2015/04/28.Tue

2015年5月行事予定

gyouji5tuki.jpg

ion11.jpg



広報Y.T

未分類 | Trackback(0)
2015/04/28.Tue

2015年5月学習会予定

学習会5月

ion11.jpg



広報Y.T


学習会・行事予定 | Trackback(0)
2015/04/27.Mon

今日は参加者多数!!

こんばんは!今日はいつもより多く、20人の参加者で、その内、協力者さん8人でした。

まず、前回の単語の復習、新しい単語の学習、単語を使っての短文作成。

そのあと今日は協力者さんも多かったので、4グループに分かれてフリートーク。

GWの予定などなど手話でおしゃべりしました。

最後は指文字の学習。協力者さんが表してくれる指文字をみんなで当てました。
月曜夜の部 | Trackback(0)
2015/04/27.Mon

月曜昼の部 2015年4月27日

月曜昼の部 4月27日 健聴17人 ろう者6人

0427-0.jpg

恒例の椿の会の会歌をアカペラで…

0427hiru-2.jpg


健康体操

指の体操

0427hiru-1.jpg


学習会

1.災害手話を復讐

0413-4.jpg

2.愛媛県の地名 11市 8町

11市  四国中央・新居浜・西条・今治・松山・伊予・東温・大洲・八幡浜・西予・宇和島

9町  松前・砥部・内子・伊方・久万高原・鬼北・松野・愛南・上島
 愛媛の地図にそれぞれの市町を書き込む。

0427-01.jpg

 次にそれを手話で表わす。

3.建物の名前を手話で表現

 郵便局・松山市総合福祉センター・市役所・保険所・合同庁舎・県庁・ハローワーク・警察署・マルヨシ・マルナカ・駐在所・銀天街・伊予鉄高島屋・三越・市駅・大街道・セブンスター・イオン・コミセン・コンヒニ・サークルK・セブンイレブン・ローソン・ガソリンスタンド・銀行・ATM・吉野家・ガスト・丸亀製麺・マック・ミスタードーナッツ・県視聴覚福祉センター・本町・自動販売機・

新しい手話に古い手話それぞれで表現。

休憩

情報提供



0427hiru-4.jpg

それぞれの部位を詳しく説明。

案内

人工内耳友の会ACITA全国大会in愛媛案内

6月13日(土)13;00~ 松山市総合福祉センター1階大会議室 参加費1000円 資料付2000円

naiji.jpg

konndannkai.jpg


 
広報Y.T
月曜昼の部 | Trackback(0)
2015/04/27.Mon

【統一地方選2015】「筆談ホステス」当選 東京・北区議選

【統一地方選2015】「筆談ホステス」斉藤里恵氏がトップ当選 東京・北区議選(2015年4月27日配信『日刊スポーツ』ほか)

斎藤里恵

当選を喜ぶ斉藤里恵氏=27日、東京都北区

 「筆談ホステス」として知られる聴覚障害者の斉藤里恵氏(31。日本を元気にする会)が東京都北区議選で6630票を獲得し、トップ当選した。

 斉藤氏は聴覚障害があり、言葉がスムーズに話せない。街頭では有権者一人一人に駆け寄って握手やジェスチャーなどで支持を訴えた。「バリアフリー社会」「女性の社会進出」などを公約に掲げた。

 27日午前2時過ぎ、開票結果の確定を待ってから北区内の事務所で会見。最多得票について、「まだ信じられない気持ちです」と書き込んだ小型電子ボードを掲げた。

 今後の意気込みについては「私を理解してくださった北区の皆さまに感謝の気持ちでいっぱいです。皆さまのお気持ちを大切にしっかりがんばってまいります」と記した。

 定数40に50人が立候補した。

 聴覚障がい者の北区議が誕生するのは初めて。北区議会の本会議は口頭でのやりとりが原則で、現行の規定ではパソコンや携帯電話など通信機器は持ち込めない。

 議事録には発言したことが記録されるため、言葉が不自由な斉藤氏の受け入れ体制をめぐり、議会の対応にも注目が集まる。

斎藤里恵ほっこり日記➡ここをクリック(タップ)

動画➡ここをクリック(タップ)

◆斉藤 りえ(さいとう・りえ)1984年2月3日、青森県生まれ。31歳。髄膜炎の後遺症で1歳10か月で聴力を失う。「青森一の不良娘」と呼ばれ高校中退。07年単身上京し、銀座の高級クラブでホステスとして活躍。09年に青森観光大使に。14年から東京都北区在住。現在、4歳の長女を育てながら、セミナー講師や執筆活動を行う。



広報Y.T
広報部 | Trackback(0)
2015/04/27.Mon

統一地方選:手話の訴え、聴覚障害持つ母当選…明石市議選

統一地方選:手話の訴え、聴覚障害持つ母当選…明石市議選(2015年4月27日配信『毎日新聞』)

明石
選挙運動期間中、手話を使って支持を訴える家根谷敦子さん

 総じて男性優位の自治体選挙に、女性たちが各地で挑んだ。26日投開票された統一地方選後半戦の兵庫県明石市議選では、無所属の新人、家根谷(やねたに)敦子さん(55)が当選した。生まれつき耳が聞こえず、手話の訴えを娘たちが通訳した。全日本ろうあ連盟(東京都)によると、耳が聞こえず、声も出ない議員は国政も含めて全国で初めてという。

 家根谷さんは会社員を経て1995年の阪神大震災でボランティア活動に従事。その際に災害弱者への支援が不十分だと感じ、明石ろうあ協会事務局で障害者の支援活動を始めた。2007年から明石市の障害者相談員を務めている。

