスなどを披露し、正確さや表現力を競う「全国高校生手話パフォーマンス甲子園」の本大会が22日、鳥取県米子市で開かれ、奈良県立ろう学校が初優勝した。開催は昨年に続き2回目。

 演劇部員5人で耳の不自由な人々の内面世界を手話劇で描いた。障害の壁がない世界を夢見る気持ちを、ジョン・レノンの名曲「イマジン」に乗せて手話で表現すると、観客らは両手を顔の前で水平方向にひらひらと回す手話の拍手で応えた。

 部長を務める2年生の伊藤鮎美さん(17)は優勝が決まった後、「うれしさで演技後よりも膝がガクガクです」と喜んだ。

 昨年に続き、全国で初めて手話を言語として認める条例を制定した鳥取県での開催。応募47チームから選ばれた14都道府県20チームが出場した。

 準優勝は三重県の三重高、松坂工業高、相可高の合同チーム。3位はクラーク記念国際高東京キャンパス。審査員特別賞は石川県の田鶴浜高。



 秋篠宮家の次女佳子さまも出席され、開会式では手話を使って「手話に対する理解と聴覚に障害がある方々に対する理解が一層深まるとともに、この大会がすばらしい思い出となりますことを願います」とあいさつされた。

 佳子さまが公式の場で手話を用いてあいさつをするのは初めて。母の紀子さまや姉の眞子さまも手話を学び、スピーチコンテストの開会式などで披露したことがある。

 佳子さまは、3分弱のあいさつを全て手話とともに行い、「全員が楽しみながらこれまでの成果を十分に発揮することのできる舞台となりますことを期待しております」と述べた。



広報Y.T
広報部
2015/09/24.Thu

愛媛銀 聴覚障害者対応の表示板設置

愛媛銀 聴覚障害者対応の表示板設置(2015年9月24日配信『愛媛新聞』)


ひめぎん
聴覚障害者(右)と筆談ボードでやりとりする愛媛銀行の支店窓口=11日午後、松山市大街道3丁目

 愛媛銀行(愛媛県松山市)は9月から、聴覚障害者と筆談で応対するなどコミュニケーションに配慮することを示す「耳マーク」の表示板を全ての営業窓口に設置した。愛媛銀は「聴覚障害者のお客さまも安心して利用してほしい」としている。

 耳マークは聴覚障害者への理解を広めるシンボルとして、全日本難聴者・中途失聴者団体連合会(東京)が普及に取り組んでいる。

 愛媛銀は本店と全支店(出先も含む)の計114カ所に、耳マークの表示板を設置するとともに筆談ボードを備え付けて対応。今月中旬には窓口業務を担当する約20人を対象に聴覚障害者との円滑なやりとりに向け、研修を実施した。

ひめぎん2

「耳マーク表示板」を全店に設置します!➡ここをクリック(タップ)



広報Y.T
広報部
2015/09/23.Wed

9月16日(水) 豆知識と県名とおしゃべりな水曜日♪

9月16日(水)

9月の学習会の予定は→

DSC01275-1.jpg 朝晩は秋の気配

今日は岡山から松山にお引越しされた、kさんが見学に来てくださいました。
DSC01276-1.jpg
どうぞごゆっくり、水昼をご堪能くださいませ

早速学習会をはじめましょう。
今日は『代表Hさんの豆知識コーナー』から

DSC01277-1.jpg 質問です。この可愛い花の名前、ご存知ですか?

このピンクの可愛い花が咲く植物は「ママコノシリヌグイ」と言います。
漢字で書くと「継子の尻拭い」。
読んで字のごと「継母が、憎い継子のお尻をこの花拭いた」と言われているそうです。
この花、ピンクがとても愛らしいのに、茎の部分には小さな逆向きのとげがびっしり!
この季節、どこででも見かける花だそうですが、私は初めて知りました。

DSC01280-1.jpg もう一つ、この長細い植物は何でしょう?

こちらは『カヤツリ草』。
これも、どこででも見かける雑草なのですが、よく見ると茎がきれいな三角▲なんです。
今日は、このカヤツリ草の茎を使い、水昼の相性占いをしました

2人でそれぞれが両端を持ち、そっと茎を裂いていきます。
裂いた時に、茎がつながって真ん中に四角ができればナイスカップル~

水昼全員で相性占いをやった結果、ナイスカップルは4組でした
DSC01282-1.jpg DSC01283-1.jpg DSC01284-1.jpg DSC01285-1.jpg

続いては、真面目な手話のお勉強を。

いつものように、椿の会制作のテキストを使った学習から。

DSC01291-1.jpg

今日はいろいろな国の名前や県名を。
DSC01288-1.jpg DSC01290-1.jpg

アメリカ、アジア、ヨーロッパ、外国、中国地方、中部地方、四国、などなど。
沖縄県と鹿児島県、熊本県と福岡県、よく似ている表現なので、間違えないように気を付けて。

続きまして、県名ビンゴ
4×4の枠を作り、それぞれ好きな県名を16個記入。
さぁ、最後までビンゴにならない人はだれかな??

DSC01295-1.jpg 最後までビンゴにならなかったのはHさんでした

プチ、罰ゲーム。これから学習担当のAさんが読む文章を、手話表現してください
「私、Hは今日のビンゴゲームで最後になりました。
気持ちを落ち込むことなく、元気に1日を過ごしたいと思います」

最後は、全員が2人ペアになり、自由におしゃべり。
その内容をみなさんにお知らせしました。
・最近の天候不順のせいで、野菜が高い。
・岡山の後楽園、大原美術館はとてもきれい。
・70年前に聾学校を卒業し、その後神輿を作る仕事をした。
・Sさんのご主人はお料理上手。

などなど。
「キャベツ」と「レタス」の違いは?
キャベツは手を重ねて、キャベツの葉が重なる様子を表します。
「レタス」はキャベツと同じ手話で、口形で「レタス」と言う方法と、
キャベツの表現の、片方の手を「れ」の指文字にする方法とがありました。

なるほど。

今日もたくさんの方が学習会に参加してくださいました。
来週23日は秋分の日で、サークルはお休み、次の学習会は30日になります。
お部屋は福祉センター5Fの母子児童交流室になります。
いつもとお部屋が違いますので、間違えないようにお越しください。

