2015/01/30.Fri

2015年2月学習会予定

2015年2月学習会予定

gakusyukai2tuki.jpg



広報Y.T
学習会・行事予定 | Trackback(0)
2015/01/30.Fri

2015年2月行事予定

2015年2月行事予定

gyouji2tuki.jpg

その他

2月7日(土)=松山市発達障害者就労支援講演会「1センチでも前え』 13;30~15;10 市総合福祉センター1階大会議室 締切1月31日 無料

2月8日(日)=手話サークル竹の子研修会『手話初めの一歩』 参加料500円

2月22日(日)=火曜会ふれあいコンサート(ゲーム・劇・出し物) 13;30~15;30 市総合福祉センター1階大会議室 無料



3月2日(月)=聴覚障害者の医療と介護を考える会学習会『①COPD(慢性閉そく肺疾患」)とは? ②COPD(慢性閉そく肺疾患」)とお薬』 市総合福祉センター4階中会議室 締切2月23日(月) 考える会会員・県聴障協会会員は無料。その他500円。


 
広報Y.T
未分類 | Trackback(0)
2015/01/27.Tue

「手話言語条例」施行へ 兵庫県篠山市会が手話を学ぶ研修会

 2014年12月、耳の不自由な人が暮らしやすい地域社会を目指す目的で、「みんなの手話言語条例」を制定、4月から施行する兵庫県篠山(ささやま)市の議会が2015年1月26日、手話研修会を開きました。市議が先頭に立って手話を覚えようと企画したといいます。

注;篠山市=兵庫県中東部にある市。1999年4月1日に旧多紀郡篠山町・今田町・丹南町・西紀町の4町が合併し市制が施行された。兵庫県内においては、1967年4月1日に加西市が誕生して以来32年ぶりの市制施行となった。自治体合併による人口4万以上の市制」を全国で初適用、平成の大合併のさきがけとなった。人口43,421人(2014年9月末現在)。平均年齢48.32歳(男46.22 女50.26)。宝塚、伊丹へは片道40〜50分、大阪市内へは1時間程度といった通勤圏。

篠山市手話条例はホームページへ➡ここをクリック(タップ)

条例可決の日の市議会前の情景(動画)➡ここをクリック(タップ)

sasayamasigi2.jpg

sasayamasigi.jpg

sasayamasigi3.jpg

 手話通訳者の市地域福祉課職員2人が講師となり、市議と議会事務局職員が聴覚障害者の不便さやコミュニケーション法などを習い、「お金」「ダメ」などの単語は一般的な身ぶり手ぶりと同じ、また、手話を使う際の注意点として「豊かな表情で」「口を大きく動かす」などとアドバイスを受けた後、実際に「私は篠山市議会議員の○○です」と自己紹介に挑戦。会合などのあいさつで使えるよう練習し、全員の前で1人ずつ披露。さらに「世界のみなさん こんにちは」などと手話で表現しました。

 受講した議員らは「難しかったが、学んでよかった」と話しました。
 
 林茂議長は「議員が率先して手話を使うことで徐々に市民にも広がり、弱者に寄り添う温かいまちになれば」と語りました。



広報Y.T
広報部 | Trackback(0)
2015/01/26.Mon

清水直美 詩集No2

sisyuu20150126.jpg



何よりのすばらしさ

今、身体を動かしている事
文字を書いている事
見ている事
背伸びする事
歩く事、走る事
当たり前の事だけれど
何もかもが、嬉しい
今、ペンを持って書いている事さえ
嬉しくなる
そんな時
健康な身体って
素晴らしいと思う
今、呼吸をしている事
本を読んでいる事
見ている事
欠伸する事
話すこと、食事する事
当たり前の事だけれど
何もかもが、楽しい
今、精一杯、笑顔で頑張っている事さえ
楽しくなる
そんな時
生きているって
素晴らしいと思う
こんな当たり前の事が私にとっては“スゴイナァ”と感じられる
いいえ、感じる事が出来る
こんな当たり前の事を大切にしたいと思う
清水 直美 詩集 | Trackback(0)
2015/01/26.Mon

2015年第1回学習会(1月26日)

2015年第1回学習会(1月26日)

きょうは朝から雨。出席者;聴者16名・ろう者4名(女17・男3名)

「雨ニモ負ケズ、風ニモ負ケズ/雪ニモ夏ノ暑サニモ負ケヌ」

「東ニ病気ノコドモアレバ/行ッテ看病シテヤリ/西ニツカレタ母アレバ/行ッテソノ稲ノ束ヲ負ヒ」…!!