 鳥取県で13年10月、手話を言語と認めて学ぶ機会を保障する「手話言語条例」が施行され、政治に興味を持った。昨秋、明石市で同様の条例の検討会があり、必要性を訴えて実現に奔走。条例は今年4月に施行された。

 「政治の場でも手話を認めてもらおう」と立候補を決意。「手話で演説中」というカードを掲げ、駅やスーパーの前に立った。「障害のある子が地域の学校に通える制度を」「災害時に障害者に情報を伝える仕組みを拡充したい」。次女の智美さん(28)や三女の明美さん(20)が手話通訳を担い、母の思いをマイクで訴えた。

 「本当に議員活動ができるのか」。有権者からそんな言葉も浴びせられた。「障害があってもやれると理解してもらうために決意しました」「手話も言葉です」。支持が広がっていった。演説を聞いた女性が覚えたての手話で「頑張って」と話しかけてくれ、うれしかった。「私の挑戦が後に続く人たちの希望になれば」と戦い続けた。

 家根谷さんは明石市の事務所で深夜、当選確実の知らせを受けると、手話で「たくさんの方の支援のおかげで当選できた。本当にありがとうございました」と何度も繰り返し、支援者らと抱き合って喜んだ。親族から贈られた明石産のタイを高々と掲げ、涙を流しながら「壁はあると思うが乗り越えていきたい」と決意表明した。

 全日本ろうあ連盟などによると、2001年の長野県白馬村議選で聴覚障害の女性が当選して1期4年務めたが、不自由ながらも話すことはできた。耳が聞こえず声も出ない議員は過去に例がなく、明石市議会事務局は本会議での手話通訳者や要約筆記者の配置を検討している。



広報Y.T
広報部 | Trackback(0)
2015/04/22.Wed

「とっとり動画ちゃんねる」

「とっとり動画ちゃんねる」

鳥取県は2013年10月11日に全国で初めてとなる「手話言語条例」を制定した。条例は、県の責務として、県民が手話を学べる機会の確保や、手話を用いた情報発信に努めるといった手話を使用しやすい環境整備の推進を定めている。

 現在、県のネットに「とっとり動画ちゃんねる」を設けているが、この中に手話動画専用ページ「手話チャンネル」を新たに開設し、より効果的な手話の普及を図るものとし、手話に関心や興味のあるかたが集まるような場を提供している。

0422.jpg

0422-2.jpg

0422-3.jpg

手話チャンネル➡ここをクリック(タップ)

 また、毎月、発行しているとっとり県政だよりの中で紹介している手話についても動画で紹介している。2015年4月号は「お姉さん、お兄さん」。

0422-5.jpg

 「お姉さん」は、利き手の小指を立てて上へ上げる。「お兄さん」は、利き手の中指を立てて上へ上げる。

手話動画(県政便り)➡ここをクリック(タップ)



広報Y.T
広報部 | Trackback(0)
2015/04/21.Tue

手話もできる東芝製“受付ロボ”がおもてなし-日本橋三越で「地平(ちひら)アイこ」がデビュー 

手話もできる東芝製“受付ロボ”がおもてなし-日本橋三越で「地平(ちひら)アイこ」がデビュー (2015年4月21日配信『日刊工業新聞』&2015年4月20日配信『毎日新聞』)

aiko2.jpg

aoko.jpg

 “ロボット受付嬢”がおもてなし―。東芝のコミュニケーションロボット「地平(ちひら)アイこ」が20日、三越伊勢丹(東京都新宿区)の日本橋三越本店1階受け付けにデビューした。館内のイベント情報などを、来店者に音声や身ぶり手ぶりで案内する。22日から5月5日までは同店7階で開かれるイベント「未来を遊ぶ with Toshiba」の会場で歌も披露する。
 
 中陽次三越伊勢丹常務執行役員三越日本橋本店長は「東芝と一緒に新しいデジタル技術をプロモーションできるのは幸せ」と、“受付嬢”の活躍に期待を寄せた。徳田均東芝研究開発統括部マーケティング戦略室参事は地平アイこについて「2014年に公開して以来、反響は大きい。生活に真に溶け込んだ存在にしたい」とした。

 地平アイこは手話ができるほか、自己紹介もこなすなど来店客との交流が可能。最近の改良の結果、中国語も話せるようになったという。
 
 地平アイこは、人とコミュニケーションする目的で2012年から開発。身長165センチで、顔や両腕など43カ所を動かして人間のようなそぶりを見せる。名前には、「地球の平和」と、アイデア、コミュニケーションで技術革新を図りたい思いを込めた。受付では、来店客に「ご来店いただき、ありがとうございます」と話しかけながら、腕を動かして店内に誘導する仕草を見せていた。録音した女性の声を合成して発音する。事前に登録した話や動きで来店客の関心を引きつけるが、会話などはできない。



広報Y.T
広報部 | Trackback(0)
2015/04/21.Tue

日本初ろう者による「手話TV」


日本初ろう者による「手話TV」 (2015年4月21日配信『ソーシャル・イノベーション・マガジン Alterna)

go3.jpg
番組MCのアフロ山本さん(左)とあやさん

 いつでもどこでも手話のある社会を作るShuR(シュアール)グループのNPO法人シュアール(神奈川県藤沢市)が1月から、日本初となる手話総合バラエティ番組「GO!GO!しゅわーるど」をインターネット上で配信を始めた。手話人(ろう者)が中心となって、日本語と異なる文法体系をもつ自然言語の手話の世界観を大切にしながら番組の制作・配信を行っていく。番組は、5日、25日の毎月2回配信され、各回15分で構成されている。(フリーライター・今一生)

go2.jpg

go.jpg

 番組の内容はお笑い、クイズ、視聴者参加型コーナーなどの娯楽コンテンツ。音声はないが、字幕が付き、ろう者だけでなく、手話がわからない聴者も楽しめる。聴者が見れば、いささかオーバーにも見える顔の表情や、体全体を使った大きなリアクションも、ろう者独特の文化を思わせる。