30日は、シルバーウィークの楽しい思い出話をいっぱい持ってきてくださいね~。
今の所、予定は娘の運動会だけ・・・・水昼・ブログ担当のWでした








水曜昼の部
2015/09/22.Tue

佳子さまが手話でお言葉 「全国高校生手話パフォーマンス甲子園」(

佳子さまが手話でお言葉 「全国高校生手話パフォーマンス甲子園」(2015年9月22日配信『産経新聞』)

kako1.jpg

kako2_201509221652385d4.jpg
手話でお言葉を述べられる佳子さま

 秋篠宮ご夫妻の次女、佳子さまは22日、鳥取県米子市の米子市公会堂で開かれた「全国高校生手話パフォーマンス甲子園」の開会式に臨席された。

 式で佳子さまは、自ら手話を使いながら「手話に対する理解と聴覚に障害がある方々に対する理解が一層深まるとともに、この大会がすばらしい思い出となりますことを願います」「全員が楽しみながらこれまでの成果を十分に発揮することのできる舞台となりますことを期待しております」などと約3分にわたってあいさつされた。

 佳子さまはその後、客席に移り、高校生らの手話によるパフォーマンスを、時折拍手を送りながら熱心にごらんになった。


佳子さまは「手話に対する理解と、聴覚に障害がある方々に対する理解が一層深まるとともに、大会が素晴らしい思い出となりますことを願います」とあいさつし、すべて手話でも表現した。

 大会には予選を通過した14都道府県の20チームが出場し、奈良県立ろう学校が優勝した。同校は演劇部の生徒5人でろうの世界を表現する劇を披露。部長の伊藤鮎美(あゆみ)さん(17)は「障害に関係なく健常者とわかり合いたい。その思いを伝えられたと思う」と話した。

 準優勝は三重県の私立三重・県立松阪工・県立相可高校の合同チーム、3位は私立クラーク記念国際高校東京キャンパス。審査員特別賞は前回優勝の石川県立田鶴浜高校に贈られた。

 佳子さまは第1回大会にも秋篠宮妃紀子さまとともに出席。この時は紀子さまが手話を交えてあいさつされた。



広報Y.T
広報部
2015/09/21.Mon

佳子さま、鳥取入り

佳子さま、鳥取入り(2015年9月21日配信『産経新聞』&『ニフティ―ニュース』)

 秋篠宮ご夫妻の次女・佳子さまが高校生の手話パフォーマンス甲子園に出席するため、21日午後3時半すぎ、鳥取県の米子空港に到着された。紺色のワンピースにライトグレーのジャケット姿の佳子さまは、集まった200人近くの人々からの歓声に笑顔で応えられた。

 その後、佳子さまは境港市にある玉栄丸慰霊碑を訪問された。玉栄丸は旧日本軍の徴用船で、終戦直前の1945年4月、火薬などを積んで境港に入港した際に突然、爆発事故を起こし、115人の犠牲者を出した。

 佳子さまは、慰霊碑に花束を供え、深々と一礼されました。

佳子
慰霊碑に供花される秋篠宮家の佳子さま

 佳子さまはこのあと、米子市のホテルで開かれた手話パフォーマンス甲子園の出場者らが集う交流会に出席し、手話を使って「お会いできてうれしいです」「がんばってください」と高校生らを励まされた。

佳子さまと手話で会話した1人、鳥取聾(ろう)学校2年生(17)は歓談後、報道陣に感想を聞かれて「佳子さまに何を発表するのかと尋ねられたので劇を披露しますと答えました。佳子さまの手話はとてもわかりやすかった」と話した。

kako2.jpg
佳子さまは全国高校生手話パフォーマンス甲子園の交流会で、出場する高校生と歓談した(中央は平井鳥取知事)

 22日は米子市のホールで行われる開会式であいさつし、境港市の水木しげる記念館を視察した後、民間機で帰京される。



広報Y.T
広報部
2015/09/21.Mon

司会の今井絵理子さんからエール 手話甲子園9月22日開催

司会の今井絵理子さんからエール 手話甲子園22日開催(2015年9月21日配信『日本海新聞』)

 9月22日に鳥取県米子市で開かれる「第2回全国高校生手話パフォーマンス甲子園」の司会を担当する歌手の今井絵理子さんから、出場する高校生への応援メッセージが寄せられた。鳥取県が動画サイト「You Tube」の「手話パフォーマンス甲子園★動画チャンネル」で公開している。

 昨年に続き2年連続の司会。聴覚障害のある長男を育てている今井さんは、第1回大会で手話を流ちょうに使いこなし大役を果たした。動画では「今年も一生懸命頑張った姿を見たいです」と手話と口話で呼び掛け、生徒たちを勇気づけている。

 大会は米子市公会堂で午前9時半から。予選を通過した全国20チームが参加。鳥取県からは鳥取聾(ろう)、鳥取城北、境港総合技術の3校が出場する。

inai.jpg

「手話パフォーマンス甲子園★動画チャンネル」➡ここをクリック(タップ)

息子の耳が聞こえないことが分かった日➡ここをクリック(タップ)



広報Y.T

広報部
2015/09/19.Sat

山梨県内初 手話条例…市川三郷町

山梨県内初 手話条例…市川三郷(みさと)町(2015年9月19日配信『読売新聞』ー「山梨版」)

市川
議場で記念撮影する市川三郷町聴覚障害者協会のメンバーや町議ら

◆普及へ検討会議

 手話の普及や手話が使いやすい環境整備を目的にした手話言語条例案が18日、市川三郷町議会で全会一致で可決された。町によると、同様の条例制定は市川三郷町を含めると全国で19自治体となり、県内では初めて。町は今年度中に聴覚障害者や教育関係者などによる検討会議を設置し、具体的な普及策を練ることにしている。

 条例では、手話について、「聴覚障害者が大切に育んできた言語で、音声言語と異なる言語」と規定。その上で、手話でコミュニケーションを図りやすい環境の構築や、聴覚障害者の自立した日常生活や社会参加の保障、働きやすい環境の整備に向けて、町や事業者、町民が取り組むとしている。

 町は2011年の障害者基本法の改正を受け、14年度から町聴覚障害者協会の協力を得て、富士川町と合同で住民向けの手話講座を始めており、15年度は約25人が参加している。また、同協会からは14年6月、国に対して手話言語法の制定を求める請願が町議会に提出され、今年5月には今回の条例制定の要望が町に寄せられていた。