学習会のテーマは、言いかえてみよう。

12601.jpg

2グループに分かれ20分間で考える。そして前でグループ発表。

126.jpg

12602.jpg



参考
いい/良い(よい)
[共通する意味] 物事や行為がすぐれていて正しく、好ましい。
[英] good
[使い方]
〔いい〕(形)▽あの人は本当にいい人だ▽こんなに早朝から練習するなんていい根性をしている▽暑いから外出しないほうがいい▽このスーツはなかなかかっこうがいい
〔良い〕(形)▽善い行いをする▽天気が良い▽けががなくてよかった▽嘘(うそ)をつくのは良くない▽雨が降りそうだから傘を持っていったほうがよかろう
[使い分け]
【1】「いい」は、「良い」の変化した語で、「良い」よりもくだけた言い方。終止形と連体形だけがあり、話し言葉として現在では「よい」より多く使われている。
【2】二語とも、正邪・善悪の立場から、正しい意や、性質、状態、機能、様子などがまさっている意を表わす。また、「よい(いい)所へ来合わせる」のように、適当である意や、「もう帰ってもよい(いい)」のように、承認できる意を表わす。
【3】「良い」は、「善い」とも書く。「いい」は、仮名書きが一般的。
[反対語] 悪い



情報提供は、嚥下体操。

 高齢者にとって肺炎はとても恐い病気です。肺炎が死につながるケースも多く、高齢者やその家族にとって日常的な健康課題となります。
 そこで、肺炎を引き起こすきっかけとなりうる嚥下障害や高齢者に多い誤嚥性肺炎について理解し、予防と日頃の健康管理に役立てましょう。
嚥下(えんげ)とは「飲み込み」のことです。 嚥下は、舌やお口の周り、首などの筋肉を使って、食べ物や飲み物をのどの方へ送り込み、のどを通過した食べ物。
 嚥下体操とは、食べるための筋肉をトレーニングする体操。

126045.jpg

12604.jpg

ennge1.jpg



広報Y・T
月曜昼の部 | Trackback(0)
2015/01/26.Mon

初心者コース12・13『手話通訳レッスン』DVD

初心者コース12・13『手話通訳レッスン』DVD

市福祉センター5階倉庫に所蔵しています。御利用ください。

出演
宮澤 典子(みやざわ のりこ)氏
国立障害者リハビリテーションセンター学院手話通訳学科スタッフ
担当科目:手話通訳実技(手話⇒日本語、模擬通訳)、通訳基礎トレーニング(言語)、手話通訳論
聴者(Coda) 宮城県出身 両親と兄がろう者
全国手話通訳問題研究会・理事

tuuyakuressunn1220150123.jpg

tuuyakuressunn120220150123.jpg

ressunn1.jpg



tuuyakuressunn20150123.jpg

tuuyakuressunn220150123.jpg

ressunn3.jpg



広報Y・T




広報部 | Trackback(0)
2015/01/21.Wed

~♪ Happy new year 水昼 新年会 ~♪

2015年 初の水昼ブログです
(久しぶりの登場につき、本日は写真満載でお届けしま~す


大変長らくご無沙汰しておりますが、水昼は毎週元気に活動しております。

今日は、楽しみにしていた水昼の新年会 in 道後 友輪荘

11.jpg

20人の水昼メンバーがお腹を空かせて集合しました。

座席はくじ引きで
3.jpg
座席には、こんな素敵なメッセージカードがさりげなく置かれていました。


さぁ、お席が決まったら、まずは記念撮影です。
2.jpg

お化粧が崩れないうちにみんなでにっこり♪


その後は、お待ちかねのお食事タイムです。

お刺身に天ぷら、茶わん蒸し、豆乳鍋、どれもこれも美味しい~
5.jpg

これは釜飯。
ちゃんとお釜で炊いており、お代わりも自由にどうぞ♪
4.jpg
おこげもあって、美味しかったです。

もちろん、デザートもいただきました
6.jpg

お食事しながらも、
「茶わん蒸しっていう手話はあるの?」とか
「キウイ、ってどう表現するんだっけ? 前に勉強したような気がするんだけど・・・・」と
手話なお話に、はなが咲きます。