 番組の担当ディレクターで、同法人のエンターテインメント事業部に勤務する手話人の今井ミカさんは言う。
 「社会の中でマイノリティになっているろう者には手話を禁止されたり、就ける仕事が限られているなど差別されてきた歴史もあり、ろう者にとっては当たり前の文化も聴者からは一方的に『障がい』として見られがち。生活していて、聴者との間に言語の壁も感じます」

 「ろう者は聞こえないのが当然なので、呼ぶ時に肩を叩いたり、明かりを消すなど独特の習慣や特長、文化があるのですが、既存のテレビ番組にはろう者が関わるものは少なく、字幕を見てもろう文化の人にはわからないことがある。聴者と価値観も違いますし、ろう者が見ると面白いと感じられないのですね。そこで、ろう者同士で共有でき、楽しめる番組を作りたいと思いました」

 4月18日から順次全国公開されている映画「ザ・トライブ」(ミロスラヴ・スラボシュピツキー監督)も、素人のろうあの出演者だけで作られた。セリフも、字幕も、ナレーションも、音楽もない。だが、昨年、カンヌ国際映画祭の批評家週間でグランプリを受賞したほか、世界中で高評価を得た。

 「GO!GO!しゅわーる」も、今後はCM スポンサーを広く募集し、番組の充実、多角化を進めていく予定という。

 「テレビにろう者が出てるのを観て、『ろうでもできる』と夢が持てるとか、聴者が『自分もろう者と話してみたい』と思ってもらえるような変化を起こしたい」(今井さん)

手話TV 「GO!GO!しゅわーるど」ホームページへ➡ここをクリック(タップ)



広報Y.T
広報部 | Trackback(0)
2015/04/20.Mon

4月15日(水) 色とりどりなwednesday(水曜日)!!

4月15日(水) お天気がイマイチな水曜日

DSC09482.jpg さぁさぁ、お気軽に中へどうぞ~

さて、さっそくですが、この植物はいったい何でしょうか?
DSC09485.jpg この葉っぱに見覚え、ある??

皆さんからは、椿? さかきじゃない? いやいや、さざんかでしょ。
といろいろな答えが出てきました。さてさて、正解はいかに??

実はこの葉っぱは、ギザギザな葉っぱでよく知られている「ひいらぎ」の葉っぱです。
ひいらぎと言えば、クリスマスや節分によく見かける葉で、葉っぱにとげがあることから、
魔除けや邪気を払うものとして知られています。
ところが写真のひいらぎ、ひいらぎのチャームポイントでもある棘(とげ)がありません。

じつはひいらぎは、樹齢20年をすぎると次第に棘がなくなりはじめ、
50年を過ぎた老木になると、葉っぱはご覧の通り棘がなくなり円くなるのだそうです。
そんな様子から、
「ヒイラギも人も、歳をとるほそ円くなる」という言葉もあるのだとか。

手話とはちょっと離れましたが、Hさんが紹介してくれた「本日の豆知識」でした。

せっかくなので、ひいらぎも含め、みなさんから出た植物の名前を指文字で!
出来れば両手でやってきましょう
DSC09487.jpg

両手を使って指文字、これ、リハビリでも使われている方法だそう!
脳にもよし、リハビリにもよし、手話にもよし
指文字を覚えたら、「もしもしかめさん」とか「でんでんむし」なんかを歌いながら、
両手を使って練習するといいそうですよ。みなさんもぜひ♪

学習のお話に入る前に、随分長くしゃべって・・・いや書いてしまいました スイマセン

今日の学習は、ずばり「色」!
いろんな「色」の表現を覚え、それから連想するいろいろな「物」の名前も覚えていきました。
DSC09490.jpg DSC09495.jpg

「いろ」という手話は、左手に絵具を持ち、右手でそのキャップをあける感じで表します。(左利きの人は反対の手で)

黒、白、緑、オレンジ・・・・・普段もよく使う色は、長くなるので手話表現は省略しますが、
例えば「むらさき」は、右手で指文字の「む」をつくり、それを口元の左から右へ動かします。
「銀色」は白+お金、「クリーム色」は顔にクリームを塗る様子で表します。

なるほど~

色から想像する「物」も、本当にたくさんの単語があがったのですが、
その中から、いくつかへぇ~と思ったものをご紹介します。

・シンク(流し台)・・・・・・・料理+場所
・喪服 ・・・・・・・黒+服
・マンゴー ・・・・・・・左手でマンゴーの形をつくり、右手を「ま」にしてすくう
・金閣寺 ・・・・・・・金+京都+寺
・ひよこ ・・・・・・・鳥がパタパタしている様子。可愛く動くこと♪ 可愛く、がポイントです
・熱帯魚 ・・・・・・・暑い+海+魚 (これは、グループオリジナル手話表現かも

色に関する単語、今日はたくさん覚えました…はずです、ね♪水昼のみなさん

水昼の学習は、まだまだ続きます。
もう少しだけ、お付き合いくださいませ

次の学習。
「いつ」「どこで」「だれと(自分の名前)」「だれが〈動物)」「何をした」 を一人ずつ紙に記入します。
みなさんが書いた紙をシャッフルし、それをつなげて新しい文章をつくります。
そしてそれを、手話で表現します