 町福祉支援課によると、具体策の検討会議のメンバーは、聴覚障害者や手話通訳士、医療や教育関係者、一般公募で選んだ町民など計25人を想定し、人選を進める。会議では、町立小中校での手話学習や、公的機関への手話通訳士の配置、手話通訳士の育成などを検討するという。

 同協会ではこれまで積極的に手話の普及活動を行ってきた。一瀬いと子会長(61)は今回の条例制定を喜び、「市川三郷町で町民みんながお互いに理解し、コミュニケーションができる環境に変えていきたい。これを機に他の市町村にも広まれば」と話している。

みさと
三郷町「議会だより」第39号(2015年5月1日)





広報Y.T
広報部
2015/09/18.Fri

聴覚障害者 災害時適切な支援を

聴覚障害者 災害時適切な支援を(2015年9月18日配信『東日新聞』)

東日
非常体制の整備推進/アンケートで防災環境調査

東日2
豊橋手話通訳学習者の会 統一ユニも制作

 災害時における聴覚障害者への適切な支援を図るため、ボランティア団体、豊橋手話通訳学習者の会(豊通会)は、耳が不自由な市民に対するサポート体制を整えている。聴覚障害者の生活状況や家族構成などを聞き取るアンケートを行い、防災環境を調査。災
害時に支援者となる豊通会メンバーが着用するユニホームも制作し、非常時に備えている。

 豊通会は、豊橋市聴覚障害者協会(豊聴協)の会員にアンケート調査を実施。会員の在住校区を把握し、同居する家族構成や非常時における支援者の有無などについて回答を得た。アンケート結果から、第一次指定避難所に集まる聴覚障害のある会員と、手話が可能な豊通会メンバーの行動を照合。手話通訳者が不在となる避難所や、被災時における支援の緊急度などを確認した。

 会員の中には、同居家族も耳が不自由な世帯もあり、アンケートでは災害情報の受け取り手段なども調査。各会員の生活環境を把握し、適切な支援を行う準備を進めている。豊通会の平松靖一郎会長は「アンケートを行うことで、各会員の防災意識が高まる効果にも期待している」と話す。
自助意識向上で迅速対応可能に
 豊通会は昨年8月、市内の第一次指定避難所に「避難所絵カード」と「コミュニケーションボード」を寄贈。聴覚障害者が、避難所の指示を理解して意志疎通を図るため、手作りのカードとボードを贈った。今年夏には、同会の名を記した紫色のジャンパーを制作。手話通訳者であることがひと目で判明できるよう、メンバーのユニホームを統一した。

 カードには「食べ物を配ります」、ボードには「名前は何ですか?」などと記されている。聴覚障害者は外見からは耳が不自由であることが判明しづらく、避難所で配給品を受け取れないなどの事態が懸念される。そのため豊通会は本年度中に、カードとボードを第二次指定避難所99カ所にも寄贈する予定。

 今年4月時点で、同市内には聴覚障害のある市民880人が在住。豊通会は、支援を行う手話通訳者の養成や増員も図っている。平松会長は「障害者や支援者それぞれで自助意識を高めることで迅速な対応が可能になる」と災害と向き合う心構えを語る。



広報Y.T
広報部
2015/09/17.Thu

全日本ろうあ連盟;手話言語法制定を求めるパレード2015夏の陣の動画を公開


全日本ろうあ連盟;手話言語法制定を求めるパレード2015夏の陣の動画を公開(2015年9月17日連盟HP)

 2015年8月28日、全日本ろうあ連盟主催で「手話言語法制定を求めるパレード2015夏の陣」が行われ、1000人前後が集いました。

★オレンジのうちわで、「手話は言語!!」「手話言語法の制定を!」
と熱く訴える動画をご覧下さい★


pare.jpg

 連日の酷暑がうそのように涼しい昼下がりでパレード日和となり、全国から約1000人の仲間が集いました。参加者を3グループに分けて、日比谷公園から国会議事堂まで歩きました。
  衆議院・参議院の議面所では多くの政党への要請を行い、各政党からも実現に向けて頑張りたいとの力強いエールを頂きました。

・日時:2015年8月28日(金)11:50~13:00
・コース:日比谷公園霞門→各官公庁前→国会議事堂前→旧永田小学校裏(流れ解散)

パレード動画➡ここをクリック(タップ)

「手話言語法制定を求めるパレード2015夏の陣」の写真レポートも合わせてご覧ください。



広報Y.T

広報部
2015/09/17.Thu

佳子さまが出席 高校生手話パフォーマンス甲子園

佳子さまが出席 高校生手話パフォーマンス甲子園(2015年9月16日配信『日本海新聞』)

 鳥取県は15日、秋篠宮家の次女佳子さまが22日に米子市で開催される「第2回全国高校生手話パフォーマンス甲子園」に出席されると発表した。

 佳子さまは昨年の第1回大会も出席し、県訪問は3回目。昨年は紀子さまと一緒の訪問だったが、1人での県内公務は初めてとなる。

 県によると、佳子さまは21日午後に米子鬼太郎空港から県内入りし、境港市大正町の玉栄丸慰霊碑に供花された後、米子市内のホテルで行われる 手話パフォーマンス甲子園の交流会に出席される。

 22日は、米子市公会堂で行われる手話パフォーマンス甲子園の開会式でお言葉を述べ、予選を勝ち上がった14都道府県の20チームが繰り広げるパフォーマンスを観覧。その後、境港市の水木しげる記念館を視察し、米子空港から帰路に就く。

 佳子さまの県訪問に寄せて平井伸治知事は「県民と共に心から歓迎申し上げる。全国の高校生の励みとなり、手話の理解と普及がわが国で広がる大きな力となる」とのコメントを出した。

手話パ

大会プログラム➡ここをクリック(タップ)



広報Y.T
広報部
2015/09/15.Tue

障害者差別解消法施行まで半年 愛媛県関連条例未制定

障害者差別解消法施行まで半年 愛媛県関連条例未制定(2015年9月14日配信『愛媛新聞』)

 障害を理由とする差別的な取り扱いの解消を行政や企業に求める「障害者差別解消法」の2016年4月施行まで約半年となった。法は障害の有無に関係なく人格と個性を尊重しながら共生する社会の実現を目指す。一方、障害者差別解消に関する条例の制定は4月現在、11道府県にとどまり、愛媛は制定していない。17年に愛媛国体・全国障害者スポーツ大会を控えている県内でも制定を求める声が上がっている。