お腹がいっぱいになり、みんなが大満足したところで、恒例の♪お待ちかねの♪
『ビンゴゲーム』

7.jpg みなさん、真剣です

8.jpg プレゼント選びだって、真剣です

ちなみに私、9.jpg 3つリーチなのに、なかなか揃わず

ビンゴゲームの後は、グループごとに紐をつなげて
どこのグループが一番長いかを競うゲーム。

簡単だけど、これ、楽しい~

12.jpg ピース


楽しい時間はあっと言う間に過ぎてしまうものです。
2時間の貸し切りタイム、一瞬で終了~。

水昼の「温泉でくつろぎ隊」のメンバーは(たった今、命名!)、
お食事の後のお風呂を満喫したようですよ~

ちなみに友輪荘のお風呂は、道後温泉の源泉の引き湯を使用しています。
完全バリアフリーのお風呂なので、車いすでも利用できるそうです。

美味しいお食事と楽しいおしゃべりで過ごした2時間、
2015年の水昼も楽しくなりそうなです

久しぶりの水昼ブログ更新だったため、張り切って写真満載にしてみました。
今年も水昼、元気に活動しておりますので、皆さまぜひ遊びに来てください。

水昼・ブログ担当・・・だけどちょっとお休み続きでみなさんに忘れられそうになってたWでした。
また登場しますので、今年もよろしくお願いします


水曜昼の部 | Trackback(0)
2015/01/18.Sun

3団体学習会「手話言語法制定」について(2015年1月18日)

 

 毎年開催している3団体(県聴障協会、ひめ通研、県サ連)合同での学習会が2015年1月18日に愛媛県聴覚福祉センターで開かれ、75人の会員が出席しました。

sanndannta.jpg

 今回の学習テーマは「手話言語法制定」についてです。

 午前中は、一般財団法人全日本ろうあ連盟情報・コミュニケーション委員会委員長の中橋道紀氏による講演会、午後はクルーフ討議と発表がありました。

 講師の中橋道紀氏(富山県富山市在住)は、2才頃失聴。ずっとろう学校に通い、現在(福)富山県聴覚障害者協会理事や(財)全日本ろうあ連盟理事を務めています。
sanndannta2.jpg
sanndannta3.jpg

 中橋氏は、手話言語法と何か? 手話言語法はなぜ必要か? 今後、私たちがしなければならないことは話を何か? 等についてパワーポイントを使って、会場の出席者と対話方式でわかりやすい説明がありました。

 手話言語法とは、「日本のろう者が、自ら生活を営むために使用している日本手話言語を、日本語と同等の言語として認知し(はっきりと認めること)、ろう者が、家庭、学校、地域社会その他のあらゆる場において、手話を使用して生活を営み手話による豊かな文化を享受(きょうじゅ=受け入れて自分のものとすること。受け入れて、味わい楽しむこと)できる社会を実現するため、手話の獲得、習得及び使用に関する必要な事項を定め、手話に関するあらゆる施策の総合的かつ計画的な推進を図ることを目的とする」とするものです。

 日本においては、手話言語に関する権利が十分に保障されているとはいえません。手話を言語として保障することは、次の5つの権利を保障することを意味します
(1)手話を獲得する
 ろう者が手話を獲得・習得するには、ろう者の家族や身近な人たちに、手話に関する十分な情報提供とろう者が手話を獲得・習得していくための環境(教育の場)が保障されていなければなりません。手話を獲得・習得していることが、次の4つの権利を保障する大前提であります。
(2)手話で学ぶ
ろう者がさまざまな知識を学ぶためには、手話に熟達した教員が授業をすること(直接アクセス)と、地域の学校あるいは高等教育機関等で必要な場合に手話通訳が用意あるいは配置されている(間接アクセス)必要があります。
(3)手話を学ぶ
 ろう者が使用する手話について、より理解を深めることができる環境が用意されていることが必要です。
(4)手話を使う
ろう者が手話を使える場(直接アクセス)と、手話通訳者を介して一般社会とコミュニケーションできるシステム(間接アクセス)が必要です。
(5)手話を守る
 手話も言語として普及・保存・研究されることが必要です。さらにろう者自身が手話を伝承していくことや、ろう者、きこえる人を問わず、容易に手話に接することが出来る環境づくりも大事なこととなります。
syuwa5.jpg
 