次から次へとオモシロおかしい文章が出来上がります。

・ 昨日、スカイツリーで、Sさんとうさぎが泳いだ。
・ 大正時代、土手でFさんとカエルがドライブした。
・ 4月29日に東京で、Kさんとライオンが散歩した。
・ 今日、韓国でNさんと犬がデートした。
・松山で、Nさんと犬がばったり会って、死にそうな悲鳴をあげた。ギャーーーーーーーー

DSC09499.jpg 犬とデートしたNさん

みなさん、ぜひ手話で表してみてください。
「死にそうな悲鳴」これ、難しいですよ~~~~~

最後に、新しく水昼に入ってくださった3名の方の自己紹介です。
DSC09501.jpg
みなさん、どうぞ末永く水昼を、椿の会をよろしくお願いいたします

今回も、随分と長くなってしまいました。
最後までたどりついた方がいらっしゃると信じて・・・・・・
これに懲りず、また次回の水昼ブログに、目を通していただければ、ブログ担当W、大喜びします

みなさんも、ぜひ水昼に遊びに来てくださいね~

水昼・ブログ担当W

水曜昼の部 | Trackback(0)
2015/04/20.Mon

先週は何をした?

こんばんは!今日は16人の参加者で、その内、協力者さん4人でした。

まずはいつもどおり、前回の単語の復習、新しい単語の学習、単語を使っての短文作成。

そのあと、前の週の出来事を一人ずつ前に出て発表してもらいました。

質問も出てきて楽しくお話しできました♪
月曜夜の部 | Trackback(0)
2015/04/20.Mon

月昼4月20日「ゲームと茶話会」

月昼4月20日「ゲームと茶話会」

出席者20名(うちろう者4人)

0420.jpg


ゲーム

2015年度第1回企画

1.風船ゲーム

 2チームに分かれて風船を団扇であおぎながら進み次にバチンタッチ

 次に団扇に風船をに乗せて進む。

 最後は、2人が風船を顔で挟んで進む。

0420-1.jpg

0420-6.jpg



2.チョコレ―トポッキーの輪ゴム渡し

 ポッキーに輪ゴムをのせ次の人に渡す。

0420-5.jpg


茶話会

コーヒーとお菓子で談笑

0420-2.jpg


学習会

手話で新役員についての三択クイズ

生れたところは

1.大三島 2.淡路島 3.松山市 正解は3

淡路島に行きたい動画➡ここをクリック(タップ)

恋しる男性のタイプ

1.松阪桃季 2.ルパン三世 3.東山紀之 正解は2

好きな花は

1.ユリ 2.レンゲ 3.キキョウ 正解は1

(文化部の)伊予万歳の部員数は

1.15人 2.20人 3.11人 正解は3

旧姓は

1.田中 2.松岡 3.木村 正解は2

好きな海鮮は

1.うに 2.まぐろ 3.タイ 正解は1

サークルに来る方法は

1.バス 2.電車 3.自転車 正解は2

髪が短い理由

1.かつら 2.天然 3.めんどくさい 正解は3

今夢中になっているのは

1.料理 2.折り紙 3.手話 正解は2

娘の通っている小学校は

1.道後 2.湯築 3.東雲 正解は2

休憩(10分)

連絡事項

0420-9.jpg


役員の紹介が終わり、次はみんなが手話で自己紹介

0420-10.jpg



広報Y.T











月曜昼の部 | Trackback(0)
2015/04/19.Sun

筆談ホステス、選挙カー&マイクなし 電子ボードで“声”届ける

筆談ホステス、選挙カー&マイクなし 電子ボードで“声”届ける(2015年4月18日配信『スポーツ報知』)

0418.jpg
左;電子ボードを使い選挙戦を展開することを明かした斉藤りえさん
右;斎藤さんの著書とテレビドラマ主演北川景子さん

 東京都北区議選(19日告示、26日投開票)に出馬する「筆談ホステス」こと聴覚障害者の斉藤りえ(本名・里恵)さん(31)=日本を元気にする会=が17日、選挙カーやマイクなどを使わない「音のない選挙戦」を展開することを明らかにした。ウグイス嬢も動員しない。話すことができない斉藤さんは街頭活動では、小型電子ボードなどを使い、「筆談」で支援者らと1対1のコミュニケーションを図るという。

 筆談による接客が人気を呼び、銀座の高級クラブでNO1になり、2009年に刊行した「筆談ホステス」はベストセラーとなった斉藤さん。19日から本格的に始まる選挙活動も専ら「街頭筆談」となる。

 1歳から聴覚障害で今も耳が聞こえず、話すこともほとんどできない斉藤さんは、「音を一切使わない戦い」で人生初の選挙戦に挑む。筆談で取材に応じ「私は声を出すことができない上に、区議選ではビラ配布を禁じられている。言語、聴覚障害者は最初から排除されていると思う。この現状に警鐘を鳴らす意味でも新しい選挙の方法を考えました」。選挙といえば、マイクを握り、お願いをするイメージがあるが、今回は一切使用せず、ウグイス嬢や司会者も動員しない。応援議員の演説だけは、例外としてマイクを使う。

 「音のない選挙戦」で武器となるのは、ノートサイズの「小型電子ボード」と裏側にメッセージが書ける枠がある「名刺」。当初、大きなホワイトボードの使用も考えたが公職選挙法に抵触する可能性があり、電子ボードに文字を書き、街頭に集まった支援者らと1対1の「筆談」でコミュニケーションを図っていく。

 都選挙管理委員会によると、「文書図画の掲示」は、主に「選挙事務所」「選挙カー」「候補者が身に着ける物」「演説会場」「選挙ポスター」以外は公選法で違反とされている。ただし、会話の代替として、小型電子ボードの1対1の伝達行為は問題ないという。また、名刺に関しては、ビラのようにばらまくのではなく、あいさつで渡すことは禁じられていない。