 法は障害者が利用しにくい施設や制度、健常者のみを念頭に置いた慣行などの「社会的障壁」を除去するよう自治体に求め段差の解消や筆談、読み上げなどは「合理的配慮」として過度な負担にならない範囲で対応するよう義務化。企業は努力義務にとどまる。

 7日に松山市で開催された県障害者施策推進協議会では、出席者らから愛媛国体や全国障害者スポーツ大会までに県条例の制定を求める声が相次いだ。

障害者差別解消法➡ここをクリック(タップ)

内閣府;障害者差別解消法リーフレット➡ここをクリック(タップ)



広報Y.T
広報部
2015/09/12.Sat

暮らしの中でいかすふろしき

9月9日日(水)

9月の学習会の予定はこちら

朝晩に、少し秋の気配を感じるようになった9月2回目の水昼は、
京都ふろしき研究会の認定講師でもあります
小椋多代(おぐらかずよ)先生をお招きしての、ふろしき講習会
「 ~ 暮らしの中でいかすふろしき ~ 」を開催しました

DSC01214-1.jpg お気軽にどうぞ~

小椋先生は、NHKの番組に生出演されたばかりですので、
ご覧になった方もたくさんいらっしゃるのでは?

DSC01215-1.jpg まずはリラックス。
手をあげて~グーパーグーパー

さぁ、みなさん好きな柄のふろしきを選びます。
DSC01240-1.jpg

ふろしきと言うと、無地だったり和柄だけを思い浮かべますが、今はオシャレ
和柄はもちろん、花柄、水玉、幾何学模様、チェックなど、洋風な柄のものもたくさん!
どれを使おうかと、たくさんのふろしきを見ているだけでも楽しくなってしまいます。

ふろしきを選んだら、早速使ってみましょう。

まずは、一番よく使われているサイズのふろしきを使ってバックを作ります。
「ひとつ結び」「真結び」の2つの基本の結び方を覚えましょう。
DSC01220-1.jpg 真結びです。

この2つの結び方の組み合わせで、ふろしきがいろいろなものに変身します。

最初は『シンプルバック』
ふろしきの、隣り合う角を真結びするだけ。
それだけでバックになっちゃいます。
1枚の布から、あっという間に出来上がったバッグですが、収納力も抜群です

この包み方から、スイカがすっぽり入る『スイカ包み』にもすぐ変わります。

少し結び方を変えれば、こんな可愛い『巾着型』にもなりますよ~
DSC01235-1.jpg 浴衣を着たときにも似合いそう。

DSC01225-1.jpg DSC01228-2.jpg

みなさん、先生に教わりながら楽しそう!

ここで、ちょっと豆知識を。

ふろしきにはいろいろなサイズがあります。
私たちが普段、一番よく目にするサイズは、60㎝や75㎝のものになります。
大きさが50㎝以下のものを「小ふろしき」
90㎝以上のものは「大ふろしき」と呼ばれます。
一番大きな風呂敷になると、一辺が230㎝になるものもあるのだとか。

ふろしきの模様で、すぐに思いつくのが唐草模様ではないでしょうか?
私のイメージだと、泥棒が背中に担いでいる映像が目に浮かぶのですが
実は唐草模様というのは、とてもおめでたい柄なのだそう。
名古屋のお嫁入りでは、唐草模様の大きな風呂敷に、布団を包み嫁いでいたそうです。


では、講習に戻りましょう。

DSC01239-1.jpg
これは、自分のバッグにふろしきをかぶせて結んだもの。

1枚ふろしきをまとうだけで、バッグのイメージが大変身!
ふろしきの柄を変えれば、バックをたくさん持っていなくても、
日替わりで違うバッグを持っている気分になれるかも

DSC01255-1.jpg ティッシュbox包み。味気な箱のティッシュが、オシャレに変身します。

DSC01259-1.jpg ペットボトル包み。水筒も包んでみました。

DSC01242-1.jpg 4つの角をひとつ結びするだけで、帽子の出来上がり~

どうですか?
たかが「ふろしき」されど「ふろしき」、タンスの中で眠らせておくのはもったいないと思いませんか?
季節に合わせて、気分に合わせて、もっと気軽に生活の中に取り入れてみたくなりました

ここで先生からのおススメの1枚をご紹介しておきます。
『超撥水加工されているふろしき』があるのをご存知ですか?
なんと、このふろしき、水を持ち入れて運べるのだそう!
バケツ1杯分程度の水を運べるので、例えば災害時や緊急時にも役に立ちます。
水が運べるほどの撥水力を持ちながら、水を入れた状態で絞ると、
水がシャワー状に出てくるのです。

これ、すごい!
もちろん、水を入れるだけでなく、バッグに1枚入れておいて、
突然の雨の時に雨除けに使ったり、寒いときに肩から羽織ったり。
私も調べてみましたが、3000円台くらいから購入できます。
ハンカチと一緒に、1枚バッグに忍ばせておくといいかもしれません

参加したみなさんの感想です。
・とっても楽しかった。タンスから出して、どんどん使いたい。
・帽子がかわいかったので、今度孫が遊びに来た時に、作ってかぶらせたい。
・友達の結婚式のお祝いに、ふろしきを贈りたい。
・「心をこめて包む」という、その気持ちを大切にしたい。

などなど。
参加された皆さんも、大満足の2時間だったと思います。
皆さま、どうか忘れないうちに、お家にあるふろしきで、バッグやティッシュbox包、試してみてくださいね~

最後に、先生と記念撮影。
DSC01273-1.jpg はい、にっこり~~~

ユーモアたっぷりのお話と、魔法のようなふろしきの使い方を教えてくださり、
本当にありがとうございました

今度の敬老の日のプレゼントに、超撥水加工のふろしきをプレゼントしたいと思っている
ブログ担当・Wがお届けしました。
また来週~

水曜昼の部
2015/09/11.Fri

聴覚障害者の生活改善 NPO理事長が9月13日(大分)

聴覚障害者の生活改善 NPO理事長が13日(2015年9月11日配信『毎日新聞』-「大分版」)

 聴覚障害者の生活改善に取り組んでいる東京のNPO「ベターコミュニケーション研究会」の中園秀喜理事長が13日、大分市大津町の県聴覚障害者センターで「人と世のために 病院を情報バリアフリーに」と題して講演する。入院中の病院で「情報のハンディキャップ」に苦しんだ経験をもとに、医療現場での情報保障のあり方などについて話す。