 この権利の実現には、手話言語法の制定が必要となります。

詳細は、ろうあ連盟資料➡ここをクリック(タップ)



 また、手話言語法の制定を求める地方議会の意見書採択状況についても報告されました。

 地方議会の意見書とは、地方議会の意見を国の政策に反映させるため、政府・国会に提出する文書。地方自治法99条で定められており、議員が提案し、本会議にはかって提出します。ただし政府や国会側への法的拘束力(意見書に従う義務)はありません。

 なお意見書の採択は、都道府県議会では100%達成されていますが、区市町村議会で採択されたのは1,741中1,511で、100%達成まであと、230議会(86%)となっています(2014年12月26日現在、全日本ろうあ連盟本部事務所に報告された数)。
 愛媛県議会は、2014年3月19日に採択していますが、2014年12月26日には松山市議会でも採択されました。

 愛媛県議会の意見書ホームページへ➡ここをクリック(タップ)
 
 松山市議会の意見書ホームページへ➡ここをクリック(タップ)

 さらに、都道府県レベルでの手話言語条例の制定状況についての説明もありました。

jyourei.jpg



 その後、県や市議会での意見書採択に多大な尽力をしていただいた愛媛県議会の笹岡(ささおか)博之議員からの挨拶と、まだ意見書を採択していない県下の4市・5町の状況につい、2015年2・3月議会において、その多くの市町で採択されるであろうとの報告がありました。

sanndannta5.jpg
sanndannta4.jpg
笹岡議員


 午後からは、「手話言語法を考える」グループ討議とグループ発表、それに対する講師の中橋氏のまとめがあり、最後に愛媛県聴覚障害者協会の松岡達也事務局長より総評が行われました。



広報Y・T
お知らせ&ご報告 | Trackback(0)
2015/01/14.Wed

27年もわいわいがやがや!(^^)!

あけましておめでとうございます

今年、初めての手話で話そう会を1月12日に開きました。
祭日ですが、ろう者11人 健聴者9人 計20人が
集まりました。

久しぶりに会ったろう者も、健聴者も
お正月・新年会・旅行・体つくりなどの話しで盛り上がっていました

また、お正月のおj菓子などが集まり、
いつもより、ちょっと豪華でした

  DSCF0080_convert_20150117001619.jpg DSCF0081_convert_20150117001814.jpg

何気ない話しから、大事なことが見えてきます。
これからも、楽しい井戸端会議の場所に
なっていきたいと思います。

  手話で話そう会  N




手話で話そう会 | Trackback(0)
2015/01/06.Tue

お正月の思い出

あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします。

今年初サークルは、1月5日にありました★
お正月休みも終わり、仕事始めの方も多い中、
13人の参加がありました。うち協力会員さん5人でした(*´∀`)

単語表し、文章作りをした後、
年末、お正月の過ごし方と今年の目標について一人一人に発表して頂きました!発表後には質問をしていきました。

●少し高い海の幸のパスタを召し上がった方
●高いおせちを家族で召し上がった方
●大掃除をされた方
●家族揃ってお正月を迎えた方
●お正月はバイトをされた方
●年末までお仕事をされていた方
●同窓会に出席された方
●お正月はお仕事が忙しかった方
●ステーキを自分で作って召し上がった方
●雪の中、和霊神社に行かれた方
●家族で紅白歌合戦を観られた方
など、皆さんそれぞれのお正月を過ごされ、分からない手話表現はろうの方々から教えて頂き、表現しました★

その後は、お正月に関する単語を学びました。

門松、かずのこ、おせち、黒豆、凧揚げ、独楽回し、初詣
、初夢、福袋、年越しそば、福笑い、カルタ、紅白歌合戦、ガキの使い笑ってはいけない などなど(○´∀`○)

初夢、初詣は、お正月の手話表現をして夢、神社をすると学びました。おせちもお正月の手話に四角い形を表すとわかりました。

今年も楽しく、にぎやかであり、ろうの方々から教わり手話技術の腕を磨いていきたいと思います(●´ω`●)皆さん頑張りましょう。
月曜夜の部 | Trackback(0)
2015/01/01.Thu

恭賀新年

新年あけましておめでとうございます!!

無理せず、楽しく、息長く!!

2015.jpg



広報Y・T
広報部 | Trackback(0)
 | ホーム |