 十数人のボランティアらと始めた街頭活動での手応えは上々だ。「口元を見てある程度言葉は理解できる。北区の皆さんは、ゆっくり話してくださる方が多くて優しいです」と笑顔。

 北区選管によると、聴覚障害者の立候補は初めて。仮に当選しても、議会の議事進行をどのように理解し、意見をいかに発信していくかなど課題は残る。だが、「変えていく自信はあります」。握る筆に力がこもった。

 ◆斉藤 りえ(さいとう・りえ)1984年2月3日、青森県生まれ。31歳。髄膜炎の後遺症で1歳10か月で聴力を失う。「青森一の不良娘」と呼ばれ高校中退。07年単身上京し、銀座の高級クラブでホステスとして活躍。09年に青森観光大使に。14年から東京都北区在住。現在、4歳の長女を育てながら、セミナー講師や執筆活動を行う。



広報Y.T
広報部 | Trackback(0)
2015/04/16.Thu

雨のお花見

4月13日(月)城山公園へ桜花見の予定でした

今年は雨が多く、天気も変わりやすい日が続いていました。
昨日の夜から雨が降り始め、朝まで降っていました
朝、起きた時は降っていたのですが、徐々にお日様が見え始め
なんとも決めかねる天気でした。
でも、やっぱり、桜も散っているし、土も濡れているので中止に決定
作業室が開くまでは、椿の会月昼に参加することにしました。
福祉センターの玄関にはろう者のOさんが案内役をかってでて
サークルに参加を呼び掛けていました。

サークルに参加するのが初めてという人もいて、サークルもにぎわっていました。
雨の効用もあったかなぁ

いよいよ、作業室に移り、お弁当・お茶・和菓子と揃ったところでいただきます。
ゆっくり食べた後は、さあゲームです。

今日は2組に分かれて団体戦。
ボール送りです
勝ったチームには賞品がありました。

次は個人戦、
じゃんけんゲーム。
まず、私と勝った人。
それから、今度は負けた人の勝。

ワーワー騒いだところで、終了。

花見④ 花見⑤
写真はもう食べ終わったところ
残念ながらいつも食べるときに、写真を撮るのを忘れて・・・・

ゲームの時には一緒に頑張ってしまって・・・・・・

次には盛り上がっている写真を載せますね

今日の参加はろう者15人 健聴者10人 計25人でした。

雨でも楽しい一日でした。

  手話で話そう会 N



手話で話そう会 | Trackback(0)
2015/04/15.Wed

聴覚障害者の会議参加スムーズに 富士通がシステム開発

聴覚障害者の会議参加スムーズに 富士通がシステム開発(2015年4月14日配信『朝日新聞』)

富士通

キャプチャ

発言内容がパソコンの画面にリアルタイムに文字で表示され、聴覚障害者でも会議に参加しやすくなる=東京都港区

 富士通は14日、耳が不自由な人や言葉が話せない人がスムーズに会議に参加できるシステムを公開した。発言が即座に文章になって出席者全員のパソコン画面に表示されるほか、マウス操作で「わかりました」「待ってください」といった定型文を素早く表示させることもできる。

 どんな内容の話をしているかをソフトが判断し、同じ発音でも最適な単語を表示してくれる。複数の人が同時に発言しても、それぞれの発言を文章にできる。キーボードで文章を修正することもできる。

 人が話し言葉を文字にする要約筆記に比べ、会議の流れをつかみやすく、発言しやすいのが特徴。富士通の担当者は「聴覚障害者の社会参加を切り開く手段にしたい」と話す。5人用のシステム(パソコンやマイクなどはのぞく)で30万円程度。5月中旬から企業や学校向けに販売する。

詳細はホームページへ➡ここをクリック(タップ)



広報Y.T
広報部 | Trackback(0)
2015/04/13.Mon

基本をしっかり

こんばんは!今日は15人の参加者で、その内、協力者さん6人でした。

そして、見学者2人の参加がありました。

というわけで、今日は単語と手話でのしりとりをしました。

会話の基本となる単語の勉強ができました!
月曜夜の部 | Trackback(0)
2015/04/13.Mon

月曜昼の部 15年度第2回学習会 4月13日

月曜昼の部 15年度第2回学習会(4月13日)

本日は、朝から雨もあがり、40名近い人々の出席で会は大フィーバー!! まれにみる盛り上がり!!

0413-01.jpg

0413-02.jpg


1.本年度恒例の「椿の会」会歌を手話付でしかもアカペラで大合唱。しかしそれにしてもいい「会歌」。

kaika.jpg

0413-1.jpg

2.脳トレ健康体操。これも本年度恒例。いつまでも美しく、若々しく、そして健康で!!

3.災害単語学習

0413-2.jpg

液状化の動画➡ここをクリック(タップ)

警報の動画➡ここをクリック(タップ)

避難場所の動画➡ここをクリック(タップ)

屋内退避の動画➡ここをクリック(タップ)

0413-4-1.jpg

0413-4.jpg

4.松山の町名を手話で表現

若人とそうでない人とではろう者の間でも表現方法が大違い。育った環境の違いでしょうか?

大阪から帰郷して来た人は、愛媛の手話をだいぶ忘れ、今は大阪と愛媛の手話のごちゃまじぇとか?!