 中園さんは大分市出身。3歳の時に病気で失聴した。約10年前にがんの手術で入院した際は、待合室で名前を呼ばれても気づかなかったり、医師との意思疎通が難しかったりと苦労の連続だったという。その時の体験に基づき「拝啓 病院の皆様」を出版した。

 また東日本大震災後には、聴覚障害者だと周囲に知らせるための「お助けシール」を開発するなど、「情報のバリアフリー化」を目指して活動している。

 講演会を企画した県要約筆記サークル「陽ざしの会」の野上千賀子さんは「聴覚障害者のために工夫している病院もあるが、まだまだ少ないのが実情。病院関係者にもぜひ参加してもらいたい」と呼びかけている。午後1時半〜3時半。手話通訳と要約筆記付き。聴講無料。

beta.jpg

ベターコミュニケーション研究会HP➡ここをクリック(タップ)



広報Y.T
広報部
2015/09/09.Wed

9月9日の学習会

今日の水夜の学習会は。。

前半は、ここ1週間の出来事ということで。。皆さんに一人ずつ言って貰いました。


後半は。。”記憶力に挑戦!しりとりゲームをしました。。なかなかおもしろかったです。


このゲームは単語を覚えるには良いゲームだと思いました。     水夜 H.N
水曜夜の部
2015/09/08.Tue

ドンドコ強く 息ぴたり…聴覚障害者ら21日、太鼓公演

ドンドコ強く 息ぴたり…聴覚障害者ら21日、太鼓公演(2015年9月8日配信『読売新聞』)

太鼓1
互いのリズムを確かめながら音を合わせる「天手鼓舞」のメンバー(広島市内で)

 聴覚に障害のある人たちで作る太鼓グループ「天手鼓舞てんてこまい」が、広島市中区のJMSアステールプラザで9月21日に開かれる「日本ろう者太鼓同好会広島公演」への出演に向け、仕上げの練習に励んでいる。

 公演では天手鼓舞の13人が「足音」「勇鼓」の2曲を披露する。1曲は5分ほどだが、聴覚障害者は周囲と音を合わせることが難しく、2年がかりで演奏できるようになった。

 見せ場はパスを回すように順番に叩くパート。メンバーは腹に響く振動を頼りに、2人1組で互いのリズムを確認し合い、少しずつ音を合わせてきた。会社員の木村直貴さん(24)は、仕事の合間を見つけてチーム練習に参加。「音色がきれいか、私にはわからない。ただ強弱で表現する流れるような響きを感じてほしい」と意気込みを語った。

 公演は全国から9チームが参加。開演は午後1時で前売券は一般1500円、中学生以下600円。問い合わせはファクスで天手鼓舞事務局(082・578・6203)へ。

太鼓

天手鼓舞HP➡ここをクリック(タップ)

日本ろう者太鼓同好会HP➡ここをクリック(タップ)



広報Y.T
広報部
2015/09/07.Mon

手話条例について学ぼう

こんばんは~。今日は19人の参加がありました!その内、協力者さん7人、見学者1人でした。

まずは、前回の単語の復習、新しい単語の学習。

今日も難しい単語ばかりだったので、短文作成の代わりに単語を指文字で表しました。

今日趣向を変えて、手話に関するお勉強。

今日の愛媛新聞の記事に「手話条例 整備進む」というのがありましたので、

その目的や、鳥取県が全国で初めて制定したこと、現在18県市町で施行されていることなど、

手話を取り巻く環境について学びました。

「全国高校生手話パフォーマンス甲子園」というのも開催されているようで、

動画サイトなどでその様子が見られるみたいですよ♪
月曜夜の部
2015/09/07.Mon

月昼の部 料理教室 9月7日

今日は、CMソングの日

 1951年のこの日、初めてCMソングを使ったラジオCMがオンエアされた。小西六(現・コニカ)の「さくらフイルム」のCMだったが、歌の中に社名・商品名は入っていなかった。

0907-9.jpg

0907-1.jpg

0907-2.jpg
有機栽培の大政農園からの差し入れ。なすび、玉ねぎ、にんにく。農薬を使っていないので、安全なうえに、ものすごくおいしい。
野菜本来のうまさを再認識。本当に有難うございました。

0907-3.jpg

0907-4.jpg
0907-10.jpg

0907-6.jpg

0907-11_20150907164716ce4.jpg

0907-12.jpg

0907-5.jpg

0907-14.jpg


0907-7.jpg

0907-13.jpg

0907-8.jpg
いただきます。満足です。

企画担当のO&Mさん、ご苦労さまでした。レシピを作成していただいたAさん、ありがとうございました。

レシピ➡ここをクリック(タップ)



広報Y.T




月曜昼の部
2015/09/07.Mon

毎年恒例の『いも炊きパーティー』  2015年9月6日

 毎年恒例の『いも炊きパーティー』  2015年9月6日

いもたき2

いもたき
 
 今年も恒例の秋の月見を兼ねての「いも炊きパーティー」の日がやってきました。場所はいつもの重信川河川敷・出合橋下。

 あいにくの天候で、雨が心配でしたが、何とか降られず済みました。月見は次のお楽しみ! 雨女なではなく、晴れ女(元会長・現顧問)のおかげです。来年の参加も宜しくお願いしますと会長。来年は招待??

 最初は全員が手話で自己紹介。それぞれ鍋別に談笑。いろんな話ができて、楽しいひと時を過ごすことができました。

 企画や準備をしていただいた、企画部長や会長に感謝です。ごくろうさまでした。そしてありがとうございました。


いもたき3

いもたき4

 涼しくなった秋の河原で、大鍋で煮込まれた「いも炊き」を囲んで、月見を楽しみ、酒を酌み交わす風流な行事は、秋の伊予路の風物詩になっていますが、その起源は、藩政時代に大洲藩で行われていた「お籠(こも)り」と呼ばれる、親睦行事といわれています。

 調理法は、砂糖や薄口醤油、塩、みりんであっさりと上品に仕上げただし汁に下茹(ゆで)でした里芋を大根、鶏肉、タコや油揚げ、椎茸、コンニャク、ネギ、ニンジン、うどん等をいれ大鍋で煮込むだけ。