例えば、(道後)姫塚。地名の由来は、会員の観光ガイドによると、

 姫塚は義安寺の墓地の一番高いところに2つの墓が並んでいる。右側が元寇に際し河野通有とともに敵船を襲撃し、討死にした河野通時の墓、左側(八角形の墓)がその姫の墓である。 
 姫は父を弔うため長く義安寺に留まり、ここで亡くなった。義安寺は禅寺なので、だるまに姫の顔を画いて供養したのが伊予の特産品「姫だるま」の起こりと言われている(「元祖姫だるま」)。
 なお、姫塚は今はこの一帯を指す地名となっている。 

0413-5.jpg

0413-6.jpg

0413-3.jpg

0413-8.jpg


5.最後はろう者による5分スピーチ。聴者は読み取り学習。

5分のところ10分以上の人もおれば、30秒の人も。人それぞれ。人生いろいろ!!

0413-7.jpg



広報Y.T








月曜昼の部 | Trackback(0)
2015/04/12.Sun

手話ガイド始まる 聴覚障害者をおもてなし

手話ガイド始まる 聴覚障害者をおもてなし(2015年4月12日配信『中日新聞』)

金沢でボランティア 「交流図る」意気込み

r2.jpg
手話で金沢の観光案内をするガイドの吉岡真人さん(左)ら=JR金沢駅兼六園口で

 聴覚障害のある観光客を手話で案内する金沢市のボランティアガイド「かがやきR」が11日、活動を始めた。男性ガイド2人が主計町やひがし茶屋街などで新潟県からの女性客4人をもてなした。自治体が手話のガイド事業に乗り出すのは全国でも初めてという。

 紺のジャンパー姿の吉岡真人さん(44)らガイド2人がJR金沢駅兼六園口(東口)を案内した。もてなしドームを指さしながら「金沢は雨や雪が多いので3000枚以上のガラスで覆っています」と手話で説明すると、女性たちは天を仰ぎながらうなずいていた。

 かがやきRは、北陸新幹線の速達タイプ「かがやき」とろうの頭文字「R」に由来。藩政期からの輝きを持つ金沢を楽しんでほしいとの意味が込められている。ガイドの業務は市が市聴力障害者福祉協会に委託。金沢ボランティア大学校の観光コースを修了した聴覚障害者4人がガイド役を務めている。

 案内を受けた新潟県村上市の会社員小池洋美さん(45)は「もてなしドームはジェットコースターのよう。手話で観光の案内してもらえるのはとても助かる」と喜んだ。

 吉岡さんは「ボランティア大学校で学んだ知識を生かして、県外のお客さまと交流を図りたい」と意気込んでいた。



広報Y.T
広報部 | Trackback(0)
2015/04/11.Sat

聴覚障害者に観光案内 金沢

聴覚障害者に観光案内 金沢(2015年4月11日配信『読売新聞』)

r.jpg

 北陸新幹線開業で観光客が増えるのに合わせ、金沢市は4月から、聴覚に障害がある観光客を対象に手話で観光案内をするボランティアガイド「かがやきR」を発足させた。市によると、自治体が手話ガイドを派遣する仕組みを設けるのは全国で初めて。

 手話でガイドをするのは、鴻野一緒さん(71)、宮崎キヨノさん(63)、吉岡真人さん(44)、福村俊彦さん(38)の4人。いずれも、金沢ボランティア大学校の観光コースを修了した同市在住の聴覚障害者。

 事業は、市聴力障害者福祉協会が市から委託を受けて実施する。名称の「かがやきR」は北陸新幹線の「かがやき」にちなみ、Rは「ろう(ROU)」のローマ字表記からとった。かがやきある観光を楽しんでほしいとの願いを込めた。

 同協会では昨年、すでに約30件のガイドを実施。ガイドにあたった福村さんらによると、「何回か金沢に来たこともあったが、説明を受けると伝統や歴史への理解が深まる。また来たい」などの感想があったという。吉岡さんは、「雨で傘を差すと、片手での手話になってしまうのが悩み」としながらも、「由来などを説明、理解してもらうため、手話表現に工夫している。障害があるもの同士の交流もでき、楽しい」としている。

 8日は、ボランティアガイドらが市役所に山野之義市長を訪問し、事業のスタートを報告するとともに、スタッフジャンパーを受け取った。山野市長は「金沢の良さを知ってもらうために活躍してほしい。おもてなしの心で接してください」と激励した。

 11日には新潟からの観光客を初めて案内するほか、5、6月には首都圏からの20~30人規模の団体のガイドも予定しているという。

 ガイドは無料だが、ガイド分の交通費や入場料などの負担が必要。利用を希望する場合は、1か月前までに同協会にファクス(076・233・9011)か、メール(guide@k-deaf.sakura.ne.jp)で申し込む。

かがやきR フェイスブックへ➡ここをクリック(タップ)



広報Y.T
広報部 | Trackback(0)
2015/04/11.Sat

障害持つ大学生、最多1万4000人 

障害持つ大学生、最多1万4000人 2014年5月1日時点(2015年4月10日配信『共同通信」)

syougaigakusei.jpg
syougaigakusei02.jpg

詳細は➡ここをクリック(タップ)(pdf)

 障害のある大学、短大、高等専門学校の学生は2014年5月1日現在で、1万4127人だったこと日本学生支援機構(JASSO)の調査で分かった。13年度から678人増え、05年度に調査を始めて以来、過去最多だった。
 
 JASSOの担当者は「障害者への社会的な理解も深まり、大学の支援体制も整ってきていることで、進学しやすくなっているのではないか」と話している。
 調査には全国の国公私立の全1185校が回答。障害者手帳を持っている学生や、健康診断などで障害があると分かった学生を集計した。

 障害者が在籍していたのは全体の70%に当たる833校。障害種別では、病弱・虚弱が3037人で最も多く、発達障害2722人、肢体不自由2534人、聴覚・言語障害1654人と続いた。

 授業の際に何らかの支援をしている学校は639校。支援の内容は障害に応じて(1)使用教室や座席の配慮(2)聴覚障害者のため授業内容を要約して伝える「ノートテイク」(3)手話通訳(4)休憩室の確保――などだった。
 
JASSOは今後も教職員向けの研修などを実施して、支援体制の充実を図りたいとしている。

日本学生支援機構ホームページへ➡ここをクリック(タップ)



広報Y.T
広報部 | Trackback(0)
2015/04/11.Sat

4月8日(水) 平成27年度水昼、始動!!

4月8日(水) 4月です♪ 春です♪

本日より、平成27年度の水昼の活動が、新役員にて始動です
5人5色の役員で、協力しあって楽しい水昼にしたいと思っていますので、
皆さま、どうぞよろしくお願いします 水昼代表のSさんからもご挨拶♪
DSC09448.jpg

今日は見学の方が4人も来てくださいました。
DSC09450.jpgAさんは、なんと久万高原町からの参加です
遠いところから、ありがとうございます。

本日、22名の参加です。
みんなの親睦をぐっとぎゅっと深めるために、まずは手に手をとって・・・・・
DSC09456.jpg 手をつないで

2チームにわかれ、手をぎゅっ!とにぎり、それをお隣の人へと伝えるゲームから。
いつもは手話で言葉を語る手が、今日はみんなで繋がりぎゅっ→ぎゅっ→ぎゅっ。
単純なゲームなのに、楽しい! 一気に仲良くなれた気がします

負けたチームは、一人ずつ最近の、または今までの一番の失敗話を披露します。

車のエンジンをかけたまま、車をおりてドアを閉めたらロックがかかってしまった!
大切な待ち合わせがあったので、大慌て。息子にSOSをして対応してもらい、事なきを得ました。
・・・・・が、内緒にしようと思ってたご主人にばれてしまいました
お風呂にバスクリンを入れたら、ブクブクと泡立った!洗剤だった。
免許取り立ての頃、病院で駐車しようとしたら、車止めを乗り越えて、壁に激突してしまった
主人のジャンバーを洗濯して干すとき、勢いよくパンパン振ったら、ファスナーが鼻を直撃!
余りの痛さに、ジャンバーを放り出してしまった。
歯医者さんで、診察中に大きな口を開けてたら、診察終わったのに口が閉じなくなってしまった。
恥ずかしくて恥ずかしくて・・・・・
先生が力づくで(?)元通りに直してくださったそうです。

水昼のみなさん、話題に事欠かない方が勢ぞろい。さすがです

さて。ここで手話の単語を。
『失敗』 という手話表現ですが、いくつか表現方法がありました。
・頭をポンとたたく
・開いた左手の手のひらに、右手をグーにして乗せると同時に開く。
・両手をチョキの形にして、鼻の横から両側に広げるようにおろす。

『うどん』
・右手を指文字の「う」にして、うどんを食べる様子を表す。
・右手の親指で食べると「うどん」、小指で食べると「そうめん」

親指の『うどん』は愛媛県でよく使われる表現だそうですよ

続いては、「カップルになって、お互いの事をもっと知ろう
文字カード、または絵のカードを一人1枚持ち、文字カードを持った人が
手話でそれを表し、それに会う絵カードを持った人をみつけてペアになります。
DSC09460.jpg DSC09461.jpg
「くり」の文字カードをひいた私、無事に「くり」の絵カードをもったWさんとペアになりました。

ペアになったら、お互いの似ているところ、似ていないところを3つずつ見つけます。

DSC09465.jpg
一見、なんの共通点がないよう見える二人にも、ちゃんと似ているところがあるのです

男女ペアになったこのお二人の共通点は・・・
・主婦(主夫)
・毎日とっても忙しい
・食べ物の好き嫌い、なし♪

そして似ていない所は。
・走るのが好き、嫌い。
・寒がり、暑がり
・美術館が好き、嫌い

ほほ~ 私達も、お二人の知らなかった一面を知ることができちゃいました。

他のペアのみなさんの似ているところは、
・車の運転が好き ・目がくりくりしている ・実家が農業 ・梅干が好き
・乗り物酔いしやすい ・天ぷら好き ・字が下手 ・長女 ・お酒が好き
・旅行が好き ・身長が高い ・読書好き

などなど。
逆ににていない所は、
・太い、細い ・貯金がたくさんある、ない ・若い、若くない ・指が長い、短い ・孫がいる、いない

みなさん、いろいろな視点で自分とお互いを観察したようです。
今まで知らなかった発見があり、とても楽しかった~

「似ている」という手話は、手のひらを自分の方に向けて、小指と小指をくっつけます。
「似ていない」は、その逆で、くっつけた小指を離します。
他にも、たけのこ、コンビニ、卓球、洋食、和食、スポーツ、などの手話をみんなで練習しながらすすめていきました。

最後は、じゃんけんゲーム!
じゃんけんをし、負けた人は、負けたときに出してた手を使った手話を考えます。
そして次の人と、またじゃんけん。
負けたら手話表現。

パー を使う手話は?
幼稚園、油、(拍手)、桜、花、サークル、手話などなど

グーを使う手話は?
工事、作る、ひげそり、アンパンマン、力、武士、椿、などなど

チョキを使う手話は?
かに、はさみ、新居浜、歩く、(漢字の)井、散髪、などなど

他にもまだまだありますが、とっさに思い浮かばないものです。
もっと脳と手を活性化させなけば!