 重信川では、出合のほか、森松、砥部、横河原の4箇所で、開催され毎年数万人の人手があるといわれています。

 ついでに、重信川の「重信」とは、松山城の南麓を流れる湯山川(現・石手川)の流路を変更し、延長8kmにも及ぶ水路が切り開いて、余土(よど)村(現・松山余土町)で伊予川と合流させ、城の堀として活用する等、堅固な築堤と水制工事、城下開発に卓越した手腕を見せた松山藩家老の足立重信からとられました。その合流地点が現在に残る「出合」の地名であり、この重信の偉業により、領内では水害がなくなり、収穫も潤ったといわれています。

 以来伊予川は、現在の名称の「重信川」と呼ばれ、国内でも珍しい「個人の業績を名に残す」川となったと、司馬遼太郎氏は「街道をゆく・南伊予・西土佐の道」で記しています。

 その上流には、松山市民の水瓶である石手川ダムがあり、1994年夏の大渇水時には毎日ニュースで報道され、全国的に有名となりました。


いも炊きパーティーHP➡ここをクリック(タップ)



広報Y.T

広報部
2015/09/06.Sun

9月2日(水) 曇りときどき雨

9月2日(水) 曇りときどき雨

9月の活動予定はコチラ

最近、お天気が安定せず、ぐずついた毎日が続いています。
そんなときは、ぜひ水昼へ遊びに来てください。元気がでますよ~

DSC01156-1.jpg 夏休みも終わり、9月のサークルスタートです♪

今日から新しい仲間、Мさんが加わり、水昼はますますにぎやかになりました。
早速、今日の学習のはじまり~。
DSC01160-1.jpg

まずは脳トレで、頭と手を目覚めさせましょう。
学習担当のAさんとじゃんけん。後出しジャンケンをして、Aさんに勝ってください。

「じゃんけんポンDSC01160-1.jpg

後出しなのに、しっかり負けのパーを出している人がちらほら。
後出しだから簡単~と思われるかもしれませんが、瞬時に頭の中で何を出すべきか考えなければならず、
気を抜くと、すぐ間違えます

頭と手が目覚めたところで、今日も「椿の会」のテキストから、単語&短文の練習です。
DSC01163-1.jpg 今日は仕事に関する単語を。

先生、保育士、医師、会社員、公務員・・・・
いろいろな職種をグループで確認していきます。
その中で、ちょっと迷ったのが「アルバイト」と「パート」
この2つの違いって?
私も明確な答えが分からないので、調べてみました。
・アルバイト・・・・契約期間の制限があり、会社で決められた通常の勤務時間より短い時間働く労働者。
・パート・・・・・契約期間の制限があり、会社で決められた通常の勤務時間より短い時間働く労働者で、
学生など、他に本業があるもの。

これが基本的な違いのようですが、他に年齢や性別、既婚未婚で区別するなどもあるようですが、
求人情報誌が独自で定めた定義のようです。

さて、では手話ではどのように表すでしょう。
アルバイト・・・・・例えば+仕事
パート ・・・・・・時間+仕事
このように表すのが、一般的(?)のようです。

続きまして、「あなたはどちらが好きですか?」のコーナーです。

DSC01170-1.jpg

「カレー」と「ラーメン」
「コーヒー」と「紅茶」
「きつねうどん」と「たぬきうどん」
「パン」と「ご飯」
「都会暮らし」と「田舎暮らし」 松山くらいがいいなあ、という人は、「都会暮らし」になります。
「絹ごし豆腐」と「もめん豆腐」
「卵焼き」と「目玉焼き」 目玉焼きが好きな人は1人!理由は、作るのが簡単だから、という理由でした
「エビフライ」と「カキフライ」 どちらも好きで、選べない~という人、多数!
などなど・・・・・
全員がどちらかに分かれ、それぞれ好きな理由、好き好きアピールを手話で行ないました。

ちなみに、上記は左側に書いた方が多数、右側に書いた方が少数となりました。
みなさんはどちらがお好きですか??

最後の学習は、ちょっと文学的に。
DSC01171-1.jpg 宮沢賢治の「雨ニモマケズ」

これをグループごとに表現します。
DSC01174-1.jpg DSC01177-1.jpg DSC01178-1.jpg DSC01179-1.jpg

文字通りに表すと、意味が通じにくい文章もあり、なかなか難しい学習でした。
内容をよく理解し、きっとこういう事を言っているんだよね、と考えながら
具体的に手話表現したり。
これが正解!というものがないだけに、奥が深い学習となりました。

そして最後に。
Nさんが持って来てくださったとれとれピチピチの夏野菜争奪、
「手話手話じゃんけん」で勝負です
DSC01182-1.jpg
ジャンケンで勝利した方、お野菜は美味しく召し上がりましたか?
Nさん、いつも美味しいお野菜をありがとうございます

●おまけ●
学習会の前に、代表のHさんのお話で、学生たちと一緒にキャンプに行った話題がありました。
キャンプで、みんなを盛り上げようと「キャンプだ!ホイ」という歌を歌ったら、
誰も知らなかったのだそう。
キャンプと言えば、「キャンプだ!ホイ」だと思っていたのだそう。

実は私も、その歌、知りませんでした。
水昼メンバーも、知らない人の方が多かったようですが、みなさんはご存じですか?
気になって調べたところ、キャンプの定番の歌なのだそうです。
YouTubeに音源がありましたので、気になる方はこちらから→


来週の学習会のお知らせです。
来週、9月9日(水)の学習会は、福祉センター4階 調理室にて10時~行います。
調理室ですが、料理は作りません
以前、みなさんに大好評だった「ふろしき講習会」を行ないます。
講師の先生をお迎えし、ふろしきで作る「ペットボトルホルダー」「帽子」「ウエストポーチ」
「ティッシュbox包み」「巾着bag」など、日常でも役に立つ&おしゃれで楽しいふろしきの
活用法をたくさん教えていただきます。

参加費、もちろん無料♪
手ぶらで参加してください。
もし、ご家庭にあるふろしきを使ってみよう!と思われる方は、マイ風呂敷を持参されても、
もちろんOKです。

月昼、月夜、水夜のみなさんも、お時間がありましたらぜひ

たくさんのご参加、お待ちしております。 水昼・ブログ担当Wでした















水曜昼の部
2015/09/06.Sun

手話通訳配置で試行錯誤 ろうあ市議誕生4カ月、明石市会

手話通訳配置で試行錯誤 ろうあ市議誕生4カ月、明石市会(2015年9月5日配信『神戸新聞』)