新年度最初の水昼は、24名もの参加があり、とってもにぎやかに終了しました。
お天気がイマイチでしたが、そんな中でも参加してくださった皆様、盛り上げてくださった皆様、
本当にありがとうございました

ぜひ、来週も水昼に足をお運びください。
新役員一同、首をながーくしてお待ちしております。

そして、すでにこの長文でお気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、
水昼のブログは、今年度もM・Wが担当させていただきます。
無駄に長かったり、写真ばっかりだったり、手話ネタが少なかったりすることも
多々あるかと思いますが、お時間のある方はどうぞお付き合いをよろしくお願いします。

また来週、お会いしましょう
水曜昼の部 | Trackback(0)
2015/04/06.Mon

前週の出来事は?

こんばんは。今日は13人の参加者で、内協力会員さん4人でした。

いつもどおり、前回の単語の復習、新しい単語の学習、

そのあと、復習・学習した単語を使っての短文作成をしました。

後半は前の週の出来事を4人ずつのグループに分かれて手話でおしゃべり。

そのあとグループで話した内容を発表してもらいました。

途中話がいろいろそれながらも楽しく学習できました!
月曜夜の部 | Trackback(0)
2015/04/06.Mon

新年度第1回学習会

月昼2015年度第1回学習会

昨日(5日)の総会で選出された新役員による第1回目の学習会。

まずは、代表・学習・企画・広報の役員が自己紹介と抱負を披露。一生懸命努めますと、みんなやる気満々??!!

プロローグ

2015年度は毎回冒頭で、椿の会「会歌」を手話付で合唱することに。

0406.jpg

会歌のホームページ➡ここをクリック(タップ)

会歌のメロディー➡ここをクリック(タップ)

そのあと、健康体操と脳トレ体操を!!

本日の学習会
040604.jpg

1.ジェスチャーで食べ物をあてる。一種にイメージトレーニング。

 ①バナナ ②味噌汁 ③餅 ④お茶漬け(永谷園?) ⑤ ハンバーガーなどなど

2、災害関連の手話。
040602.jpg
① 災害 ② 被災 ③ 観測 ④ 地震 ⑤ マグネチュード
⑥ 震源 ⑦ 余震 ⑧ 津波 ⑨ 床上浸水 ⑩床下浸水 

 例えば観測は、望遠鏡をのぞきながら焦点合わせるようなしぐさをする。

040606.jpg

動画➡ここをクリック(タップ)

 ろう者3人にそれぞれの手話を披露してもらい、語源をイメージしながらいろんな手話を学ぶ。

休憩

1.会員2名が、ご主人の転勤等で、東京・京都へ転居のため脱退することに。去る人あり。来る人あり。

 転居先でも手話を続けるとのこと。お元気で…

「別れことはつらいけど 仕方がないんだ きみのため」(星影のワルツ)

 後半

1.会員の松野町桃源郷ハーフマラソン出場の話で盛り上がる。見事1時間56分28秒で48位。出場者3000人。中村知事を5KMで地点抜き去る。

2.介護施設入居者の4~6月を訪問者を確定。この際、施設を訪問することとなったいきさつについて元会長から詳細な話を聞く。

3.そのあとはいつものようにろう者と談笑しながら手話を学習する。
040605.jpg
そんなことで新年度第1回は終了。



広報Y.T


月曜昼の部 | Trackback(0)
2015/04/06.Mon

総会

昨日は、総会でした。
2014年度の各学習会(月・昼夜 水・昼夜)
各部(学習、企画、広報)の活動報告
および会計報告がなされ
続いて2015年度の活動計画案
一般会計予算案も可決され
滞りなく総会が終了いたしました。
お知らせ&ご報告 | Trackback(0)
2015/04/03.Fri

「手話法制定を」全国で 全ての都道府県議会、意見書可決

「手話法制定を」全国で 全ての都道府県議会、意見書可決 (2015年4月3日配信『共同通信』)

 手話を言語として認め、使用しやすい環境整備を目指す「日本手話言語法」の制定を求める意見書が全ての都道府県議会で可決されたことが3日までに、全日本ろうあ連盟(東京)への取材で分かった。連盟は「全国からの民意を法制定の追い風にしたい」と意気込んでいるが、国レベルでの動きは鈍い。

 連盟がつくった法案は国や地方自治体に手話の言語活動や文化振興に関する施策を実施する責務を負わせ、手話に関するあらゆる施策の推進を図ることが主な内容。制定により、特別支援学校などで手話を学習するチャンスや、テレビ番組で手話通訳がつく機会の拡充が期待される。

 連盟は各地の聴覚障害者団体を通じて働き掛けを強めており、意見書の可決や請願・陳情の趣旨採択をした地方議会は全体で1700を超えた。秋田や福井、兵庫、大分などでは県内の全ての地方議会で可決されたという。

 首都大学東京の長野基准教授(地方自治)は「意見書は民意の表れ」と指摘したうえで「当事者からの意見聴取などを経て至る可決の過程は、意見書の内容に関する地元自治体の施策を見直したり、住民に知らせたりする契機にもなり得る」と評価する。

 ただ、地方議会での動きと異なり、政府や国会での法制定に向けた積極的な動きはない。内閣府の担当者は「障害者基本計画などで手話普及を進めている」との立場だ。

 連盟は「手話を言語として法的に認めることはろうあ者のアイデンティティーの確立になる。各地からの意見書の重みを感じてほしい」と法制定に向け働き掛けを続ける考えだ。



広報Y.T
広報部 | Trackback(0)
2015/04/01.Wed

2015年度椿の会総会

soukai1520150228.jpg



広報Y.T
未分類 | Trackback(0)
 | ホーム |