神戸
明石市会定例会で手話を使って一般質問する家根谷敦子市議=6月22日

 生まれつき耳が聞こえず話せない全国初の市議が明石市に誕生してから約4カ月。市会は本会議や委員会、視察などに公費での手話通訳者を置き、市も市主催の会議への傍聴を希望する場合は通訳者を置く。公式行事以外の議員活動に伴う手話通訳がどこまで公費として支出できるかは決まっていないが、「通常自費を払わずに行える議員活動は、家根谷さんも同じにするのが対等」という意見もある。議員活動をどう見るかにもかかわり、市会が検討を進めている。

 4月の市議選で初当選した家根谷(やねたに)敦子さん(55)。6月定例会では福祉政策充実を求めて手話で一般質問し、通訳者が音声に訳した。7月にあった新潟県などへの委員会視察も通訳者が同行し、現地の高齢者施設職員に、障害者とのコミュニケーション手段などについて尋ねた。

 市は選挙翌日の当選証書付与式から公費負担での通訳者を配置。5月には、本会議や所属する委員会出席に加え、所属していない委員会の傍聴の際も公費で手話通訳者を置くことを決め、通訳者への報償費として補正予算400万円を付けた。

 市は原則として週1回約2時間、市職員が市政の動きなどを報告する際、通訳者を派遣。それ以外の活動については、どの範囲まで政務活動費(月額8万円)を利用できるのかを「本年度内に結論を出す」(議会事務局)としている。
    ◇
 自治会の会合や住民からの相談、地域の祭りでのあいさつ…。健常者の議員なら一人でこなせる行事の数々に、耳が聞こえず話せない議員が、どこまで手話通訳者の公費負担を受けられるのか。

 兵庫県聴覚障害者協会(神戸市中央区)の嶋本恭規事務局長(38)は「健常者の議員が自費を払わずに行える議員活動は、同様にするのが対等だ」と強調。金沢大の井上英夫名誉教授(67)=社会保障法=も「議員として招かれた会合や住民からの相談などは議員活動の一環。明石市は合理的な配慮として公費負担の範囲を広く定めるべきだ」と話す。

 一方、同市内の福祉関係者の一人は「地域の小会合出席などにも公費負担を認めるのは、一般住民の理解を得にくいのでは」と指摘。「手話通訳がない家根谷さんだけあいさつできないのは不当だが、事前にあいさつ文を主催者に渡し、代読してもらうこともできる」と提案する。

 家根谷さんは「あいさつだけなら代読も可能だが、手話通訳を通じてほかの参加者の話を理解し、地域の実情を把握することも大切な活動だ」と主張。自身が筆談より手話が理解しやすいという実情を踏まえ「一定規模以上の会合では公的な制度を利用したい」と胸の内を吐露する。

 1995年から20年間新潟市議を務めている全盲の青木学さん(49)は「政務活動費を使うか、ポケットマネーを使うか、今でもグレーな部分が多い」と語るが、「最終的には有権者や同僚議員に堂々と説明でき、理解を得られるかどうかが鍵になる」と指摘する。

 ▼「筆談ホステス」の場合は・・・

  1歳で聴力を失い、家根谷さんと同じ日に当選した斉藤里恵さん(31)が所属する東京都北区議会。議会はパソコンに入力した文章を音声変換したり、音声を文字に変換したりする装置を約400万円かけて導入した。

 区議会事務局によると、斉藤さんは相手の唇の動きを見て理解したり、筆談を使ったりながら活動しており、区としての特別な支出はないという。



広報Y.T
広報部
2015/09/03.Thu

平成27年度松山市福祉大会

9/3、松山市福祉大会が市民会館でありました。
式典で野志市長が2カ月練習したという手話で挨拶をされました。流暢に表現してるのを見て、忙しい中、練習が大変だっただろうなぁ、と感心しました。行政の長がこのように手話で表現してくれるのは、手話に関わるものとしては喜ばしい限りです。
その後、市長表彰などたくさんの福祉関係者の方々表彰されていました。
講演では、坊ちゃん劇場の劇団員による、トーク&ライブがありました。劇団員の中には、東京、気仙沼など遠方から東温市来てる人もいます。「最近、私、結婚しました!松山籍になりました!」という発表もありました。坊ちゃん劇場を身近に感じた瞬間でした。見奈良の支援学校の生徒たちとの交流もやってました。その生徒である女の子が作詞した「空」を手話コーラスしてるのを見て、感動しました。
手話通訳、パソコン要約筆記が会場の中で違和感なく溶け込んでいるのを感じました。聴覚障害者の支援に関わる人達の頑張りは素晴らしいですね(^^)
会長のつぶやき
2015/09/03.Thu

帯広大谷短大 手話を単位化

帯広大谷短大 手話を単位化(2015年9月3日配信『十勝毎日新聞』)

 帯広大谷短期大学(田中厚一学長)は、手話教育に全学的に取り組む方針だ。今年度の後期から講義を開き、来年度から単位化させる予定。管内では新得、鹿追の両町が既に手話条例を制定、帯広市も条例制定を目指すなど手話を言語として位置付けていく動きがある中で、同短大もこの流れに乗り、地域貢献していく考え。同短大の学生は、4日から帯広を中心に開かれる「第27回全国ろうあ高齢者大会」にボランティアとして参加する。

 全国的に見ても十勝の手話に対する動きは早く、新得町が昨年、全国の町村で初めて条例を制定するなど言語としての重要性が認識されてきている。帯広大谷短大は7月にとかちプラザで開かれた「手話フェスティバルinおびひろ」に参加。学生たちが手話コーラスを披露し、会場を感動で包み込んだ。

 こうした中、同短大は28日スタートの後期から初めて手話の講義を自由開講する。今年度は単位認定はされないが、手話フェスティバルやボランティアなどに参加した2年生にも受けてもらえるよう配慮する。来年度からは一般教養科目として単位化し、正規の講義として設ける予定だ。

 将来的には、福祉や介護など専門職に就く学生だけでなく、日常生活の中でも「手話が使える社会人」の養成を目標に、1人でも多くの学生に手話を身に付けてもらえる環境づくりを目指す。

 手話講義のカリキュラムなどを担当する同短大の岡庭義行副学長は「学生には社会生活のあらゆる場面で、手話を必要とする人に対応できるような社会人になってもらいたい」と期待する。

 一方、全国ろうあ高齢者大会には学生14人がボランティアとして参加する。大会に向けては7月以降、新得町の聴覚障害者養護老人ホーム「やすらぎ壮」(高畑訓子施設長)から、同短大卒業生で聴覚に障害のある伏見景子さん(43)ら職員を講師に迎え、あいさつなどの基本表現を学んできた。大会中は6日に帯広の南町ゲートボール場で開かれるグラウンド・ゴルフ大会で、参加するろう者のサポートをし、その中で手話を使って会話する。

 学生の1人で社会福祉科の岩間太希さん(1年)は「難しいが楽しい。大会でうまく会話できれば」と話している。



広報Y.T
広報部
2015/09/02.Wed

聴覚障害者の「耳」に 愛媛県が補助犬贈呈

聴覚障害者の「耳」に 県が補助犬贈呈(2015年9月2日配信『愛媛新聞』)

聴導犬
 目録を受け取る太田琢磨さん(中央)=1日午後、松山市持田町

 聴覚障害者の日常生活に必要な音を聞き分け、手助けする聴導犬の贈呈式が1日、愛媛県松山市北持田町の県中予地方局であり、愛媛大職員の太田琢磨さん(33)=松山市=に2歳のトイプードル・ベルが県から贈られた。県によると、県内での聴導犬の提供は初めて。

 聴導犬は玄関のチャイムや目覚ましの音を聞き、パートナーに伝える補助犬。太田さんは生後9カ月で髄膜炎を発症し失聴した。米国に滞在中、ホテルで火災に巻き込まれた際、報知器の音が聞こえなかった経験などを通し、聴導犬の利用を決めたという。

 太田さんとベルは1年以上の訓練を経て最終試験に合格し、正式なパートナーになった。自転車の音や大学の授業のチャイムなどをベルが伝えている。

tyoudou.jpg

日本聴導犬協会➡ここをクリック(タップ)



広報Y.T
広報部
2015/09/01.Tue

聴覚、視覚障害者も一緒に映画…字幕・音声案内

聴覚、視覚障害者も一緒に映画…字幕・音声案内(2015年9月1日配信『読売新聞』)

 聴覚、視覚障害者が映画館で一般客と一緒に鑑賞できるように、場面の説明やセリフを字幕、音声で案内する取り組みを、大手映画製作・配給会社4社でつくる日本映画製作者連盟(映連)が始める。

 スマートフォンや眼鏡型の視聴装置などを使う。来年4月の障害者差別解消法の施行に合わせたもので、東京都と埼玉県の3映画館では先行して9~11月、邦画6作品で試験的に導入される。

 聴覚障害者に対しては、眼鏡のように装着すると目の前に文字が浮かび上がって見えるヘッドマウントディスプレー(HMD)と、映画の音声に合わせてセリフなどの字幕を流すスマートフォン用アプリ「UDCast(ユーディーキャスト)」を組み合わせて使用する。

yomi0901.jpg

障害者差別解消法➡ここをクリック(タップ)



広報Y.T

広報部
2015/09/01.Tue

役所窓口で遠隔手話通訳

役所窓口で遠隔手話通訳(2015年9月1日配信『読売新聞』)

 ◇明石市、テレビ電話システム導入

 明石市は31日、出先機関の市民センターなどの受付窓口でいつでも手話通訳のサービスを受けられるテレビ電話システムを導入すると発表した。聴覚障害者が、モニター画面に映った手話通訳士を通じて、窓口の担当者と対話を容易にできる仕組みで、市は「気軽に利用してもらい、聴覚障害者らの社会参加につなげたい」としている。

 聴覚障害者はこれまで、市役所での相談や申請手続きを行うにあたり、自分で手配した手話通訳者を同行させるか、筆談で市の担当者とやり取りするケースが多く、手間がかった。

 市は、2015年4月に「手話言語・障害者コミュニケーション条例」を施行して手話普及などに取り組んでいる。今回は、大久保、魚住、二見各地区の市民センター、総合福祉センターの出先機関と、本庁にそれぞれモニター画面を設置。テレビ電話でつなげて、いつでも手話で対話できるようにする。常勤の手話通訳士に加え、新たに2人を採用し、計3人が交代で役所の開庁時間に対応する。

 テレビ電話を使った遠隔手話通訳サービスは、鳥取県が13年12月に全国で初めて導入。県庁や図書館、JR主要駅などにモニターを設けている。最近は、聴覚障害者が自宅でも利用できるよう、持ち運びできるタブレット端末で通訳者に連絡し、病院の診察日変更などを電話してもらうサービスも始めた。北海道石狩市も昨年9月から鳥取県と同様のサービスに乗り出している。

 明石市では、テレビ電話を固定にするか、タブレット端末にするのか詳細は今後詰める。手話通訳のサービスだけでなく、手話が苦手な聴覚障害者のため、文字と音声を同時通訳できるシステムも導入するほか、市政関連の情報を点字にするサービスの強化なども計画している。9月定例市議会に提出する一般会計補正予算案に関連費558万円を盛り込んだ。年内にサービスを実施する予定。

 全日本ろうあ連盟(東京)の話「聴覚障害者らがサービスを気軽に利用できるようになれば、生活が大きく変わる。明石市の取り組みを各地で参考にしてほしい」と期待している。

手話言語・障害者コミュニケーション条例➡ここをクリック(タップ)



広報Y.T
広報部
2015/09/01.Tue

月曜昼の部 防災の日

昨日の学習会は、恒例の災害に関する手話を習いました。

損害賠償
ライフラインA
ライフラインB
アクセシビリティ
交通機関
電力
節電
節約
暖房
設備
損害

損害2

損害3



防災


月昼ヒゲさんにプロの立場から災害時の備えを教えていただきました。

水を確保しておくのはもちろんですが、一緒に塩と砂糖を備えておくと良いそうです。

塩は生きていく為に必要、砂糖は安心感を得られる、そうです。

ペットボトルに塩と砂糖をくくり付けて、災害が起こった時に、逃げるであろう出口の近くに備えておくと良いそうです。

今日は防災の日ですね。しっかり、備えましょう!



来週(9月7日)は調理室でお料理です。

月曜昼の部9月7日料理教室レシピ➡ここをクリック(タップ)






月曜昼の部
 | ホーム |